*

深夜便で帰国する時のパタヤ・バンコクの時間の過ごし方と遊び方

公開日: : 夜遊び情報

はじめてパタヤを訪問するという読者の方から、質問をいただいた。

深夜便での帰国となるのでフライトまでの時間の過ごし方や遊び場所を教えてほしいとのことです。

何度もパタヤやバンコクを訪れていると、自分なりの時間の過ごし方や遊び方をマスターしていくものだが、はじめてだとわからないことだらけというもの。

わたしも何度となく深夜便を利用したことがあります。
いずれもパタヤで昼間を過ごしてから、直接空港へ向かうパターンばかりです。

パタヤ滞在パターン

正午にホテルをチェックアウトして、スーツケースはホテルのフロントで預かってもらう。
もしくは、レイトチェックアウトを申し込むと部屋でゆっくり休むこともできる。
レイトチェックアウトは、だいたい1泊分の半額くらいの料金を支払う必要があるけれど、一番のんびり快適に過ごせるのはこの方法。

パタヤから空港までは、バスかタクシー利用。
時間には余裕を持って空港へ向かいましょう。

タクシーでスワンナプーム空港までは1時間半くらい。

ジョムティエン発のエアポートバスなら2時間弱ってところ。渋滞があれば、もう少し時間がかかる。

スワンナプーム行きエアポートバス (1)
ジョムティエン発のエアポートバスは、前売り購入がベターですね。始発と最終バスは事前購入が吉。前日に下見を兼ねて購入しておきましょう。
関連記事:パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバスは、前売り購入がベター。3日前から買えるよ。

ちょうど先日、友人が深夜便帰国のため、エアポートバスを利用した。
午後6時のバスに乗って、午後8時にはスワンナプーム空港到着。フライトは午前0時過ぎなので、時間があまってしょうがなかったと言っていた。まあ、それくらい余裕があったほうが無難です。

ドンムアン空港へ行くなら、タクシーで2時間くらい。
パタヤからの直行バスはないので、バスを乗り継ぐ必要がある。最低3時間は見ておきましょう。

関連記事:【最新版まとめ】パタヤからドンムアン空港への行き方

パタヤで昼間に遊ぶなら?

パタヤを出発するまでは自由時間。

昼間から遊べる場所はたくさんある。

まず代表的なのがMP(マッサージパーラー)。

HONEY1MP

さすがに昼12時だとまだ開店していないだろうし、あまり早い時間帯は出勤率も悪い。3時とか4時くらいに行きましょう。

・ハニー1
・ハニー2
・ラスプーチン
・サバイディー
・サバイルーム
・PPボディマッサージ

主なMPはこの6つ
他にもあるけれど無視していいでしょう。
ハニー1とPPをのぞいて、ノースパタヤに集中していますね。(地図はのちほど掲載)
料金は2300から3000の間くらい。

MPでひとっ風呂浴びてさっぱりしてから、バービアで焼き鳥をつまみにビールを飲んで、タクシーに乗ってスワンナプーム空港へ向かう。

一般的な短期旅行者は、これがベストなんじゃないですかね。
わたしも、昔はこんな過ごし方をしていましたよ。

MPは割高だとお思いの人は、ソイ6やソイハニー(MPハニー1のある通り)、ソイチャイヤプーンのスペシャルマッサージ屋ですっきりしてもいいでしょう。

ソイ6の場合、部屋代300+チップ1000が相場です。合計1300。
スペシャルマッサージ屋の場合、マッサージ代200+チップ1000が相場。合計1200。
部屋はソイ6のほうがマシで、バーによっては部屋にシャワーが付いてます。マッサージ屋は、共同シャワーが多い。
最後にゆっくりシャワーを浴びたいなら、ソイ6のほうがよさそう。貴重品の管理は怠りなく。

ジェントルマンズクラブのほうが設備的にはマシですが、中心部から離れていて、まったくのパタヤ初心者にはちょっと厳しいでしょう。

さくっと遊ぶなら、エキサイトクラブあたりが中心部に近いですかね。システムはほぼソイ6と同じ。

関連記事:エキサイトクラブ(EXCITE CLUB)はソイエキサイトにある新しいショートタイムバー。トータル1300バーツなり。
関連記事:クラブ4と007訪問レポート。場所、行き方、遊び方など。
関連記事:キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

あ、もちろん、健全なマッサージを2時間受けて、コリをほぐすのもありですね。
パタヤ最安のマッサージはソイブッカオ北端エリアで、1時間100バーツ。
100バーツマッサージ屋

関連地図

映画館デート

特定の相手がいれば、チェックアウト後は、デートでもして時間を過ごしましょう。
あまり出歩くと汗だくになるので、映画館がおすすめです。

セントラル映画館

セントラルフェスティバルやパタヤアベニュー内に映画館があります。平日なら一人150バーツ前後と日本の4分の1くらいの料金なので、とってもお得。
凶暴なまでにエアコンが効いているんで、上着は忘れずに。

相手次第ですが、夕方くらいまで付き合ってくれる女性も多いです。
最後にお礼のチップを少々包めばオッケー。

どうしても最後の最後にすっきりしたくなったら、二人でどこかのモーテルにでもしけこんでください。
場所は相手に聞けば教えてくれます。ウォーキングストリートならソイハッピーのオアシスとかですね。サードロード方面に出れば、FULL LOVE INNとか小綺麗なモーテルがたくさんあります。
もしくは、ブッカオ近辺のゲストハウスを利用することですね。ショート利用な350バーツくらいで貸してもらえます。宿泊料金でも500バーツほど。元から安いんで、1泊分払ってしまってもいいかも。

仲良くなったゴーゴー嬢やバービア嬢のアパートに転がりこむのもいいですね。
アパートでまったり過ごして、最後にシャワーを浴びさせてもらって、バイバイというパターン。まあ、ほぼ確実に水シャワーとなるでしょうが、それも旅の思い出です。

バンコク経由のパターン

これは、わたしは未経験です。
いつもパタヤから空港直行なもので。

パタヤから空港への移動が心配な人は、昼間のうちにバンコクへ移動しておいたほうが安心でしょう。

バスターミナル1

パタヤからバンコクへは、ノースパタヤバスターミナルからエカマイ行きのバスに乗りましょう。108バーツ。

関連記事:パタヤからバンコクへバス移動する方法:2016年6月最新版。パタヤ市内のソンテウ乗り継ぎ方法も。

タクシーなら1000から1300バーツくらいです。

バンコクからスワンナプーム・ドンムアン空港へは、タクシーで30分もあれば行けるはずだし、時間的にはとても安心できます(時間帯によっては渋滞が激しいので要注意。)。エアポートレイルリンクを使っても30分くらい。こちらは渋滞知らずで計算しやすい。
問題は荷物が邪魔になることですかね。
バンコク市内を重たいスーツケースをずるずる引きずって移動するのは避けたいところです。

解決策としては、スワンナプーム空港の荷物預り所にスーツケースを預けてしまうこと。たぶん100バーツくらいです。
パタヤからスワンナプーム空港までタクシーないしバスで移動。荷物を預けてから、エアポートレイルリンクでバンコク市内へ向かうわけです。二度手間ですけどね。
あとも、もったいないけれど、安いホテルを予約しておいて、半日だけ利用することですかね。これは1泊分払う必要がありそうです。
旅行代理店の中には、有料荷物預けサービスもあるみたいですが、わたしはよく知りません。

バンコクでも昼間から遊べますが、パタヤよりは選択肢が狹いかも。

バンコクといえば、やはりMPでしょう。ナタリーが閉鎖されたのは痛いですが、他にもMPは健在です。
日系のスペシャルマッサージ屋もたくさんあります。
このあたりの情報は割愛します。Gダイアリーあたりが詳しいです。

バンコク経由の利点は、空港までの所要時間が短いため、ぎりぎりまで遊びやすいこと。
例えば、深夜0時発だとすると、2時間前チェックインの必要性から逆算して、午後9時半にタクシーに乗れば何とか間に合うことになる。

ナナプラザ入り口

ナナプラザのゴーゴーバーの開店時間がおおよそ午後7時。
おお、なんとか遊ぶことができますね。
さくっと選んで2階か3階のやり部屋へ行けば、最後の最後にすっきりして、シャワーを浴びることもできる。
あとはダッシュで空港へ向かうって寸法です。

まあ、まったくの初心者にはぎりぎりの時間まで粘る行動はあまりおすすめできませんが、こんなこともできると頭に入れておいてください。

まとめ

フライトの時間には余裕を持たせつつ、パタヤでのんびり過ごすのがおすすめです。
時間があまったら、バービアでだらだらビールを飲むか、コーヒーでも飲んでおきましょう。パタヤは、せかせかするところじゃありません。のんびりいきましょう。
パタヤ初心者ならびに、海外旅行慣れしていない人は、パタヤからタクシーで空港へ向かうと安心。
旅慣れている節約派は、エアポートバスを利用しましょう。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Pattaya Darkside bar (6)

【パタヤダークサイド】ソイカオタローとソイカオノイのジェントルマンズクラブめぐり

パタヤダークサイドというところ パタヤダークサイドとは、スクンビット通り以東の山側エリアのこと。イ

記事を読む

ソイ6ワーキングガール (2)

ソイ6の新規オープンゴーゴー「ワーキングガール」訪問レポ&ソイ3、ドリンキングストリートの現状

パタヤ中心部のバービアの現状は昨日のレポートでお伝えした。 そこで、昨晩はノースパタヤ方面へ繰

記事を読む

Gスポット (1)

【パタヤウォーキングストリート新店舗レポ】Gスポットとオーバーマインド。あと、サファイヤクラブは工事中だけど営業中。

お盆休み直前の昨晩のこと。 前回のパタヤ訪問以降に新しくできた2軒のゴーゴーバーを訪れてみた。

記事を読む

スクーターバー4

ブッカオの新しいバービア、スクーターズがモッズテイスト満載でイカす。おっと、もちろんペイバーも可能だよ。

深夜のソイブッカオを千鳥足でふらふらと歩いていると、耳慣れたビートとサウンドが耳に飛び込んできた。

記事を読む

スクーターズバーソイ6 (3)

【新店舗レポ】スクーターズバー3号店がソイ6に新規オープン

昨年2015年にパタヤ、ソイブッカオに登場したScooters Bar(スクーターズバー)。 モッ

記事を読む

ラムー (1)

ラムー訪問記後編。ペイバー可能、でもバーファインは3000バーツ。

前回のラムー訪問記はこちらから。 ⇒高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。1

記事を読む

ワッツアップ

クリスマス本番のパタヤ。昼間のウォーキングストリートの様子。夜のパーティはいずこへ。

昨晩がクリスマスイブ。 日本ではイブが一番盛り上がり、クリスマス当日は抜け殻みたいなものだが、本来

記事を読む

walking-street201612

大晦日直前のウォーキングストリートとバービアの様子。争奪戦必至。

新年直前、パタヤ・ウォーキングストリートのゴーゴーバーをいくつかまわってみた。 昨晩の

記事を読む

ウォーキング夜景 1

【最新改訂版】2016年パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2015年4月にアップした記事の最新改訂版となります。 ベースとなる記事はそのままに、値上がり

記事を読む

Walking street midnight

深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好きだ。 まだまだ観光客はいるが

記事を読む

アドステア

アドステア

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

→もっと見る

PAGE TOP ↑