パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ジェントルマンズクラブ 夜遊び情報

エキサイトクラブ(EXCITE CLUB)はソイエキサイトにある新しいショートタイムバー。トータル1300バーツなり。

投稿日:2015年6月16日 更新日:

エキサイトクラブ (2)

約2ヶ月ほどまえにオープンした、エキサイトクラブ。
場所はソイエキサイトのブッカオ寄り。
隣はマッサージ屋とかサロンとか、ごく普通の光景。

写真でも分かるように、観葉植物でうまく隠れるようになっている。
でも、店の前のソファーやイスにお姉さんたちが座っているので、すぐにわかるはずだ。

目印となるホテルでいえば、ターニー プレイス (Thanee Place)
と、SC ヴィラ (SC Villa)の間くらいの立地だ。

この写真は、サードロード方面から撮影したもの。
奥に見える緑のホテルがターニープレイス。
エキサイトクラブ (1)

写真手前には、SCヴィラがある。

地図

エキサイトクラブ訪問記

昼間何度も前を通りかかったが、レベルはパッとせず。
日が落ちてから、再訪。

まず、夜7時半頃。
この時点で客はゼロだった。

おっと、レベルが格段に上がっているぞ。
エアコンのきいた室内に入ってみると、待機嬢がさらにいて、こちらもなかなかのレベル。
ちょっと色黒南洋系の顔立ちだけど、充分選べる。
女性陣は全部で10人くらいかな。

ペイバー(部屋代):300バーツ
ショート:1000バーツ

ショート代は言い値。ちょっと交渉は難しそうな雰囲気。

用事があったので、一度退店。

同日夜11時過ぎ、再度訪問。

表には待機嬢が2人ほど。
中に入ると、ファランが3,4人で騒いでいた。
奥にソファーコーナーがあって、寝転がって、狼藉三昧。
カウンター席では、チークタイム中のファランと女性が一組。
あと、タイ人の男が一人で来ていた。

そんな中、日本人が一人で訪れても、けっこうフレンドリーな対応。
まったく問題なし。

女性の数は、ちょっと減ったかな。
10人弱くらい。

話を聞いてみると、在籍嬢は全部で12,3人とのこと。

カウンターに座って、ビールを注文。
リオビールが85バーツ。

すると、すぐに営業攻撃を受ける。
といっても、それほどしつこくはない。
手のあいている女性が、一人づつ話しかけてくる程度。

156センチ、39キロのスレンダー嬢を横につけてみた。20歳でけっこうかわいい。
なんで、こんなところで働いているんだか。
レディドリンクが130バーツ。

この子は、クラブ4(CLUB 4)からの移籍組。
エキサイトクラブとクラブ4、それに最近できた007(スンスンジェット)は、同じシステムとのこと。

ホテルへの連れ出しや、ロングタイムが可能かどうかも聞いてみた。
いちおう、オッケー。ただ、女性次第とのことだ。
この子は、ロングで2000バーツほしいとも言っていた。他の子は不明。
バーファインは300でいいそうだ。

営業時間は、午後2時くらいから夜1時くらいまで。
昼過ぎからだらだらと開店して、深夜ダラダラと閉店するスタイルでしょう、たぶん。

エキサイトクラブやクラブ4のような形態の特殊店はなんて呼べばいいのだろうか。
ジェントルマンズクラブと呼ぶには、ちょっと小ぢんまりとしすぎているし、ソイ6のような置屋バーとも少し雰囲気が違うし。バービア的な遊び方もできるけど、やっぱりバービアではない。
とりあえずショートタイムバーとでも呼んでおこう。置屋バーを英語に無理やり直しただけだけど。

結論

エキサイトクラブは使える。
楽しい。

店内のノリがいいよね。
でも、ソイ6のノリとは、またちょっと違うんで、説明しにくい。

女性陣のレベルも意外と高い。
20歳前後の女性も数名確認。

クラブ4や007、Mクラブのような特殊店は、サードロードを渡ったさらに先にある。
キンナリーのようなジェントルマンズクラブも同様でパタヤ中心部からはかなり遠い。
バイクがないとかなり厳しい立地。
ブッカオからソイ6ならソンテウで簡単に行けるが、帰りが面倒。
そんな時は、このエキサイトクラブへどうぞ。
ソンテウあるいは徒歩で簡単アクセス可能。

日中、ソイブッカオ界隈でサクッと一発の場合、ソイハニーやソイチャイヤプーンのマッサージ屋か、MPとなる。
マッサージ屋の大部屋はどうも苦手。MPは高い。
マッサージ屋だと、マッサージ代200バーツにスペシャル代1000バーツが加わりトータル1200バーツ。
エキサイトクラブは個室利用でトータル1300バーツ。
ほぼソイ6と変わらない値段設定。
(ソイ6は今でもトータル1000バーツでオッケーの場合あり。)

ちなみに、わたしは誰もペイバーしていませんので、個室の清潔さなどは不明です。

まあ、のぞきにいってダメだったとしても、ソイLKメトロまでは歩いて2,3分。
バービアもゴーゴーバーもたくさんある。
ソイハニーや、ソイチャイヤプーンも近い。
遊び場だらけだ。

お気軽にどうぞ。
日本人でもウェルカムでしたよ。
通じる日本語は、「アジノモト」と「セマクテ」くらいでしたけどね。

エアコンのきいた店内でビールを飲むだけでもオッケー。

すぐ近くには、日本語メニュー付きでおすすめの食堂もあるよ。
おいしいタイ料理を食べてから、腹ごなしの運動でもいいかもね。

グリーン シグナル スイート(Green Signal Suite)
グリーンシグナル
ソイエキサイトのややサードロード寄りの立地の安ホテル。
2014年オープン。
ホテルというより、長期滞在向けのゲストハウス。
ローシーズンは1泊500バーツ程度と実にお手頃。

ソイエキサイトには、安いローカル食堂や洗濯屋もあり、滞在には便利な場所。LKメトロも近くて、夜遊びにも便利。
少しパタヤに慣れてきたら、こういった場所での滞在が快適になってくるはずだ。

Agodaでチェック
Expediaでチェック
Hotels.comでチェック


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-ジェントルマンズクラブ, 夜遊び情報
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.