パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

エッセイ

タイ禁酒日2016年。パタヤの禁酒日の夜の遊び方。

投稿日:2016年2月21日 更新日:

2016年タイの禁酒日(酒類販売禁止日)カレンダー

2月22日(月):マカブーチャ(万仏祭)
5月20日(金):ヴィサカブーチャ (仏誕節)
7月19日(火):アサラハブーチャ (三宝節)
7月20日(水):カオパンサー (入安居)

タイ国政府観光局HPより、禁酒日を抜粋
タイ祝日カレンダーpdf⇒http://www.thailandtravel.or.jp/common/pdf/2016ThaiCalendar.pdf

現在のところ、公式には4日のみ。

これら酒類販売禁止日は、あらゆる店でアルコール販売が終日禁止となる。
日付が変わった時点で適用となり、深夜0時まで24時間続く。

コンビニやスーパーでの販売は禁止。

このような張り紙が掲示されて、アルコールは売ってもらえない。
禁酒日コンビニのお知らせ

アルコールの提供をメインとするバーは、すべてクローズが原則。

真っ暗なソイLKメトロ
禁酒日のLKメトロ

バービア群も静まりかえる。

かりにバーが営業していたとしても、アルコールの提供はない。
レストランも同様で、営業はしていてもアルコールの提供は禁止。

が、これは建前の話で、外国人が主な客であるレストランでは、ビール瓶を隠す形で提供している店もある。
ホテル内の売店や、逆にものすごくローカルな雑貨屋では売っているところもある。

最近は取り締まりが厳しくなってきているようで、パタヤのゴーゴーバーは禁酒日にはほぼ全店がクローズ。
バービアは一部営業しているが、アルコール提供はなし。(これも微妙なところで、隠れてコップに注いで飲ませてくれるバーもなきにしもあらず。)

基本的には禁酒日には、タイの夜遊びはほぼ全滅と考えておいたほうがいい。
(MPは別。普通に営業している。)

禁酒日の遊び方

さて、2月22日は禁酒日である。
もう明日だ。

やむを得ずこのタイミングでタイへ遊びに来た人は、どうすればいいのか?

酒も飲まず、遊びはMPオンリーの人は、特に関係ない。
普段通り、昼でも夜でもMPに行けばいい。普通に遊べます。まあ、ちょっと普段より客が多いかもしれないし、店内で酒は飲めないけど。プレイだけなら問題なし。

ゴーゴーバーにしろバービアにしろ、禁酒日当日にバーでペイバーすることは、店が閉まっている以上、不可能。

気をつけないといけないのは、禁酒日となる日付に変わった時点で禁酒が適用になること。
つまり、2月22日が禁酒日なので、2月21日の24時になったら、バーがクローズとなってしまう。実際は、24時をまわっても、当局の警告が来るまで営業を続けることがあるが、おおむね24時半くらいには閉まってしまうだろう。
禁酒日は明日だからと油断していると、深夜0時過ぎに突然閉店となり強制的に退店させられることになる。
それまでに相手を見つける必要あり。禁酒日前は早めに相手を見つけてペイバーしてしまうのが得策。

が、深夜0時は、パタヤではまだ宵の口。
バーが閉まったあとに、夜の女性たちが街にあふれることになる。
客(=お金)を求めている以上、なんとか客を取りたい女性も多いだろう。

事前に交渉しておけば、仕事終わりで部屋に来てくれる可能性は低くない。

もちろん禁酒日当日は言うまでもない。

バーファインが不要となる大チャンスである。

特に高額BFのコヨーテ系は狙い目。
早めに仲良くなっておき、電話番号をゲット。あとは、個人的にやりとりをしておいて、部屋に来てもらうなりデートすれば、バーファイン代がまるまる浮くことになる。

禁酒日を挟んで前後数日間ブッキングしてしまえば、一日分のバーファインは確実に浮きますね。

電話番号交換をしておかないことには何も動けない。
タイの携帯電話がなければ、Wi-Fi利用のLINEでも何とかなるかな。

とまれ、この程度のことは、タイ夜遊びを何度か経験した人なら誰でも思いつくこと。

似たような作戦で挑むライバルが少なからず存在しているに違いない。
人気嬢目当てならなおさら。
より高レートのオファーを出した客が優先されるのは当然のこと。

早め早めの行動が必要です。

そこで、複数日ブッキングをおすすめしたい。
わたしも短期滞在を繰り返していた頃、禁酒日にぶち当たると、2日か3日連続でブッキングしていましたね。

禁酒日にはタンブンデートを

で、禁酒日当日は仲良くお寺へタンブンデートしましょう。
これが、清く正しい、禁酒日におけるタイの夜遊び方だと思う。
パタヤだと、タンブンはワットチャイモンコンかビッグブッダ(ワットプラヤーイ)で決まりでしょう。

タンブンワットチャイモンコン (11)バービア嬢G

禁酒日に夜の女性を誘い出すには、タンブンデートが効果的です。

「プンニー パイ タンブン ドゥアイ ガン(明日、一緒にタンブン行こうよ)」と明るく真面目な口調で誘えば、意外と誘いに乗ってきてくれるものです。
タンブンデートのあとに、うまくいくかどうかは知りませんが。

そういえば、禁酒日にタンブンデートのダブルヘッダーをしたことがあったなあ。バービア嬢とゴーゴー嬢で、どっちにもふられてしまったけど。

バービア嬢とワットチャイモンコンでタンブン
ゴーゴー嬢と夜のタンブン&ムーガタデート

 

あ、もちろん、立ちんぼさんはいつも通り営業しております。
禁酒日は、個人営業の日となるわけですな。

単純に酒飲みの人は、禁酒日になる前に、ホテルの冷蔵庫に買いだめしておくべし。

わたしは、禁酒日当日に、バービアのママさんの自宅での宴会に誘われています。
バービア嬢たちもこぞって参加するみたい。

酒類の販売が禁止なだけで部屋の中で飲むのは自由。
本来は仏教の休日なんで、タイの敬虔な仏教徒は禁酒するもの。
外国人の飲酒は自由だし、タイ人でも飲んでいる人は多いかな。

短期滞在に人には、余計な禁酒日のように思えるかもしれないが、うまく遊べばバーファイン代を浮かしつつ、夜の女性と昼間にタンブンデートできるチャンスでもある。
長期滞在の身には、夜の飲み歩きが強制排除されるんで、休肝日にはちょうどいいかな。

何の予備知識もなく、いきなり禁酒日の夜を迎えると、ネオンの消えた歓楽街に愕然とすることになるんで、あらかじめ準備しておきましょう。

なお、禁酒日の終了を待って、24時から営業を開始するゴーゴーバーやバービアもある。
(つまり、2月22日なら、23日の午前0時から営業開始。)

ゴーゴーバーはおそらく限られた店しか営業しないはず。わざわざ3,4時間ほどの営業のために、店を開けるには手間がかかりすぎる所為。

バービアは、そこそこ営業している。

どうしても禁酒日当日に諦めきれない場合は、夜11時半くらいからあちこち徘徊してみらば、開店準備中の店が見つかるはずだ。
あきらめずに最後までトライしてみましょう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-エッセイ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.