*

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

公開日: : 最終更新日:2017/04/30 グルメレポート ,


うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、この看板。

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ屋 (5)

これは、間違いなくトムヤムラーメンだ。

辛そう。
でも、うまそう。

これは食べるしかないです。

SPONSOR LINK

トムヤムクイティアオ

さくっと入店。

壁にメニュー写真が貼っています。

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ屋 (2)

違いがよくわからないが、とりあえず一杯50バーツのようだ。

オーダーは、「ママートムヤム」と告げた。あとは、おまかせだ。
ママーは、タイのインスタント麺のこと。
トムヤムスープには、ママーがよく合う。

今さらながら書き添えておきますが、クイティアオのトムヤムスープ味は、日本人にもおなじみのトムヤムクンとは別物です。
まあ赤いスープで酸っぱ辛い点は同じですが、トムヤムクンに麺が入っているわけではありません。
あくまで、クイティアオのスープの一種ですな。香草系の酸味や匂いは控えめで、基本、辛いです。

調理風景
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ店内部 (2)

テーブル
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ店内部 (1)

ローカル食堂にしては、わりと店内は清潔なほうかな。
水は無料です。自分でコップに淹れましょう。

ママートムヤム到着が到着

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

おお、なかなかの迫力だ。どんぶりがでかい。

ちょっとスープの量が少ないのが気がかりだが、それを補ってあまりある具の多さ。
特に、巨大な肉の塊が目を引く。これは豚骨だな。

アップでどん
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (2)

ほとんど骨ばっかりだけど、スプーンで肉を削ぎ落として食べると、うまい。よく煮込まれている。

スープは、やっぱり辛いが、味はばっちりだ。豚骨ベースにトムヤムフレーバーを加えているわけね。
深みとコクが出ている。何よりパンチ力がある。

トムヤムスープのクイティアオといえば、当ブログでも何度か取り上げているマハーサムットのシーフードトムヤムがある。

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)
関連記事:これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。
関連記事:サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

海鮮ベースのトムヤムスープで、ココナッツミルクを加えてかなりマイルドな味わい。

それに比べて、この豚骨トムヤムは、まさに男のトムヤムって感じで、ワイルドだ。獣臭いとまで言うとオーバーだが、迫力が違うね。
どかんと来る辛さもこっちのほうが上。

まあ、あとは好みの問題だが、スープをメインに考えるならマハーサムットのシーフードで、男の麺料理ならここの豚骨トムヤムだ。

豚骨以外の具は、普通の豚肉(ムーシン)、かまぼこ、ルークチン、揚げ。あと、野菜が少々。
麺はママーがよく合う。
たぶんセンレックなどの米麺では、このスープの迫力に負けてしまうような気がする。
このスープには、ママーもしくはバミーがいいだろう。

大量の汗をかきながらも、一気に完食。

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ完食

大きな骨の固まりだけが残りました。

うまかったなあ。

メニュー写真にはゆで卵がうつっているが、実際には入っていなかったのが少々残念。
スープが少ないのは、最終的にはまったく気にならなかった。

実は、訪れたのが午後4時頃で、閉店時間も午後4時。わたしが最後の客だった。
わたしが食べている間に、閉店準備を進めていた。

勝手な推測では、ゆで卵はすでに品切れで、そのかわりに巨大な豚骨や豚肉をたっぷり入れてくれたのではないかと。

(追記)
デフォルトで豚骨入りの模様。卵はオーダーで追加できる。

ゆで卵は、タイ語で「カイトム」。
豚骨は、おそらくタイ語で「グラドゥックムー」で通じるはず。
ゆで卵を入れて欲しければ、「サイカイ」とでも言えばいい。

営業時間は、午前8時半から午後4時まで。
昼間の炎天下に、がっつり豚骨トムヤムクイティアオをどうぞ。ふき出す汗が気持ちいい。

場所と行き方

場所は、パタヤタイ。ソイでいうならセカンドロードのソイ16。
ワットチャイ市場の裏手あたり。

地図

わかりやすいのは、トゥッコムの裏手へ抜けてから、ソイ16に入る方法。
あとは、ビーチ方面へ進んでいけば、左手に見える。

画像の矢印の店
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ屋 (1)

店の外観(これは閉店後なんで、実際はここに食材が並んでいる)
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ屋 (4)

この幕も目印にどうぞ
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ屋 (3)

このままセカンドロードのソイ16をビーチ方面へ進むと、ウォーキングストリートのソイダイヤモンドの向かい側に出ることができる。一種の抜け道みたいなもので、WSで働いている人もよく通っている。
でもこのあたりは、アラブ人も多いのが不思議。
よくわからないローカルエリアだ。

他にも気になる店があったので、引き続き調査せねば。

(追記)
ソイの名前を勘違いしていました。訂正しておきます。
地区はパタヤタイですが、ソイはセカンドロードのソイ16ですね。
指摘してくださった読者さん、ありがとうございます。

SPONSOR LINK

関連記事

ビッグCエクストラフードコートのバミー (4)

ビッグCエクストラのフードコート。ポークリブのせ甘辛ソースがけバミー。

パタヤカンにあるBIG-C EXTRA(ビッグシーエクストラ) セントラルパタヤロード

記事を読む

ルアットムークンシーのクイティアオ

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる

パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。 数年前に

記事を読む

ソイテンモーのチムチュム (1)

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐ

記事を読む

LEELAカフェ (4)

サードロードのオシャレかつ気軽なカフェ、Leela Coffee&Restaurant

パタヤのカフェシリーズ。 今回紹介するのは、サードロードにあるLee La Coffee &a

記事を読む

串かつとカノムトーキョー (2)

屋台の串かつとカノムトーキョー。パタヤに大阪と東京を見た。

ソイブッカオからソイエキサイト方面へ歩いていると、ふと気になる屋台に出くわした。 通り過ぎそう

記事を読む

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

ガパオプラーガポン

ガパオプラーガポン。魚の缶詰を使ったガパオライス。

ガパオにも、いろんな種類がある。 一番メジャーなのは、豚の挽肉を使ったガパオムーサップだろうか

記事を読む

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑