*

タイのサラダはヤム。屋台のヤムタレーは具材がよりどりみどり。

公開日: : グルメレポート ,


タイでは、あまりサラダを食べない。ここでいうサラダとは、日本や欧米で普通に食べられている新鮮な生野菜の盛り合わせのこと。
タイの食堂やレストランでは、そんな欧米スタイルのサラダはなかなかお目にかかれない。もちろん、洋食系のレストランに行けば、付け合わせでサラダが添えられているし、シズラーのようなステーキハウスにはサラダバーが併設してあったりする。

が、タイでも生野菜はたくさん食べられている。むしろ、生野菜の摂取量は日本人より多いかもしれない。
キャベツや長豆などを生でぼりぼり食べているからだ。
ソムタムなどの辛い料理の付け合わせとして、無料の野菜がばんばん提供される。基本、取り放題という太っ腹。カノムジンに入れる野菜も取り放題だ。

ソムタムやラーブも、サラダと称されることもある。
が、タイでサラダといえば、「ヤム」だ。

ヤムとは、タイ語で「和える」という意味。つまりサラダ。

で、単純にヤムといった場合は、いろんな野菜と具材を混ぜたサラダとなる。
今回は、そんなヤムのご紹介。

SPONSOR LINK

ヤム屋台

ヤム屋台 (1)

パタヤの街角では、ヤム専用の屋台が少なくない。

大きめの荷台に、これでもかと具材が並んでいる。

ここは、魚介類が豊富。

ヤム屋台 (2)

カニ、イカ、エビ、クラゲ、カニカマ、そのほか正体不明のものまで。
豚のモツも置いてある。

オーダーの仕方は、簡単。
入れて欲しい具材を指定すれば、あとはデフォルトのサラダと混ぜあわせてくれる。
たまねぎ、ねぎ、トマト、キクラゲあたりがサラダの基本素材だろうか。

屋台の調理スペース。各種調味料がずらりと。
ヤム屋台 (3)

店によっては、パクチーが最後にたっぷり載せられるんで、パクチーが苦手な人は要注意。
「マイサイパクチー」といえば、パクチー抜きにしてくれる。

辛さはお好みで。
何も言わなければ、おそらく激辛仕様となる。

実際にこれまで注文したヤムを並べていこう。
料理名を伝えても、注文可能だ。

ヤムウンセンタレー

ヤムで最も有名なのは、ヤムウンセンタレーだろうか。
タイ料理の大定番のひとつ。

ウンセンとは、春雨のこと。
タレーは海のことで、この場合シーフードのことになる。通常、エビとイカ入りがタレー。
屋台によっては蟹(プー)も置いているが、蟹入りは追加料金となりそうだ。

ウンセンに唐辛子やナンプラーがからんで、とにかく辛い。
でもうまい。

これは、ブッカオの名無し食堂のヤムウンセンタレー
名無し食堂のヤムウンセンタレー

タイ人仕様でパクチー山盛りのうえ、さらに激辛。
細い春雨に唐辛子がからみ合って、火を吹きそうなくらいの辛さだった。
でもうまい。

ヤムママー

春雨のかわりに、インスタント麺を使ったのが、ヤムママーとなる。
この写真は、上掲のヤム屋台で注文したもの。

ヤムママータレー

ヤムママーは、わたしの大好物の一つ。
ウンセンよりも好きだ。
インスタント麺とサラダの相性がいい。

こちらは、ソイエキサイト脇道の日本語メニュー付き食堂のヤムママータレー
ヤムママータレー日本語メニュー付き食堂

ここはサラダに人参も入っている。
日本人向けにちょっとマイルドな味にしてくれた。
でも辛いよ。
辛いけど、実にうまい。

こちらは、別のヤム屋台で注文したヤムママータレー
ヤムママータレー

底に沈殿してタレが真っ赤だ。ひたすら辛い。でもうまい。

個人的には、ヤムの中では、ヤムママータレーが一押しである。
屋台でも食堂でもおおむね80バーツくらい。

ヤムヘット

ヤムヘット

ヘット=きのこ

えのきがメインのヤムだ。
ちょっと珍しい。
ミンチ肉も入っている。
屋台で80バーツだった。

ヤムネーム

ヤム

これはかなりポピュラーなスタイルのヤム。
ネームとは、タイのソーセージみたいなもの。
柔らかいソーセージで、味はマイルド。
タレーだと少々値段が高くなるが、これは安め。屋台で60バーツくらい。

ややこしいことに、ヤムネームには2種類あって、焼きおにぎりのサラダ和えのことも「ヤムネーム」と呼んだりする。

ヤムネーム (2)

ヤムネーム (5)
関連記事:ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

焼きおにぎりが置いてある屋台でも、普通のヤムを作っていることもある。
注文の際は、きちんと具材を指定すれば大丈夫のはずだ。

 

他にも、ヤムはいろいろ。

ヤムガイセーブ

ヤムガイセーブ

鳥の唐揚げをラーブ風のサラダにしたもの。
たまにしか屋台で見かけない。

ブッカオ常設市場の唐揚げ屋で購入可能。

ブッカオ常設市場の唐揚げ屋

唐揚げの種類によって値段が違うようだ。気になる人は、買ってみてほしい。
これも個人的にはけっこう好きなメニュー。唐揚げのサクサク感とサラダのマッチングがいいね。例によって、辛いんでそのつもりで。

ヤムルークチン

ヤムルークチンつみれサラダ (2)

ルークチンとは、魚などをすり身にして作る「つみれ」のこと。
それをサラダにするので、ヤムルークチンとなる。

がっつり食べるというより、おやつ的な感覚に近い。
おやつというには、辛すぎるけどね。

詳しくはこちらの記事を。
生乳入り豚つみれサラダ、ヤムルークチン

まとめ

街角で大量の具材が並んでいるヤム屋台を見かけたら、ぜひ買ってみてほしい。
ヤムママーにすると、食事でも酒のあてでも、どちらでもイケる。

屋台のヤムは、具材によりけりで、60バーツから80バーツくらいが多い。意外と高めの料金設定。
カニまで入れると、おそらく100バーツくらいかな。

ブッカオの常設市場にもヤムを扱う店がある。
夜になると、セブンイレブン横あたりにも毎晩出没している。
いつもタイ人が購入しているところを見ると、そこそこ評判も良さそうだ。

もちろん、普通の食堂でもほとんどの店はヤムを置いている。
ママーがない時は、春雨を使ったヤムウンセンでどうぞ。

どこで食べるにしても、辛さとパクチーには気をつけて。

SPONSOR LINK

関連記事

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

ガパオプラーガポン

ガパオプラーガポン。魚の缶詰を使ったガパオライス。

ガパオにも、いろんな種類がある。 一番メジャーなのは、豚の挽肉を使ったガパオムーサップだろうか

記事を読む

バンコクトップスフードコートのカオソーイ

スクンビット・ロビンソンデパート地下TOPSフードコートのカオソーイ

バンコク・スクンビットソイ17と19の間にあるロビンソンデパートメント(Robinson Dep

記事を読む

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。 セカンドロード側からずっとバービアが並

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

デンダムバミー (2)

パタヤ・デンダムレストランのすっきりスープ海鮮バミーナムはおすすめ

パタヤの庶民的なレストランとして有名なのがデンダム。 パタヤ在住のタイ人なら、ほとんどみんな知

記事を読む

パタヤカンのバミー屋 (3)

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。 注文の際はバミーと

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

アドステア

Comment

  1. のぼる より:

    いつも パタヤの紹介ありがとうございます。
    私の知らないことばかり 。。。
    来年早々 いきます。これらをさんこうに
    まわります。

    • pattayan night より:

      ご愛読ありがとうございます。
      ぜひ参考にして、パタヤを楽しんで下さい。

  2. Taka より:

    こんばんは。いつも楽しく読ませて頂いております。
    具材が沢山並んでいる屋台は見た事がありましたが、サラダ屋さんだったのですね。
    ブュッフェ的なものかと思っていましたが、システムも何も分からなかったので、試した事はありませんでしたが、指差しでいけるのなら次回は挑戦してみたいと思います。
    中でも『ヤムママータレー』、美味しそうですね。
    具材は玉ねぎ・キャベツ?・パクチー、そしてイカですかね。
    私はイカが好きなので、旅行中になかなか取れない野菜と一緒に食べられるので、一石二鳥ですね。
    私は辛いのが苦手なので、ぜひ『ピックヌーン』で注文してみたいと思います。

    • pattayan night より:

      ヤムママータレーは、おすすめです。屋台でも食堂でも「ヤムママータレー」と注文すれば、オーソドックスなヤムママータレーを作ってくれます。エビとイカ入りですね。屋台で追加の具材を入れるなら、指差しで追加注文しましょう。豚のミンチ肉も入れるとおいしいかもしれません。
      野菜は、たまねぎと青ネギみたいなやつとトマトが多いですね。
      辛くしない場合は、プリックヌン(唐辛子一本だけ)と数を指定するのもいいですね。基本、辛いです。

アドステア

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

Tree town pattaya (15)
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

徐々に開発が進んでいくTREE TOWN PATTAYA。

Airport club
2017年5月今週のウォーキングストリート訪問レポート。Dクラブ、エアポート、ウィンドミル、スカイフォールなどなど。

今週訪れたウォーキングストリートのゴーゴーバーの様子をまとめてレポート

→もっと見る

PAGE TOP ↑