*

パタヤのローカルマフィアにみかじめ料を払いにいった話

沈没日記5

これは、カラオケ嬢がわたしの部屋で寝込んでいる時のこと。

なんだか深刻な顔でわたしにお願いしてくる。
500バーツを払いに行って欲しいというのだ。
とにかく、彼女のアパートのママさんに500バーツ渡せばいいという。
理由を尋ねると、地元マフィアへの支払いがどうのこうのと言っているが、タイ語オンリーの会話のため、どうにも要領を得ない。
どうやら一種のみかじめ料のようだ。
そもそも、どうして一介のカラオケ勤務嬢がみかじめ料を払わねばならないのか。
よくわからんが、アパートのママさんのことはわたしもよく知っているし、500バーツを渡すだけなら問題なかろうと、出かけることにした。

現地につくと、ママさんは忙しそうなのでちょっと待つ。

すると、ちょうど一台のバイクがやって来た。
強面の男が運転している。リアシートには、わたしも知っているカラオケ嬢の友人女性が同乗。この女性もカラオケ勤務で、韓国語をぺらぺらに操って、同時に韓国のカスタマーを何人も操っている手練である。
それにしても、このバイクの男の顔がいかつい。タトゥーもいかつい。全身から悪のオーラが出ている。まさにチンピラである。

このタイミングで、カラオケ嬢から電話がかかってきた。
500バーツを渡したのか確認の電話のようだ。
まだだと言うと、彼女はやけに焦っている。タイ語でまくし立てられても、わたしには理解不能。
カラオケ嬢の友人に電話を変わってもらう。

すると、バイクのチンピラ男が口を挟んできた。

どうやら、その男が地元マフィアらしい。
「500じゃない、600だ」と凄んでいるタイ語だけは聞き取れた。

利子が付いたみたいですな。

うーん、こわいぞ。

おそるおそる1000バーツ札を渡すと、男は舌打ちしながら受け取った。
無言で釣り銭の400バーツを用意して、わたしに突き出してきた。
なんというか、すごい威圧感である。

男は、またすぐにバイクにまたがって、女連れでどこかへ消えていった。

部屋に戻ってから、カラオケ嬢に報告。
むっちゃ怖い男だったと伝えると、彼女は笑っていた。
もう一人マフィアがいて、そっちはよく喋っておもしろい男だけど、さっきの男は無愛想で怖い顔なんだよねえ、と
おもしろがるカラオケ嬢。

それにしても、なんで日本人のわたしが地元マフィアにカネを払いに行かなくちゃならないんだよ。
カラオケ嬢よ、自分でやれ、自分で。

まあ、わたしとカラオケ嬢とのタイ語の会話ではマフィアと呼んでいるけど、実際はただのチンピラでしょう。地元のゴロツキといってもいいか。

結局、最後まで何のカネかははっきりしなかった。
毎月取り立てがあるというのは理解できた。やっぱり、一種のみかじめ料なのだろう。
別にバーを経営しているわけでもないし、屋台を引いているわけでもない。
たまにカラオケに勤務しているだけだ。なんで、みかじめ料が必要なのか。
まあ、何かトラブルがあった時のための用心棒代なのかね。
そう考えると、彼女にヘタなことをすると、仕返しが怖い。

 

金銭トラブルとなった客の男の元へ女性が依頼したタイ人チンピラが殴り込みをかける、なんて噂が都市伝説的にささやかれますが、実際にそういうケースは稀ですね、きっと。
わたしが直接見聞きしたことはない。
が、タイ在住歴の長い友人の話では、実際に襲われた人もいるとのこと。

別にパタヤに限らず、風俗業界の裏側には怖い人達がの影がつきもの。これは世界中一緒でしょう。
普通にカネ払って遊んでいる分にはまったく問題ない。これも世界中一緒。

とはいえ、夜の女性との付き合いが深くなるにつれ、いろいろややこしくなってくる。

とりあえず、あのチンピラの顔はもう二度と見たくないですな。
ああ、怖かった。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

beer-bar-lady

パタヤ最終日はスレンダー嬢とショート遊び。結婚したいというバービア嬢の結納金はいくら?

パタヤ沈没日記32 いよいよ、パタヤ沈没生活が最終日を迎えた。 途中、チャン島へ行ったり、二

記事を読む

pattaya-beach-night

やっぱりイサーンよりパタヤでしょ。バービア嬢をさくっとペイバーして濃厚サービス。

パタヤ沈没日記21(後半戦スタート) イサーン遠征編10からの続きとなります。 スリンか

記事を読む

beer-bar-lady-2

24歳バービア嬢ふたたび、みたび。

パタヤ沈没日記22 毎日仕事おわりに部屋へ来ると宣言していた24歳スリン出身バービア嬢。 L

記事を読む

nana-to-donmuang-airport-4

日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本へ戻る。 14時15分ドンム

記事を読む

buriram-train-staiton-5

地球の歩き方に載っていないブリラムの歩き方。おすすめホテルも。

イサーン遠征編5 ブリラムである。 アルファベット表記なら、Buriram。日本語読みは

記事を読む

chang-island-bar-beer-lady-1

チャン島2日目は、アルバイトバービア嬢をペイバーしてお持ち帰り

沈没日記10(チャン島編4) バービア嬢と朝食 チャン島二日目の朝は、20歳バービア嬢とともに迎

記事を読む

chewing-tobacco

いつものパタヤ沈没だらだら生活。フィンランド人と噛みタバコ。

パタヤ沈没日記23 24歳スリン嬢には見切りをつけて、しばらくはダラダラ過ごすことに。 次な

記事を読む

kimuchi

ひたすら食っちゃ寝こそカラオケ嬢の信条。キムチ、ママー、コンビニ飯、サブウェイ。

パタヤ沈没日記2 早朝のコンビニ弁当2箱を平らげて、ご満悦のカラオケ嬢さん。 用事がある

記事を読む

lk-metro-ramen-2

友人とのパタヤ3日間。ソイブッカオ・LKメトロの大定番コースの過ごし方。

パタヤ沈没日記6 カラオケ嬢との半同棲生活はさらに続く。 ファイデーンやらチンピラやらいろい

記事を読む

khonkaen-nightlife-3

コンケーンの夜遊びスポットを再調査。2016年情報。

イサーン遠征編後半10 これが2度目のコンケーン訪問となる。 前回は、2012年のこと。

記事を読む

アドステア

アドステア

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

→もっと見る

PAGE TOP ↑