タイ入国情報

タイ外務省発表:タイランドパス申請停止と承認済み入国について

投稿日:

本日、プラユット首相を責任者とするCCSAがタイ入国制限の強化を発表した。
Test & Go制度による隔離無し入国の一時停止とタイランドパスの申請停止だ。
情報が混乱していたが、まずは、タイ外務省がタイランドパス申請と承認済みタイランドパスでのタイ入国に関する正式発表を行った。
現時点では、旅行者向けの公式情報としてはもっとも確かなものとなる。

広告



タイランドパスの新規則

タイランドパスは、12月22日午前0時より、すべてのTest&Goとサンドボックス(プーケットサンドボックスをのぞく)の新規申請を追って通知があるまで停止する

タイランドパス申請者には以下の新しい措置を適用
・すでにタイランドパスQRコードを受けっている申請者は、登録した制度でタイに入国できる
・すでに登録済みだがまだQRコードを受け取っていない場合は、タイランドパスが審査/承認されるまで待つ必要がある。承認されれば、登録した制度でタイに入国できる。
・Test&Goならびにサンドボックス(プーケットをのぞく)での新規登録は不可。新規申請はAQ(代替隔離検疫)あるいはプーケットサンドボックスのみ受け付ける。
・Test&Goおよびサンドボックスでタイに到着予定の旅行者は、政府指定の施設で2回目のPCR検査(ATKセルフ検査ではない)を受ける必要がある。これは無料とする。

これらは一時的な措置であり、変異株の拡大を防ぐために導入された。外務省は追加の変更があれば速やかに情報を共有する。

以上。
現時点の公式情報はここまで。

この発表に従えば、Test&Goで承認済みのタイランドパスがあれば、明日以降も隔離無しでタイに入国できる。追加のPCR検査は必要。
ホテルでの隔離期間が追加されるという話が出ていたが、外務省情報には含まれていない。
これまでどおり検査結果が出るまでの1泊待機でいいことになる。
追加検査の日数は明記されていないが、おそらくは滞在6-7日目になるはずだ(現行措置では6-7日目にATKでセルフ検査する)。

Test & Go同様に、各地のサンドボックスでの入国も、タイランドパス承認済みであれば可能ということになる。

明日(12月22日午前0時)以降に、新規でタイランドパス申請して新規入国を希望する場合は、プーケットサンドボックスあるいはAQ強制隔離での入国となる。Test&Goとプーケット以外のサンドボックスでの申請は不可。

強制隔離の期間は特に明言されていないが、現行ルールにあてはめると、ワクチン接種済みであれば7日間となる。ワクチン接種していない場合は10日間。アフリカの高リスク国からは14日間となっている。

プーケットサンドボックスではエリア内に7日間滞在すれば、タイ国内を自由に移動できるようになる。
サンドボックスはプーケット限定となるため、新規申請では、バンコクやパタヤでのサンドボックス利用はできなくなる。

当初の発表では、タイランドパスの新しい措置は1月4日までとしていたが、外務省発表では追って通知があるまでとなっている。
承認済みのタイランドパスでの入国は1月10日までとなっていた。この点についても言及なし。変更があるのかは不明。

また、12月21日に即座にTest&Goの停止とタイランドパス停止を行うとの報道があったが、外務省発表では、タイランドパスの申請ルール変更は、12月22日午前0時からとなった。

逆にいえば、本日中(日本時間12月22日午前2時まで)にタイランドパス申請すれば、ぎりぎり承認される可能性があるということだ。
年末年始のタイ隔離免除入国に間に合うかもしれない。どうしてもという人はトライする価値ありそう。むろん、いろいろなリスクは承知の上での申請となるが。

まとめ

当初の発表よりは、厳しくないものとなりそうだ。
Test&Goでの入国を即刻停止するかと思われたが、どうやら承認済みであればそのまま隔離無しで入国できるようだ。
承認済みのタイランドパスは20万あるとのことなので、承認済みでまだ入国していない旅行者は年末年始にかけて隔離無しで入国できることになる。
新規での隔離無し入国タイランドパス申請は一時停止となる。
サンドボックスはプーケットに限定。バンコクやパタヤは利用不可に。
タイ開国とバンコク・パタヤ開放は、1ヶ月半でひとまず終了となった。

事態は刻一刻と変化している。
規則が急に変更される可能性は十分ある。
最新情報のチェックのほどを。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.