*

はじめてのパタヤ夜遊びは、ロング500バーツと破格値だった

公開日: : 最終更新日:2014/12/03 2007年初タイ夜遊び旅行 , , , ,

バンコクからパタヤへ

ナナプラザへたどり着けずに終わった翌日、パタヤへ向かった。
東京音頭の宿泊者から、エカマイでバスに乗ればいいと教わる。
が、パタヤ行きのチケット売り場がわからずうろうろしていると、客引きにつかまり変なバスに乗せられた。
初心者がひっかかりやすい典型的な手口にひっかかってしまった。

3時間以上かかってようやくパタヤ到着。
バスターミナルではなく、道端に停車。
降ろされたのはスクンビットのパタヤクラン(セントラルパタヤ)。
と、これは今だからわかることで、まったくの初心者には何が何だかさっぱり。
偶然乗り合わせた日本人の方に中心部まで連れて行ってもらえた。これは助かった。

まずは今晩の宿探しだ。
友人とは次の日にAPEXホテルで待ち合わせする予定だった。
なぜAPEXなのか、理由は簡単。「地球の歩き方」に載っているホテルだからだ。
Gダイアリーに細かいホテル情報は載ってないし、他に情報源はなかった。
というわけでAPEXへ。
これは簡単に見つかった。
が、あいにくと満室とのこと。

こんなこともあろうかと第二候補も決めてあった。
ブッカオ沿いにある「サイアム・サワディ」。
この理由も単に「地球の歩き方」に載っているから。
ソイ・ハニーインを通りぬけ、サイアム・サワディへ。
部屋は空いているものの、1泊800バーツとのこと。
高い。
バックパッカーが二の足を踏む金額だ。
しばし考えて、やっぱりやめた。
もっと安いゲストハウスを探そう。
サイアム・サワディを出て、周囲をみまわす。
あらためて見ると、バーだらけだ。
バーの中には、「ROOM」の表示があるところも多い。
ゲストハウスを兼ねているようだ。
サイアム・サワディの目の前の路地にある一軒のバーを訪ねてみた。
1泊450バーツ。
部屋を見せてもらうと、大きなダブルベッド、エアコン、テレビ、ホットシャワーとバックパッカーから見れば贅沢ともいえる設備だ。
宿決定。

ちなみに、このバービア兼ゲストハウスは現在は別の名前に変わっている。
さらには、当時はなかったゴーゴーバーが隣に出現。しかもレディーボーイ・ゴーゴーバーのようだ。「BABY BOOM」。

Baby boom

さらに、まったくの蛇足的情報を。
たまたま昔のガイドブックを取り出して眺めてみた。
1997年度版の地球の歩き方では、APEXの料金が1泊250バーツとなっている。
Sutus Courtにいたっては、ファンのみの部屋で1泊130バーツ、エアコン付きなら230バーツ。
こんなに安かったのね、昔は。
2014年現在、ともに650バーツくらいかな。
この15年で約2.5倍の上昇。
この先どうなることやら。

 

パタヤ散策

宿も決まったことだし、さっそく外出。
ひたすらパタヤ市内を歩く。
ソンテウの乗り方もわからぬド素人。
ブッカオからノースパタヤのビッグCまで歩いたような気がする。

パタヤビーチ1

そのままパタヤビーチに出向く。
が、その狭さと汚さに唖然とした。
ビーチ沿いの石段に腰掛けて、しばらく休息。
向かい側には、まだ夜までは時間があるというのに、黒い煽情的なドレスを来たおばさんが座っている。
化粧に余念がない。
が、ちらちらとこっちを見ては、不敵な笑みを浮かべるのは、やめてほしい。
推定年齢は50歳。
きっついなあ。

写真左下にわずかにおばさんが写っている。
パタヤビーチ2

その後、日が暮れてから歩いてウォーキングストリートへ。
きらびやかなネオンが連なる様は圧巻だった。
きわどい衣装を着た若い女性の呼び込みも激しい。
圧倒的な雰囲気だ。

すっかり圧倒されてしまい、結局、どの店にも入れなかった。
もうどうしようもないヘタレである。
ウォーキングストリートの端から端まで数往復するだけの根性なし。

が、一つわかったことがある。
この街は狂っている。
そう確信した。

バービアでペイバー

またとぼとぼと歩いてブッカオまで戻る。
今日一日でどれだけパタヤ市内を歩いたことか。
まあ、でもおかげでパタヤ中心部の地理は、ほぼ把握できた。

バービア兼ゲストハウスに帰還。
歩き疲れたのでもう寝ようと思っていた。
が、ママさんに呼び止められた。

ママさんがバーで飲んでいけというので、シンハーを飲む。
サイコロゲームやビリヤードのルールを教えてもらう。
そのうち、 20代前半と思しき女性を紹介された。まずまず可愛い。
若く見えたが、実際は29歳とのこと。
タイ女性の実年齢はわかりにくい。
一緒に飲む。英語が通じるので、会話にも困らず楽しい時間だった。

深夜2時頃まで遊んだ。
そろそろ寝るよと言うと、ママさんが「この娘を連れて行ってやりなさい」と命令するではないか。
まさか連れていけるとは思ってもいなかった。
バーに200バーツ、女には500バーツでいいそうだ。
なるほど、バービアってそういうシステムなのね。
オッケー。
手をつないで自分の部屋へ。

この娘の名前はすっかり忘れてしまったが、性格は明るく、体型はちょっとぽっちゃりしているものの胸があって決して悪くなかったことは覚えている。
持参していたアイポッドを聞かせてあげると、ノリノリで踊っていた。
いい子だ。
こんな子と、自分の部屋で朝まで過ごすというシチュエーションにもえた。

寝る前に一発
夜中に起きて一発
朝、起きてからさらに一発
3発

最高だったなあ。
元気だったなあ、自分。

ママさんに言われたのは500バーツ。
さらにチップを300バーツあげた。すごく喜んでくれた。
バーファインが200、ロング代が500、チップ300。合計1000バーツ
今から考えると、とんでもなく安い価格設定。現在ではいかにブッカオの場末のバービアでもまず不可能な額だ。
たぶん、この2007年当時でも最低価格の部類だっただろう。

 

初めてのパタヤの夜は、こうして終わった。
終わってみれば最高だった。
偶然宿泊したバービア兼ゲストハウスでこんなに安くて、いい経験ができるなんて。

思えば、このしょっぱなの体験があったからこそ、現在のバービア好きにつながっているのかもしれない。

ふらりと立ち寄ったバーで、気に入った女性を連れ出して一晩をしっぽりかつズッポリと過ごす。
旅行先での夜遊びスタイルとしては、これが正統派なのかも。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。


関連記事

MP嬢

はじめてのナタリーはとんでもないラインナップだった/初タイ夜遊び旅行まとめ

ふたたびバンコクへ 初タイ夜遊び旅行も本日が最終夜。 狂った町パタヤをあとにして、バンコクに戻る

記事を読む

スコータイ

はじめてのタイ夜遊びはパッポンだった。ゴーゴーバー編

翌日にはバンコクを離れ、スコータイ、アユタヤなどを普通に観光してまわった。 アユタヤやスコータイで

記事を読む

thailand-flag

はじめてのタイ夜遊びはパッポンだった。MP編

  1999年のカンボジア旅行のあとも、タイ、ラオス、インド、シンガポールな

記事を読む

bangkok

はじめてのスクンビットは都会のジャングルだった。ナナプラザへの遠い道のり

【スクンビットへ】 無事(?)にパッポンでゴーゴーバーの筆おろしを終えた翌日。 友人は所

記事を読む

pattaya-walkingstreet

パタヤ2日目は賢者モード。ひたすら友人を待つ

【パタヤで友を待つ】 さて、初めてのタイ夜遊び旅行。パタヤ2日目である。 一晩で3発もやった

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑