タイ国内情勢

スワンナプーム空港のミラクルラウンジ利用レポート

投稿日:

10月下旬の日本帰国の際、スワンナプーム空港内のラウンジを利用した。
営業しているラウンジは少なくなったが、コンコースGのミラクルラウンジは24時間営業を続けていた。
深夜便利用時の食事と時間つぶしに最適な施設だった。

広告



スワンナプーム空港のMracle Rounge(ミラクルラウンジ)

23時59分発の関空行きタイ航空に搭乗予定だった。
深夜ということもあり、制限エリア内はがらがらだ。

関連記事:スワンナプーム空港の現状:工事と無人と順番待ちゼロ

事前情報では、コンコースD3階にラウンジがあるという話だった。

この一角にはたしかにタイ航空やJALのほか、ミラクルラウンジのサインもある。
営業していないラウンジが多い。
ミラクルラウンジが見つからないと思いきや、コンコースGで営業しているとの看板があった。

コンコースDとコンコースGは隣接しており、すぐに発見。

MIRACLE LOUNGE(CIP LOUNGE)
FIRST CLASS LOUNGE
と書いてある。

スワンナプーム空港にはミラクルラウンジがいくつもあるが、10月下旬時点ではコンコースGのみで営業しているようだ。

ミラクルラウンジ配置図

(Miracle Lounge FBより)

航空会社系のラウンジではなく、カードホルダーや一般乗客向けのラウンジとなっている。
ただ、独自のラウンジを持っていない航空会社がビジネスクラスやファーストクラスの乗客向けに提供することもあるようだ。
このあたりの詳細はよくわからない。

PRIORITY PASS(プライオリティパス)があれば利用可能。
JMB加盟店とも掲示してある。
タイランドエリート会員も利用可能。
他にも無料利用資格がいろいろありそうだ。
一般客も有料で利用可能だが、料金は聞いていない。たぶん1300バーツくらい。
AIS特典の割引などもあるようだ。

ラウンジ内の様子

中央にソファー席エリア。

壁際にもテーブルやソファーなどが並ぶ。

座席数はたっぷり用意してある。

各テーブルの足元にコンセントが配置してあり、スマホやノートパソコンの充電は問題なし。

むろん無料Wi-Fiも利用できる。

利用客は10数人ほど。
他に行くところがない人たちがぽつぽつと集まって来ているといった雰囲気だ。

食事と酒

スワンナプーム空港制限エリア内のレストランはほぼ壊滅状態で食事を取れる場所はなかった。
一般エリアでも夜はレストラン営業しておらず、スワンナプームで食事できるのは、1階のフードコートと制限エリア内のラウンジだけという有様。
それくらいにスワンナプームは閑散としていた。
ミラクルラウンジ内では、普通に食事ができる。

ビュッフェスタイルの取り放題。
スープ、パスタ、焼豚、焼き飯、ガパオなど。

サラダ、パン、サンドボックスは個別包装されている。

他にも、オーダーすればクイティアオも作ってもらえる。
小籠包もあった。

デザートもあり。

コーヒー、ソフトドリンク完備。

酒も飲み放題。缶ビールが各種揃う。

第1ラウンドは、スープ、サラダ、パスタ、サンドボックスと洋食尽くしで。
ドリンクはビールだ。

利用時は10月下旬のため、バンコクでもサムットプラカン(スワンナプームはサムットプラカン県にある)でも店内飲酒は禁止されていたが、空港ラウンジ内は適用外。
普通に座ってビールが飲める。
店内で食事とともに酒を飲んだのは、たぶん半年ぶりくらい。
スープが一番うまかった。
サラダも新鮮な野菜を使っていて、いい感じだ。

2回戦は、焼豚メインで。

この焼豚は濃厚な味付けで、サンドイッチとポテチによく合う。というか、酒に合う。

酒はビールだけでなく、ウイスキーやリキュール系も揃っている。

基本セルフサービスなので、酒は自分で作る。
ミキサーはソーダ水でもコーラでもお好きにどうぞ。
どれでも飲み放題。パタヤ滞在中はBlend 285ばかり飲んでいるが、ここぞとばかりにブラックラベルを飲む。

うまい。
そして、酔っ払う。
ケーキもうまい。
もう腹いっぱい。

航空会社系のラウンジのほうが設備も料理も豪華らしいけど、個人的にはこれくらいで充分すぎるほどだ。

まとめ

搭乗時刻まで3時間以上あったが、まったく暇を感じることなく、時間を過ごすことができた。
ラウンジっていいもんだ。

なお、ミラクルラウンジのフェイスブックページによれば、11月1日よりコンコースDのラウンジが再開となった。

詳細はわからないが、コンコースDのほうが規模が大きいようだ。
11月1日のタイ開国以降、空港内ラウンジもオープンしていく。
空港利用者はまだまだ少ないが、それでも確実に人は増えていく。
プライオリティパスやタイランドエリートなどカードホルダーは、うまくラウンジを利用して、快適な待ち時間を。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.