*

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

公開日: : グルメレポート ,


うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、この看板。

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ屋 (5)

これは、間違いなくトムヤムラーメンだ。

辛そう。
でも、うまそう。

これは食べるしかないです。

SPONSOR LINK

トムヤムクイティアオ

さくっと入店。

壁にメニュー写真が貼っています。

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ屋 (2)

違いがよくわからないが、とりあえず一杯50バーツのようだ。

オーダーは、「ママートムヤム」と告げた。あとは、おまかせだ。
ママーは、タイのインスタント麺のこと。
トムヤムスープには、ママーがよく合う。

今さらながら書き添えておきますが、クイティアオのトムヤムスープ味は、日本人にもおなじみのトムヤムクンとは別物です。
まあ赤いスープで酸っぱ辛い点は同じですが、トムヤムクンに麺が入っているわけではありません。
あくまで、クイティアオのスープの一種ですな。香草系の酸味や匂いは控えめで、基本、辛いです。

調理風景
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ店内部 (2)

テーブル
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ店内部 (1)

ローカル食堂にしては、わりと店内は清潔なほうかな。
水は無料です。自分でコップに淹れましょう。

ママートムヤム到着が到着

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

おお、なかなかの迫力だ。どんぶりがでかい。

ちょっとスープの量が少ないのが気がかりだが、それを補ってあまりある具の多さ。
特に、巨大な肉の塊が目を引く。これは豚骨だな。

アップでどん
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (2)

ほとんど骨ばっかりだけど、スプーンで肉を削ぎ落として食べると、うまい。よく煮込まれている。

スープは、やっぱり辛いが、味はばっちりだ。豚骨ベースにトムヤムフレーバーを加えているわけね。
深みとコクが出ている。何よりパンチ力がある。

トムヤムスープのクイティアオといえば、当ブログでも何度か取り上げているマハーサムットのシーフードトムヤムがある。

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)
関連記事:これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。
関連記事:サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

海鮮ベースのトムヤムスープで、ココナッツミルクを加えてかなりマイルドな味わい。

それに比べて、この豚骨トムヤムは、まさに男のトムヤムって感じで、ワイルドだ。獣臭いとまで言うとオーバーだが、迫力が違うね。
どかんと来る辛さもこっちのほうが上。

まあ、あとは好みの問題だが、スープをメインに考えるならマハーサムットのシーフードで、男の麺料理ならここの豚骨トムヤムだ。

豚骨以外の具は、普通の豚肉(ムーシン)、かまぼこ、ルークチン、揚げ。あと、野菜が少々。
麺はママーがよく合う。
たぶんセンレックなどの米麺では、このスープの迫力に負けてしまうような気がする。
このスープには、ママーもしくはバミーがいいだろう。

大量の汗をかきながらも、一気に完食。

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ完食

大きな骨の固まりだけが残りました。

うまかったなあ。

メニュー写真にはゆで卵がうつっているが、実際には入っていなかったのが少々残念。
スープが少ないのは、最終的にはまったく気にならなかった。

実は、訪れたのが午後4時頃で、閉店時間も午後4時。わたしが最後の客だった。
わたしが食べている間に、閉店準備を進めていた。

勝手な推測では、ゆで卵はすでに品切れで、そのかわりに巨大な豚骨や豚肉をたっぷり入れてくれたのではないかと。

まあ、実際のところはわかりません。

食べに行かれる方は現地で確認のほどを。

ゆで卵は、タイ語で「カイトム」。
豚骨は、おそらくタイ語で「グラドゥックムー」で通じるはず。

ゆで卵と豚骨を入れて欲しければ、「サイ カイトム グラドゥック ドゥワイ」とでも言えばいいかな。

営業時間は、午前8時半から午後4時まで。
昼間の炎天下に、がっつり豚骨トムヤムクイティアオをどうぞ。ふき出す汗が気持ちいい。

場所と行き方

場所は、パタヤタイ。ソイでいうならセカンドロードのソイ16。
ワットチャイ市場の裏手あたり。

地図

わかりやすいのは、トゥッコムの裏手へ抜けてから、ソイ16に入る方法。
あとは、ビーチ方面へ進んでいけば、左手に見える。

画像の矢印の店
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ屋 (1)

店の外観(これは閉店後なんで、実際はここに食材が並んでいる)
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ屋 (4)

この幕も目印にどうぞ
パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ屋 (3)

このままセカンドロードのソイ16をビーチ方面へ進むと、ウォーキングストリートのソイダイヤモンドの向かい側に出ることができる。一種の抜け道みたいなもので、WSで働いている人もよく通っている。
でもこのあたりは、アラブ人も多いのが不思議。
よくわからないローカルエリアだ。

他にも気になる店があったので、引き続き調査せねば。

(追記)
ソイの名前を勘違いしていました。訂正しておきます。
地区はパタヤタイですが、ソイはセカンドロードのソイ16ですね。
指摘してくださった読者さん、ありがとうございます。

SPONSOR LINK

関連記事

バーンイサーンムアンヨットのチムチュム

プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット

バンコク在住の友人に連れて行ってもらったイサーン料理レストランがこちら。 バーンイ

記事を読む

ソイテンモーのチムチュム (1)

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐ

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

ビッグCエクストラフードコートのバミー (4)

ビッグCエクストラのフードコート。ポークリブのせ甘辛ソースがけバミー。

パタヤカンにあるBIG-C EXTRA(ビッグシーエクストラ) セントラルパタヤロード

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

フライデイFRYDEY最新 (1)

FRYDAYのフィッシュアンドチップスが値上げ。110バーツへ。でもうまい。

当ブログで何度か登場しているフィッシュアンドチップスの名店「FRYDAY フライデイ」

記事を読む

カイヨーマー

カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

ジョークといえば、タイのおかゆ。 米粒の形がなくなるほど、どろどろに煮込まれている。

記事を読む

LKメトロケバブ屋 (4)

ソイLKメトロとソイダイアナ周辺のケバブ屋台を食べ比べ

ソイダイアナのLKメトロ入り口付近からソイレンキーにかけては、さながらケバブ屋銀座になっ

記事を読む

アドステア

アドステア

Bachelor (2)
【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だ

no image
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル

Drinking street
ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

沈没日記4 友人二人はパタヤ4日目。 3日目の昨晩、初パタヤの

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

→もっと見る

PAGE TOP ↑