*

「 パタヤ沈没日記2016年4月~ 」 一覧

パタヤ&バンコクのタイ2ヶ月滞在の生活費や夜遊び代の総出費

そういえば、毎度恒例の沈没生活総出費報告をしていなかった。 まあ、いつもどおりです、はい。 何度も言ってますが、当方の1ヶ月のパタヤ沈没予算は15万円。レートによりけりだが、だいたい5万バ

続きを見る

帰国へ。パタヤ沈没生活終了と後書き。

沈没日記最終回 起床は午前6時、の予定だったが、さすがに睡眠時間3時間はちょっときつい。 うだうだと20分ほど寝過ごしてしまった。 ドミトリーに宿泊しているため、他の宿泊客はまだ寝ている

続きを見る

タイ最終日はバンコクの友人としっぽり飲みつつも、最後はやっぱりテーメーでブンブン

沈没日記48 バンコク2日目。 これがタイ滞在2ヶ月最終日となる。 この2ヶ月、長かったような気もするし、短かったような気もする。 どんな旅行だろうと、最終日の感想はいつも同じだ。

続きを見る

大雨のバンコクナイト。ナナプラザのレインボーとテーメーカフェの日本語。

沈没日記47 (つづき) バンコクの夜。 午後11時頃に、ようやく夜の街へ繰り出そうと、ホテル1階に降りると大雨が降っていた。 窓のないナナスタジオの部屋からは外の様子がまったくわから

続きを見る

パタヤからバンコクへ。ひさしぶりに昼間のスクンビット散歩。

沈没日記46 パタヤからバンコクへ ノースパタヤバスターミナルからエカマイ行きのバスに乗る。 待ち時間が30分ほどあったので、乗り場奥にある食事コーナーで昼食。 カオカームーをオーダー。豚

続きを見る

カラオケ嬢が早朝に再降臨して最後のブンブン。さらばパタヤ。

沈没日記45 (つづき) 早朝コーリング パタヤラストナイトから一夜明けた。 午前6時に携帯電話の呼び出し音で叩き起こされる。 眠りについたのが午前4時。 まだ2時間しか眠っていな

続きを見る

ついにパタヤラストナイト。最後は挨拶まわりで締めくくる。

沈没日記44 起床したのは午前10時過ぎ。 ベッドの上では、元ゴーゴー嬢が気持ちよさそうに寝入っている。 起こすのもかわいそうだし、昨晩2回戦したせいで、それほどヤリたい気持ちは

続きを見る

サービス抜群のイサーンレディと楽しい一日を過ごす。これぞパタヤの休暇。

沈没日記43 目の前でカラオケ嬢が韓国人の元へ去っていってから一夜が明けた。 一晩たてば、嫌なことも少しは忘れられる。いや、忘れるべきだ。 それがタイ・パタヤの夜遊びというもの。 気を

続きを見る

カラオケ嬢が目の前で韓国人の元へ逃げていく

沈没日記42 これでホテルチェンジ3日目。 ソイアルノタイへ移動となる。 投宿したMプレイスは、ホテルというよりサービスアパートメントだ。 設備はしっかりしていて長期滞在向けなのは確か

続きを見る

26歳色白バービア嬢ペイバー。ムーガタからのブンブンはパタヤ夜遊びの王道。

沈没日記41 ホテルチェンジ2日目 一晩をともにした22歳バービア嬢を見送ってから、滞在先のベッドタイムパタヤホテルに戻る。 が、本日もホテルチェンジである。 少々面倒くさいが、荷物は少ないん

続きを見る

ホテルチェンジして短期滞在気分で遊ぶ。22歳バービア嬢を新規ペイバー。

沈没日記40 ホテル移動 本日より、日替わりホテル転々コースへ突入。 起床はいつもより早い午前10時。 一応チェックアウト時間は12時なんで、さくっと荷物整理しなくては。 大きなバッグに

続きを見る

女子大生とカンボジア人バービア嬢にふられて、ファランと一緒のカラオケ嬢に偶然出くわす

沈没日記39 カラオケ嬢からの連絡なし カラオケ嬢からの連絡はまだない。 以前の半同棲時期でも2日ほど音信不通でどこかへ消えていることがあったんで、まあ気にしないでおこう。 が、明日には定

続きを見る

カラオケ嬢はやって来ず、一人でバービア遊び

沈没日記38 (つづき) ポテトと23歳新人バービア カラオケ嬢が帰宅してから、しばらく部屋でまったり過ごす。 晩飯は、フライデイで購入したフィッシュバーガー&チップス。 これをテイ

続きを見る

カラオケ嬢と仲直りの青缶とアオカン

沈没日記37 ママーとツナ缶 修羅場から一夜が明けた。 カラオケ嬢は、正午を過ぎても、まだ寝続けている。 ぬいぐるみをかたわらに大いびきである。 睡眠時間は快調に10時間を突破。

続きを見る

深夜の修羅場。嫉妬に狂うカラオケ嬢が部屋を飛び出す。

沈没日記36 カラオケ嬢が帰ってから、しばらくPC作業。 いろいろ忙しくなってきた。 ブログネタもたまっているが、更新する時間がなかなか取れない。 はい、がんばります。 パタヤカンの唐揚

続きを見る

カラオケ嬢とのキーキアットな日常ふたたび

沈没日記35 前夜、まさかの再会を果たし、そのままお持ち帰りしたカラオケ嬢。 眠りについたのは深夜3時頃。 わたしは午前10時過ぎには起床した。 もちろん、カラオケ嬢が目を覚ます気

続きを見る

カラオケ嬢とまさかの復縁?お持ち帰りしてブンブン

沈没日記34 カラオケ嬢の近況 前々回のパタヤ沈没にローカル食堂で出会い、その後、半同棲生活を送るようになったカラオケ嬢。 出会った当初が21歳。スレンダーで、ルックスもそこそこかわいい。ただし

続きを見る

20歳バービア嬢を今回2度目のペイバー。客がバッティングしてプアットフア。

沈没日記33 友人二人と別れてから、わたしの夜遊びの時間が始まる。 禁酒日には誰ともタンブンへ行けなかったが、ペイバーなら誰でもできる。 禁酒日前夜のウォーキングストリートで出会った

続きを見る

マイクショッピング前屋台村で友人たちと軽く飲んでから、MPハニー1見学

沈没日記32 これは禁酒日明けの話となる。 禁酒日前夜と当日の様子は、すでに書いた。 沈没日記⇒禁酒日前夜のバービアとウォーキングストリート。日系OLと出会う 沈没日記⇒禁酒日の夜のパ

続きを見る

すったもんだでウォーキングストリートのコヨーテ嬢が部屋に来る

沈没日記31 ウォーキングストリートでリビングドール1を冷やかしてからの話。 時刻はすでに深夜3時をまわっている。 どこに入ろうかと思案していると、一人のコヨーテ嬢の顔が頭に浮か

続きを見る

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑