*

忘れられないパタヤ。再び旅に出る

2007年の初パタヤから一年半後、ふたたびパタヤを訪れることにした。

最初のタイ夜遊び旅行でバンコクやパタヤに嵌まることはなかった。
まあ楽しい経験だったな、というくらいのもの。

実際、次の海外旅行にはベトナムを選択したくらいだし。
ベトナムでの風俗遊びも、ホーチミンでビアオムに一回行っただけ。
(ベトナムギャルは色白でスタイルもよくて楽しかったけど。)

ホーチミンのガールバーでのスナップ写真
vietnam1

 

それから、しばらくは海外へ行こうとも考えなかった。

が、日を追うごとに、無性にパタヤへまた行きたいという気持ちが高まっていったのだ。

何なんだろう、この気持ち。
パタヤの、あの独特の雰囲気というか空気感というか、饒舌なまでの夜の街の活気と、けだるくも陽気な昼のビーチとのコントラストが、心の中でまるでウィルスのように増殖していき、
「ああ、パタヤへ行きてぇ!」
と、体を突き動かすのだ。

あのバービアの子は元気かな。
また一晩で3発やりたいな。
ウォーキングストリートのゴーゴーバーにも入りたいな。
うぉ~、もう我慢できなくなってきた。
行きたい。またパタヤへ行きたい。

まるで、長年にわたって堆積してきたマグマがついに限界点をむかえて爆発寸前となったかのような衝動。

行く、おれは行く。
パタヤへ行くのだ。

と、こんな感じ。

まあ、あれですな、タイ行きタイ病という病にかかってしまったわけですな。
一度、タイの魅力を知ってしまった男ならたやすく罹ってしまう、ごくありふれた症状。
が、治療法はただひとつ。現地へ行くしかない。
日本にいる限り、治療は望むべくもない、おそるべき不治の病だ。

ウィルスが増殖して発症するまで1年半かかったことになるが、ようやく2008年11月下旬に、タイへ向けて出発することとなった。
遅かれ早かれ、こうなる運命だったのかも。

 

が、そこは普通に海外旅行好きなので、ついでに他の国も見てみようと計画。
キャセイパシフィックを利用して、香港経由バンコク行きの航空券を手配。
(経由便を選んだことが後々大問題となるのだが…)

ふふ、タイだけじゃなく、ついでにマカオのサウナで遊んでやるんだ。

純真なバックパッカーだった頃の気持ちはどこへ。
わたしはこの時期、どっぷりとアジアの夜遊びにのめり込みはじめていた。

(香港マカオ編につづく)


関連記事

macau1

はじめての香港マカオ夜遊び

というわけで、キャセイパシフィックに乗って、まずは香港へ。 香港で2泊、マカオで1泊というスケジュ

記事を読む

Pチャン2

2回目のパタヤで空港閉鎖の憂き目に合う

2008年11月。 いよいよ、2回目のパタヤだ。 タイは全部で5泊の予定。 すべてパタヤだ

記事を読む

ナナプラザ

タイ脱出作戦とナナプラザで遊ぶ

前回のあらすじ。 パタヤで遊んでいると空港閉鎖の知らせが入り、右往左往する。 いてもたってもいら

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑