パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート 麺類(クイティアオ・バミーなど)

クイティアオトムヤムタレー屋台。イカとエビ入りのトムヤムラーメン@サードロードセブン前

投稿日:2016年5月5日 更新日:


サードロードのソイ13入り口、セブンイレブン前で営業している屋台。

サードロードソイ13セブン前屋台 (3)

基本はクイティアオ屋だろう。屋号はよくわからないんで、とりあえずセブン前屋台と称しておく。

サードロードソイ13セブン前屋台 (2)

イチオシメニューが、クイティアオトムヤムとイエンターフォーなのかな。

カオカームーも置いてある。
サードロードソイ13セブン前屋台 (8)

SPONSOR LINK



クイティアオトムヤムタレー

サードロードソイ13セブン前屋台 (1)

注文は、クイティアオトムヤムタレーにしてみた。おそらく、上記メニュー表で2番のはず。
麺はセンレックで。
よって、オーダーするときは、タイ語で「クイティアオトムヤムタレーセンレック」と告げればよい。
麺はお好みでどうぞ。
センミー、センレック、センヤーイ、バミー、ママーと揃っているはず。

クイティアオが到着。

クイティアオトムヤム (2)

ココナッツミルク入りのトムヤムナムコンスープだ。
具材は、イカとエビ、あとは、豚ミンチと野菜といった通常のクイティアオと同じもの。ピーナッツも入っているな。

スープは、ココナッツミルク入りとはいえ、けっこう辛い。
トムヤムクンのような酸っぱさはかなり控えめ。
わりとマイルドな味わいなのだが、飲めば飲むほど汗が出てくる。
タイ人客は、さらに唐辛子をぶち込んでいるようだが、このままでも充分に辛い。

クイティアオトムヤム (1)

麺は、ごく普通。
このスープには、中太麺(センレック)との相性がいいかな。ママーでもいいような気もする。

野菜がしっかり入っているのが、いいね。

50バーツで、そこそこ腹いっぱいになれた。
シーフード入りで50バーツなら、まずまずお買い得でしょう。

地図

サードロードのソイ13入り口。

サードロードソイ13セブン前屋台 (4)

ソイブッカオ側道路沿い。パタヤカンにもほど近い。
ブッカオから行くなら、Rコンレジデンス前のクランクコーナーの1つ北側にあるソイを抜けていくと早い。
セブンイレブンが目印です。
サードロードソイ13セブン前屋台 (5)

営業時間は、日没から深夜まで。暗くなってから行きましょう。

マハーサムットとの比較

この手のシーフード入りトムヤムラーメンは、サードロードを渡ったところにあるマハーサムットが有名だろうか。何度か当ブログで取り上げた。

今回の屋台とも距離的なそれほど離れていない。

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)

詳しい場所やメニューはこちらから。
これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。
サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

同じ50バーツのシーフード入りクイティアオトムヤムで比較してみよう。

スープの味は、マハーサムットのほうが、濃厚かつ旨味も多い。辛さは、セブン前屋台のほうがきつめ。
シーフードは、似たようなもの。マハーサムットには貝が入っている。あと、セブン前屋台のエビのほうが小ぶりだが、2尾入っている。
野菜は、セブン前屋台のほうがはるかに多い。
麺の湯がき方は、セブン前屋台のほうが丁寧。量もちょっと多め。

全体的なボリューム感でいうと、セブン前屋台の勝ち。
味では、マハーサムットかなあ。やはり、あのスープは絶品だよ。

ちなみに、セブン前屋台は無料の飲み水があり。セブンで好きなドリンクを買ってきて持ち込みでもできる。
マハーサムットは水が有料で10バーツ。

どちらか一店選ぶなら、マハーサムットですな。

でも、どちらもおすすめなんで、サードロード付近でトムヤムスープの海鮮クイティアオが食べたくなったら、ぜひどうぞ。
ブッカオからも歩いて行けます。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, 麺類(クイティアオ・バミーなど)
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.