*

シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)


サードロードに新しいバミーの店ができていた。

トムヤムバミーナンファー (4)

どうやら、海鮮トムヤムスープが売りのようだ。

以前から当ブログで激推ししているのがサードロードのマハーサムット。
トムヤムスープが絶品だ。
シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)
これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。
サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

他の日本人のツイッターやブログを見ていると、ちょこちょこと登場するようになってますね。もちろん、ローカルのタイ人からも大人気だ。
そのマハーサムットの人気が出てからというもの、この手のトムヤムスープクイティアオの店が増えてきた。

少し前に紹介したのもサードロードの海鮮トムヤムクイティアオ屋。
クイティアオトムヤム (2)
クイティアオトムヤムタレー屋台。イカとエビ入りのトムヤムラーメン@サードロードセブン前

で、さらなる新店舗が登場した次第。しかも同じサードロードだ。
まあ、流行りに乗っかっているんでしょう。
こんなのは日本だろうがタイだろうが世界中同じことですね。

店名は、バミーナンファー。天使のバミーという意味。大きく出たなあ。
さて、お味はどうでしょう。

SPONSOR LINK

バミーナンファーのトムヤムバミー

店内の様子
トムヤムバミーナンファー (3)
トムヤムバミーナンファー (2)

新規オープンだけあって、かなり清潔。
テーブルも真新しい。

メニュー
トムヤムバミーメニュー (2)
トムヤムバミーメニュー (3)

スープは、トムヤムのみのようだ。
麺は、おそらく何も言わなければバミー(中華麺)になるはず。
ママー(インスタント麺)や、セン(米麺)もオーダー可能。

ただし、詳しい具材に関してはタイ語表記のみ。
まあ、見た目でわかるでしょう。
タイ語が苦手な人は、指差しでどうぞ。かく言うわたしも指差しでしたよ。

今回注文したのはこちら
トムヤムバミーメニュー (1)

バミートムヤムナムコン ルアンミットタレー 60バーツ

無理やり訳すと、「ココナッツミルク入りトムヤムスープラーメンのシーフードミックス」となる。

ただし、バミーではなくて、ママーをオーダーした。
この手のスープにはママーが合うと思っているんで。

ちなみに、シーフード無しでゆで卵だけのシンプルなものは35バーツだ。安いね。

あと、メニューには載っていないが、店頭の看板を見ると、ガパオも置いてあるみたい。

水は10バーツ。

 

さて、バミートムヤムナムコン ルアンミットタレーの到着。

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

貝が4枚、エビが一尾、イカ少々、ゆで卵、揚げ、レタスが入っている。

スープが少ないなあ。

混ぜてみるとこうなる
バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (1)

なかなか辛そうな色合いである。

実際スープを飲んでみると、やはり辛い。
マハーサムットのスープよりは、辛めだ。
ただし、ココナッツミルクが入っており、マイルドな風味もあって、飲みやすい。
マハーサムットにはかなわないけれど、そこそこおいしいな。
が、調子に乗って飲んでいると、舌と喉がひりひりする。

エビは見た目が大きいものの食べられる身はちょっとしかない。
貝も身の締りがあまり良くないけれど、スープにからめると、旨味が増す。
イカは問題なしです。

ママーとスープの相性はばっちりですね。
好きな味です。

レタスが多い。マハーサムットの3倍くらい入っていそうだ。
スープで辛くなった舌はレスタで休めてあげましょう。

なんだかんだいって、シーフードよりゆで卵が一番おいしいなあ。
やっぱりラーメンにはゆで卵です。

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (2)

はい、完食です。
貝やエビの殻は、テーブルの上のガラ入れにどうぞ。

 

総評
スープは、マハーサムットの勝ち。
やっぱりあそこには勝てない。
シーフードは互角でしょう。元々似たような料金設定だし、仕入れ値もたかが知れていて、あまり差は出ませんね。
マハーサムットはカニ入りなんで、カニ好きはマハーサムットへ。

がつんとした辛さは、マハーサムットよりバミーナンファーのほうが強いんで、辛いもの好きの人は、バミーナンファーへ。

わたしはどっちも好きです。
気分に応じて使い分けようかなと。

ちなみに、冒頭で紹介したサードロードセブン前トムヤムスープが一番辛いですが、味は一番下です。

場所と地図

場所はサードロードのソイ11近く。通り沿いにあるんで、わかりやすい。
隣がドミノ・ピザとなっている。

↓ドミノ・ピザの向こうにバミーナンファーあり
トムヤムバミーナンファー (1)

地図

ブッカオからは、450メートルで徒歩5分。余裕で歩けます。

サードロードのパタヤカン寄りなので、ソンテウで行くならパタヤカン通りを走ってサードロードで下車してから歩いても近い。

営業時間はたぶん夕方から深夜まで。
サードロードではありがちな営業時間。暗くなってから、夜が明ける少し前までと思っておけばいいでしょう。

海鮮ではないけれど、パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオもおすすめ。
豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

SPONSOR LINK

関連記事

小鳥の丸焼き (3)

小鳥(うずら)の丸焼き実食レポート。ノッククラダーヤーン。

バービアでのすぐ近くに屋台が通りかかった。 最近、ブッカオからセカンドロード方面でよく見かける

記事を読む

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ ウドンでうどん ウドンでラーメン と、続い

記事を読む

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

屋台のカオニャオマムアン (2)

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

タイは、5月前後がマンゴーの季節。 甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)

記事を読む

マハーサムットクイティアオトムヤム (2)

サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

以前紹介した、海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋「マハーサムット」。 場所はサードロ

記事を読む

boat%e3%80%80breakfast-1

【パタヤのファランな朝食】BOATのアメリカンブレックファースト70バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、セカンドロード沿いにあるBOATにお邪魔しま

記事を読む

lk-chicken-1

LK Chickenの唐揚げは、夜食とおつまみに最適。1個15バーツ。

LKメトロのソイダイアナ側入り口近くのファミリーマート前に新しい唐揚げ屋ができている。 看板に

記事を読む

10バーツ唐揚げ屋台 (5)

一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

以前の沈没日記内で少しだけ登場した唐揚げ屋台を詳しく紹介したい。 移動式屋台の唐揚

記事を読む

アドステア

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑