タイ入国情報

スワンナプーム空港の現状:工事と無人と順番待ちゼロ

投稿日:

日本帰国のためにスワンナプーム空港にやって来た。
前回スワンナプームを利用したのは、たぶん2年前のこと。
この2年で世界はすっかり様変わりした。
スワンナプームはどうなっているのか。

広告



スワンナプーム空港

パタヤからスワンナプーム空港に到着したのが午後7時半頃。

4階の出発フロアだ。
搭乗予定の人を送りに来た車はそれなりに停まっていたが、昔に比べるとがらがら。
人はあまりいない。喫煙スペースにちょっといるだけ。

一部では工事中。柱の修理だろうか。

ガラス張りのターミナルビルが綺麗だ。

あまり人が歩いている様子はない。

ターミナルビル内へ入るゲートの多くが閉鎖。

空いているゲートから中に入る際には検温があるが、特にチェックは厳しくない。

4階チェックインフロア

出発フロアは、チェックインを待つ人がぽつぽつといる。

 

思ったよりは多いかなあという印象だ。

それでもパンデミック前と比較すると、雲泥の差だ。全然人がいない。
あれだけ活気に満ちていたスワンナプーム空港はどこに。

半分以上のチェックインカウンターが閉鎖されたままのようだ。

フライトはキャンセルだらけ。

開いているカウンターもがらがら。
タイ航空でチェックインしたが、順番待ちはゼロだった。
日本への帰国の様子は別記事で詳しく書く。

1階タクシー乗り場

タクシー乗り場は無人。
本当に誰もいない。

タクシーは並んでいるが、利用客はゼロ。
そりゃあそうだ。
国際線到着後は、全員隔離施設へ手配車で直行しなくてはいけない。タクシーは使えない。
国内線到着だと使えるが、この時間帯のフライトはたぶん少ない。
人っ子一人見かけないタクシー乗り場であった。

地下

午後9時過ぎでは、まだエアポートレイルリンクは運行中。

こちらは、少しだけ人の動きがあった。
空港で働いている人が利用しているのだと思う。

エアポートレイルリンク前にはコンビニやカフェがあったはずだが、軒並み工事中。
ほとんど何も営業していない。

2階

2階は国際線到着フロアとなる。
エスカレーターから見下ろすと、やっぱり誰もいない。

SIMカード売り場には長蛇の列ができていたものだが、今はショップ自体が閉鎖されている。

本当に誰もいない。

11月1日からの隔離免除入国であっても、スワンナプーム到着後は指定ホテルへ指定車両で直行する必要がある。
このフロアでSIMカード購入や両替が許可されるかは不明。
ただ、ホテルへの道中での立ち寄りは禁止されているため、たぶん空港内でSIM購入と両替くらいは許されそうだ。
そうなれば、2階の到着フロアで営業する店が増えていくだろう。

3階

3階はショップエリアだ。
が、多くの店が閉鎖ないし工事中。

一部の店だけが営業しているが、すでに閉店時間のようで客は入れない。

かつては24時間営業していた店もあったが、今は壊滅状態。
歩いている人もほとんどいない。
これでは店を開けるだけ無駄だろう。

なお、1階のパタヤ行きエアポートバス乗り場の横にあるフードコートは営業している。食事はここでできる。
フードコート横のコンビニも営業。

制限エリア

イミグレも荷物検査場も待ち時間ゼロで通過できた。
かつての混雑ぶりを知っていると、あまりのあっけなさに愕然とする。

制限エリア内に入ると、あちこちで工事を行っていた。

なんだか全体的に暗い。

暗いけれど、工事の音でけっこううるさい。

進めど進めど工事の柵だらけ。
途中の免税店もクローズしていた。

また工事現場。資材やゴミの搬出をしている。

その先に抜けると、ようやく明るくなった。

免税店が営業中だ。
店舗数は以前に比べると激減している。

レストランもほとんどやっていない。
バーガーキングも営業していないと思う。
その昔、タイ短期旅行を繰り返していた頃は、最後にバーガーキングを食べながら帰国しなければいけない感傷に浸るのがルーティンだった。
今のスワンナプーム空港にそんな感傷はない。ただ暗くて、人がいなくて、寂しいだけ。

3階に下りると、一部のラウンジは営業していた。

このエリアも歩いている人は少ないが、営業しているラウンジにはぽつぽつと人が集まっていた。
他に行くところがないし、利用資格がある人がラウンジに集結といった感じだ。

最後に搭乗口へ。
Gゾーンだが、誰も歩いていない。誰もいない。

本当にここから搭乗するのかと不安になるほどだった。

まとめ

人が消えたスワンナプーム空港であった。
4階でチェックインを待つ人がいた程度で、地下から3階まではほぼ無人。
制限エリア、搭乗口付近もほぼ無人。
無人、無人、無人のスワンナプーム空港。
空いているのは利用者としては楽でいいんだけど、この景色はあまりにも寂しすぎる。
こんなスワンナプーム空港は二度と見たくない。
11月1日にタイは開国する。
でも、かつてのような賑わいをすぐに取り戻すことはないだろう。
復活までにはどれだけの時間がかかることか。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.