*

パタヤ発アジア夜遊び紀行のはじまり

公開日: : 最終更新日:2014/12/31 パタヤ発アジア夜遊び紀行

はじめに

スローボート

今を遡ること2年半ほど前。
2012年春のこと。
長期で旅に出ることにした。

基本パタヤだ。
これは外せない。

初めてパタヤを訪れたのは2007年。
2008年に再度パタヤを訪れて以来、完全にパタヤにハマった。

参考記事:はじめてのパタヤ夜遊びは、ロング500バーツと破格値だった
参考記事:忘れられないパタヤ。再び旅に出る

2009年からは、年に4,5回のペースでパタヤに通っていた。

タイ以外に夜遊びで訪れた先は、香港、マカオ、バリ島、マレーシア、フィリピンなどなど。
タイ国内では、バンコクはもちろん、プーケット、サムイ、サメット島、チャン島、ハジャイなどを訪問してきた。

が、やはり基本はパタヤ。
これまでパタヤ滞在は10日間ほどが最長。
せめて1カ月は滞在してみたかった。ファランみたいに沈没したい。

できればアパートを借りてパタヤで生活するのが希望。

でも、せっかくの長期旅行なので、パタヤを軸にしてアジア各地の夜遊び旅行もしてみたかった。
かつてバックパッカー時代に訪れていたタイ北部やラオスなんかも、夜遊びという観点からもう一度訪問してみたい。
あと、未踏の地であるインドネシア(バリ島以外)やミャンマーも行きたい。
それに、イサーンも行ってみたい。
ああ、行きたいところが山ほどある。

バックパッカー時代は、夜遊びにまったく重点を置いていなかった。
今回は違う。
はっきりと遊びたいのだ。

しかもバックパッカー時代も含めて、最長の旅行となる。
日本には数ヶ月ほど帰らないつもりだ。

そんな壮大かつ下品な野望を胸に旅に出ることにした。

これはそのパタヤ沈没とアジア夜遊び紀行の記録である。

題して、「パタヤ発アジア夜遊び紀行

 

これから更新していく予定

・コラート、ピマーイ、コンケーン編
・インドネシア横断編(ジャカルタ・バンドゥン・ジョグジャカルタ・スラバヤ・バタム島・シンガポール)
・パタヤ沈没アパート編
・パタヤ→タイ北部→ラオス→イサーン→パタヤ大周遊編
・パタヤ、コラート、サメット島編
・ヨーロッパ横断番外編(ただしプラハのみ)
・アンヘレス編
・パタヤ年末年始編

などなど。

とは言うものの、実際にどこまで記事にできるのか、あまり自信はありません。

一応、旅行中はメモを残しているし、写真もある程度撮影している。
まだ記憶も残っている。

が、こと細かに書いていくのは、さすがに面倒だ。

あくまで夜遊び旅行記として、アジア各地の夜遊び情報を中心に書いていこうかと思う。

パタヤ沈没時は、似たような毎日なので記憶もあやふや。
こちらは、印象に残った出来事をランダムに書いていこうかな。

2014年、今年に入ってからのパタヤ沈没生活については、ブログを書く前提で細かくメモをしていたし、ほぼリアルタイムで発信もしてきた。

こちらの2つのカテゴリーを参照に。

参照記事:「 2014年5月~7月パタヤ沈没日記
参照記事:「 2014年9月-10月パタヤ沈没日記

 

おそらく、このように長期でアジア各地(それにヨーロッパも)を旅行することは、この先しばらくはなさそうだ。
体力的にも金銭的にもきつい。
今では、すっかりパタヤ沈没スタイルが染み付いてしまった。
よほどの事情がない限り、パタヤから抜け出せない。

そんなわけで、このパタヤ発アジア夜遊び紀行は、わたしにとって、かなり思い出深い旅行となっている。

どうかご愛読のほどを。


関連記事

サメット島アオパイビーチ

パタヤからサメット島へ。昼はアオパイビーチ、夜はサイケオビーチ。

パタヤからバンペー埠頭へ ちょっとした波乱があったものの、無事にサメット島行きの朝を迎えた。 忙

記事を読む

vang-vieng1

バンビエンは若いリア充ファランの溜まり場だった。でも置屋もあるよ。

ルアンパバーンで2泊してから、バンビエンに向かった。 ルアンパバーンからバスに揺られること6時間。

記事を読む

phimai

ピマーイの観光と夜遊び情報(地図付き)

ピマーイ観光 ピマーイの朝。 ピマーイ・イン・ホテルのレストランでカオトム(おかゆ)を注文して朝

記事を読む

スワンナプーム空港

アパートを解約して帰国。アジア夜遊び旅行の終わり。

半年以上にわたったパタヤ沈没生活とアジア夜遊び旅行も、終わりの時が近づいてきた。 そろそろ本格

記事を読む

indonesian3

スラバヤのドリーに行ってみた。失われつつあるアジアの置屋街。

ジョグジャカルタからスラバヤへ ジョグジャカルタから列車に乗り、一路スラバヤへ。 朝7時15

記事を読む

バンドン2

バンドゥン(バンドン)の置屋街はまさに魔窟だった。地図あり。

バンドゥン(バンドン)へ さっさとジャカルタに見切りをつけ、次なる目的地へ。 向かったのは、バン

記事を読む

プランバナン

ジョグジャカルタのホテル置屋から連れ出してみた。夜の世界遺産登録。

ジョグジャカルタの世界遺産 ジョグジャカルタ滞在2日目。 今日はまじめに一日観光。 王

記事を読む

コラートバスターミナル

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。

記事を読む

コインランドリー

パタヤアパート生活の実態。何もしない典型的な一日を紹介。

だらけきったパタヤでのアパート生活。 その実態を少し紹介してみよう。 起床。朝飯。洗濯。昼飯

記事を読む

ウドンタニータンブン1

ウドンターニー郊外の寺でバービア姉さんとタンブン

混乱の一夜が明けた。 隣に寝ているバービア姉さんは、きっちり朝6時に起床した。 わたしも起こされ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. とし より:

    楽しみにしてます

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑