パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ夜遊び情報全般 夜遊び情報

明日は禁酒日(ヴィサカブーチャ)。お相手探しはお早めに。

投稿日:2016年5月19日 更新日:

明日5月20日は、タイの祝日。
ヴィサカブーチャ (仏誕節)と呼ばれる仏教の祝日であり、禁酒日となっている。

関連記事:タイ禁酒日2016年。パタヤの禁酒日の夜の遊び方。

原則として日付の変わる深夜0時から翌日の深夜0時までアルコール販売が禁止となる。
レストランは営業を続けるが、アルコール類の提供は無し(あくまで原則ね。一部ホテルのレストランなどは飲めるケースあり)。

アルコール販売をメインとするバーは、本日19日の24時に閉店するところがほとんどだろう。

知り合いのバービアで聞いたところ、やはり19日の24時に閉店するという。
ただ、電気を消して、細々と営業するかもとは言っていた。
表向きは閉店して、仲間内で集まっているだけという体裁を取るのかな。
それでも警察が見回りにきたら、完全閉店せざるを得ないようだけど。
20日は、一日中クローズするとのこと。
これはバービア次第。
別のバービアは21日の午前0時から営業開始と言っていた。
実際には夜10時くらいから店を開けるそうだ。
ブッカオ近辺は比較的取り締まりが緩くて、21日になる前にアルコール解禁しているかも。
(軍事政権になってからは、厳しくなってきているが。)

 

ゴーゴーバーも事情は似たようなもの。
本日は24時で閉店するところがほとんどだと思う。

明日20日の営業は、まちまち。
完全閉店のバーもあれば、23時頃から営業開始するバーもあるだろう。

前回の禁酒日(2月22日のマカブーチャ)の様子はこちらから。

関連記事:禁酒日前夜のパタヤの様子と今晩の開店情報
関連記事:意外と営業店舗多し。昨晩、禁酒日のウォーキングストリート、ゴーゴーバーの様子。

前回と同じなら、ハッピーグループ(ハッピー、バカラ、ペパーミント、ビーチクラブ)が22時開店でアルコール販売は様子見。シャーク系列は23時半くらいから営業開始。
センセーションズは休み。

禁酒日のゴーゴーバー (1)

明日20日はすべてのゴーゴーバーやバービアがクローズするわけではないので、お相手探しは何とかなりそう。
ただ、スタート時間が遅くなるし、出勤数も少ないだろうけど。

また本日19日は深夜0時閉店のところがほとんど。
今日は逆に早め早めの行動が必要だ。

仕事終わりに部屋に来てもらう作戦もいいね。バーファイン代が浮くし。

うまくお相手が見つかったら、明日のタンブンデートに誘ってみましょう。

昼間ならワットプラヤイ(ビッグブッダ)がおすすめ。
ビッグブッダ・ワットプラヤイ (1)
パタヤヒルのビッグブッダ(ワットプラヤイ)と展望台【パタヤ観光スポット】

日が暮れてからは、ワットチャイモンコンがいいかな。
ウィエンティアンといって、ロウソクを掲げながら本堂の周りを三周する行事がある。

夜のワットチャイモンコンタンブン (2)
露店もたくさん出ていて、賑やか。けっこう楽しめますよ。

前回の様子はこちら
禁酒日には、バービアママさんとファランボスの自宅でホームパティー。あとタンブンデート少々。

 

とりあえず、20日の昼間から酒が飲みたい人は、本日19日のうちにコンビニなどで酒を買い込んで部屋にストックしておきましょう。
販売が禁止されているだけで、飲むのは自由です。
まあ、仏教の聖なる日なんで、この日くらいは大人しく過ごすのもありですけどね。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-パタヤ夜遊び情報全般, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.