*

22歳新人バービア嬢を2度目のペイバーするも

沈没日記19

パタヤに来て初日のバービア嬢を以前ペイバーした。

バービア嬢
関連記事:パタヤ初日の22歳新人バービア嬢ペイバー

翌朝に生理となり、しばらくはペイバー不可の状態が続いていた。
体調が悪くて仕事を休むこともあるようだ。
それでも、バーには顔を出して、彼女が働いていれば一緒に飲むこともあった。
ファラン客からの誘いもあるそうだが、いつも断っているとのこと。

あと、すでにホームシックにかかって、故郷に帰りたがっている。
「キットゥンルーク(子供が恋しい)」
「マイヤークタムガーン(仕事したくない)」
といったLINEがタイ語で送られてくる。

あまり夜の仕事には向いてなさそうな雰囲気だ。
一ヶ月もバービアで働けば立派な夜のプロフェッショナルになるかもしれないが、なんとなくこの子は無理なような気もする。

まあ、それはそれ。
生理も終わり、体調も回復したようなので、2度目のペイバーを決意。
訪問したのは深夜1時過ぎ。
特に予告していなかったが、誰にもペイバーされずにバーにいた。
すぐに横に座ってくるが、この子は一切ドリンクの催促をしない。
「ビール飲む?」とこちらから振っても、「喉乾いてない」と答えるほどだ。
おいおい、金儲けする気あるのかと、逆に心配になる。
しょうがないんで、キャッシャーに「ハイドゥーム」と告げて、無理やりドリンクを進呈する。
これがいつものパターン。

ペイバーの意志を告げても、本人はきょとんしていて、明確な返事をしてくれない。

これまたしょうがないんで、ママさんに「ペイバー」と告げて、伝票に記入してもらうことになる。

ほんと、商売っけがなさすぎる。まあ、それがウブっぽくていいところだが、もうちょっと積極的にならないと、パタヤのバービアではやっていけないだろうなあ。

ママさん経由でペイバーを確定させ、深夜2時頃、ようやく連れ出す。

一緒にシャワーを浴びるのは恥ずかしいと拒否される。
彼女がシャワーを浴びて出てくると、なぜか着衣状態。
やることはわかっているだろうに。また脱がせるのが面倒だ。

ブンブンには、もちろん応じてくれるが、サービスは完全受け身スタイルで、ノリも今ひとつ。
背は低くてスレンダー、でも乳は大きいという日本人受けする体型なんで、お相手としては申し分ないのだが、どうにも盛り上がりに欠けるブンブンとなってしまう。
こういう行為はお互いあってのものだ。ウソでも演技でもいいから、もうちょっとノリがほしい。じゃないと、単なる自慰行為となってしまう。あからさまな演技は萎えるんで、難しいところだが。

とはいえ、何とかフィニッシュできた。
彼女の体は抜群で、わたしの下半身は正直です。

わたしが先にシャワーを浴び終わると、彼女はすでに服を来た状態で布団にくるまっている。
シャワーを浴びずにそのまま寝るようだ。
というか、すでに寝ている。

起床したのは、朝11時過ぎ。
彼女にシャワーを浴びるよう命じたが、浴び終わると案の定、服を着ている。
なんか面倒だ。
また脱がせて、朝のブンブン。

やはり、盛り上がるに欠ける。
気持ちよさも半減。
結局、ノーフィニッシュ。

いろいろと面倒に思えてきた。

素人っぽいウブなリアクションは、男心をくすぐるが、それも最初だけ。
何度か対戦してくると、やはりもうちょっと積極性がないと、おもしろみにかけてしまう。

彼女は間違いなく性格がいいし、顔もスタイルもいい。
バービアではアタリの部類に入るのは間違いない。

しかしながら、普通に恋人同士として付き合うのならいいかもしれないが、夜のお相手限定として考えると、どうしても物足りなさを感じてしまう。
男のわがままというか、鬼畜ぶりというか、これまたどうしようもないのが正直なところ。
プロフェッショナルを求めると同時に、素人っぽさを求めてしまうものなのだ。

前回と同じくチップ2000バーツを渡してから、彼女のアパートまで送っていく。
ATMの前で降ろしてほしいという。その場で実家に送金するそうだ。
いい子だ。いい子すぎる。

でも、たぶん、もうペイバーはしない。

話を聞くと、一ヶ月もすれば田舎へ帰るという。
うん、そのほうがいいと思う。
この仕事には向いていないよ。
お金には困るかもしれないけれど、イサーンの田舎で子どもとのんびり暮らすほうがいい。
カネで女遊びをしている外国人がアドバイスするなんて傲慢もいいところだけど、素直にそう思う。
できれば、お金持ちで優しい男が見つかるといいね。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

果物ルックナーイ

バービアだらだら飲みと、ショート700バーツでオッケーという20歳バービア嬢

沈没日記9 パタヤではソンクラーンの水かけが絶賛継続中。 昼間っから各所で水かけが行われてい

記事を読む

カオスKAOS

ブッカオ名無し食堂、ソイLKメトロのKAOS、バミーナム、そして最後はバービアで酔っ払うのがパタヤ沈没ライフ

パタヤ沈没日記18 ブッカオ名無し食堂のイエローカレー ブッカオ名無し食堂で昼食を取る。

記事を読む

ワットプラヤイビッグブッダ (2)

ワットプラヤイへタンブンからの、23歳新人バービア嬢とリビングドール1

沈没日記30 再会後はわたしの部屋に入り浸っている30歳バービア嬢。 この日は、昼過ぎに

記事を読む

ナナプラザ入り口

パタヤからバンコクへ。ひさしぶりに昼間のスクンビット散歩。

沈没日記46 パタヤからバンコクへ ノースパタヤバスターミナルからエカマイ行きのバスに乗る。

記事を読む

ソンクラーンソイ7 (6)

ソンクラーン3日目のソイ7を練り歩く。夜のウォーキングストリート、バカラの様子。

沈没日記8 ソンクラーンは3日目となった。 ちょっと面倒になったような気もするが、夕方か

記事を読む

禁酒日ウォーキングストリート (1)

禁酒日前夜のバービアとウォーキングストリート。日系OLと出会う

沈没日記25 禁酒日前夜のバービア 本日5月20日は仏教の祝日のため禁酒日。 昨晩19日は

記事を読む

豚の丸焼き

バービアのパーティは出会いのチャンス。豚の丸焼きもおいしいんで、参加すべし。

沈没日記20 ソイアルノタイの唐揚げ屋 炎天下の暑いさなか、ソイアルノタイまでバイクを走らせる。

記事を読む

19歳女子学生バービア嬢

バービア嬢の実の娘19歳をふたたびペイバー

沈没日記12 ソンクラーンは終了したが、ソンクラーン前に体験したペイバーネタが一つ残っている。

記事を読む

ナナプラザ (1)レインボー1

大雨のバンコクナイト。ナナプラザのレインボーとテーメーカフェの日本語。

沈没日記47 (つづき) バンコクの夜。 午後11時頃に、ようやく夜の街へ繰り出そうと

記事を読む

ソイ3バービア群 (1)

20歳バービア嬢を今回2度目のペイバー。客がバッティングしてプアットフア。

沈没日記33 友人二人と別れてから、わたしの夜遊びの時間が始まる。 禁酒日には誰ともタン

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

→もっと見る

PAGE TOP ↑