*

ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 グルメレポート ,


たまに、屋台や市場で見かける謎の食材がある。

ヤムネーム (5)

見た目は、焼きおにぎり。

焦げ目もついてうまそうだ。
巨大なサーターアンダギーに見えなくもない。

これをどう料理するのか。

名前を聞くと、「ヤムネーム」という。

ヤム=あえる。転じてサラダのこと。

ネームは、生肉を発酵させたソーセージのことだな。

注文すると、屋台のおばさんが料理にかかる。

せっかく丸めた焼きおにぎりを分解してしまうではないか。
ああ、もったいない。

焼きおにぎりのように見えるが、実際に、これは米。
焼きおにぎりで間違っていない。

ヤムネーム (1)

あとは、野菜と焼きおにぎりを和えていく。

さらに、唐辛子をたっぷり入れられた。
あと、生姜も入っている。

この二つには要注意だ。
タイ人仕様に入れてしまうと、とんでもない辛さとなってしまう。

最後にピーナッツをふりかけて、完成

これが焼きおにぎりの成れの果て、ヤムネームだ。

ヤムネーム (2)

アップにしてみよう。

ヤムネーム (4)

ちゃんとご飯も入っているのが確認できるだろう。焼きおにぎりのおこげも入っている。

半透明でふにゃふにゃしつつも歯ごたえの食材が特徴的。独特の食感だ。
あとでタイ人に聞いてみると、豚の内皮(脂の部分)を湯煎したものだとか。なるほど、豚の皮ね。

前述のとおり、唐辛子と生姜の量が多くて、やたらと辛かった。
わたしは、あまりの辛さに完食できなかった。

が、辛さをほどほどに抑えれば、かりかりのおにぎりと柔らかいサラダと豚の皮がからまって、意外とおいしい。
ネームは生ハムソーセージだけあって多少臭みはあるものの、サラダにしてあるので、それほどしつこさはない。
辛くなければ、がつがつ食べられるおいしさ。

ソムタムタイに入っているピーナッツと同じように、ピーナッツが実にいいアクセントになるんだよねえ。

でも、やっぱり辛いや。

一人前50バーツ。
野菜も別の袋に入れて付いてくるよ。
キャベツもあるんで、これで辛さを中和させろってことでしょうかね。

ヤムネーム (3)

ちなみに同じ「ヤムネーム」という名前の料理もあるけど、それはまた別物。
ヤムウンセンのようなサラダに、ネーム(ソーセージ)を和えたものになる。
タイ料理の名称はけっこうテキトウなんで、テキトウに対処しよう。

焼きおにぎりは、「カオトート」と呼べばいいのかな。
とすると、このヤムネームだと、「ヤムネームカオトート」と言えば、通じやすいかも。
まあ、街中の屋台や市場で、焼きおにぎりを発見したら、「ヤムネーム」と注文するだけで問題なく通じます。
わたしは「ヤム」とだけ伝えて注文したくらいだし。

ちょっと変わったタイ料理のサラダを食べてみたい人は、ぜひ注文してみてね。

SPONSOR LINK

関連記事

ボンコットステーキ屋 (6)

ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

以前より気になっていたソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 ようやく行く機会があったので

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

コンビニの缶コーヒー (2)

タイの缶コーヒー11種類飲み比べ。ナンバーワンはDAOコーヒー。

コーヒーが好きだ。 カフェで飲む本格的なコーヒーもいい。 タイの屋台で売っている甘っ

記事を読む

ハーバーパタヤKFC (1)

ハーバーパタヤのKFCはお得。セット90バーツ、BOX99バーツ。あと十勝豚丼のチョコカレー。

タイの外資系ファストフードといえば、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)かマクドナルドだろう

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

tuktuk-noodle-soup-2

トゥクトゥク屋台のクイジャップユアンを年越しうどんがわりにした

年が明けても、年越しそばは食べられずじまい。 いや、関西人のわたしとしては、そばよりもうどんが

記事を読む

タマリンドシャーベット

タマリンド(マカームワーン)は、シャーベットにすると食べやすくておいしい。

タイはフルーツ天国。 市場に行けば、さまざまなフルーツが山盛りで売られている。 中には、

記事を読む

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-2

サードロードのタイ飯食堂は、上品な味付けでおすすめ。ガパオがうまい。

ふと立ち寄ったサードロードの食堂。 ローカル食堂なんだろうけど、雰囲気は明るくて、どこかおしゃ

記事を読む

chapayom-2

CHA PAYOM(チャーパヨム)はどれでも1杯25バーツのカフェ。抹茶ミルクがおすすめ。

タイ全土でフランチャイズ展開している路上カフェー店が、CHA PAYOMだ。 読み方は、たぶん

記事を読む

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)

99バーツのフィッシュ&チップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。

パタヤにあるフィッシュ・アンド・チップスの有名店を紹介したい。 たぶん正式な店名は、「EV

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Ratchada3 より:

    またかなりマニアな料理を食べましたねー。
    これだは、多分、
    ヤム ネーム クルック カーオ
    かなと思います。
    クルック カーオでご飯と混ぜ混ぜする、みたいな意味だと思います。

    • pattayan night より:

      なるほど、クルックカーオという呼び名もありますか。
      その後、タイ人にも聞いたんですが、やっぱり「ヤムネーム」としか答えてくれませんでした。
      ちょうど隣り合わせに、別々のヤムネーム屋台が出てまして、片方は焼きおにぎり、片方はヤムウンセンタイプ。それでも、どっちも「ヤムネーム」だと言ってました。「セームセーム」って笑ってました。もう区別するのはあきらめました。屋台を見れば、一目瞭然なんで。

  2. けんたろー より:

    どーも!

    本当に料理の名称っていい加減なんすよね
    多分一番ポピュラーな言い方はネームクルックだと思いますよ
    あの揚げお握りだけで食べてもメッチャ美味いっすw

    • pattayan night より:

      やはりクルックですか。
      料理名は、基本的に「材料名」と「調理方法」で構成されているんで、似たような名前ばっかりになってしまいます。

アドステア

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

→もっと見る

PAGE TOP ↑