*

ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 グルメレポート ,


たまに、屋台や市場で見かける謎の食材がある。

ヤムネーム (5)

見た目は、焼きおにぎり。

焦げ目もついてうまそうだ。
巨大なサーターアンダギーに見えなくもない。

これをどう料理するのか。

名前を聞くと、「ヤムネーム」という。

ヤム=あえる。転じてサラダのこと。

ネームは、生肉を発酵させたソーセージのことだな。

注文すると、屋台のおばさんが料理にかかる。

せっかく丸めた焼きおにぎりを分解してしまうではないか。
ああ、もったいない。

焼きおにぎりのように見えるが、実際に、これは米。
焼きおにぎりで間違っていない。

ヤムネーム (1)

あとは、野菜と焼きおにぎりを和えていく。

さらに、唐辛子をたっぷり入れられた。
あと、生姜も入っている。

この二つには要注意だ。
タイ人仕様に入れてしまうと、とんでもない辛さとなってしまう。

最後にピーナッツをふりかけて、完成

これが焼きおにぎりの成れの果て、ヤムネームだ。

ヤムネーム (2)

アップにしてみよう。

ヤムネーム (4)

ちゃんとご飯も入っているのが確認できるだろう。焼きおにぎりのおこげも入っている。

半透明でふにゃふにゃしつつも歯ごたえの食材が特徴的。独特の食感だ。
あとでタイ人に聞いてみると、豚の内皮(脂の部分)を湯煎したものだとか。なるほど、豚の皮ね。

前述のとおり、唐辛子と生姜の量が多くて、やたらと辛かった。
わたしは、あまりの辛さに完食できなかった。

が、辛さをほどほどに抑えれば、かりかりのおにぎりと柔らかいサラダと豚の皮がからまって、意外とおいしい。
ネームは生ハムソーセージだけあって多少臭みはあるものの、サラダにしてあるので、それほどしつこさはない。
辛くなければ、がつがつ食べられるおいしさ。

ソムタムタイに入っているピーナッツと同じように、ピーナッツが実にいいアクセントになるんだよねえ。

でも、やっぱり辛いや。

一人前50バーツ。
野菜も別の袋に入れて付いてくるよ。
キャベツもあるんで、これで辛さを中和させろってことでしょうかね。

ヤムネーム (3)

ちなみに同じ「ヤムネーム」という名前の料理もあるけど、それはまた別物。
ヤムウンセンのようなサラダに、ネーム(ソーセージ)を和えたものになる。
タイ料理の名称はけっこうテキトウなんで、テキトウに対処しよう。

焼きおにぎりは、「カオトート」と呼べばいいのかな。
とすると、このヤムネームだと、「ヤムネームカオトート」と言えば、通じやすいかも。
まあ、街中の屋台や市場で、焼きおにぎりを発見したら、「ヤムネーム」と注文するだけで問題なく通じます。
わたしは「ヤム」とだけ伝えて注文したくらいだし。

ちょっと変わったタイ料理のサラダを食べてみたい人は、ぜひ注文してみてね。

SPONSOR LINK

関連記事

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。 熱々のスープをビニール袋に入れてくれる

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

ポークチョップ (2)

サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

以前紹介したサードロードにある安く美味いステーキ屋、ガオライサイサーム。 ⇒ローカルだ

記事を読む

ウドンターニーのラーメン屋台 (1)

ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。

ウドンでうどんは以前ご紹介した。 今回はウドンでラーメンである。 それも、タイスタイルのラー

記事を読む

Third road bukkake rice venue (4)

カイトゥン(タイの茶碗蒸し)とぶっかけ飯@元土鍋ジョーク屋

以前、土鍋で食べるトムヤム味のジョーク屋と紹介したジョークプットモー。 サードロー

記事を読む

スパイシーチキンステーキ

サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

サードロードのノースパタヤ側には、郊外型の広めの店が多いが、パタヤカン寄りにはちょこちょこと小さ

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

パタヤタイバミーナム (2)

バミーギアオは、ワンタン入りバミーナム@パタヤタイソイ18

最近、ちょこちょこと夜食を取りに行っているのが、パタヤタイとサードロード交差点近くにあるバミー屋

記事を読む

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (2)

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

以前、ソイボンコットとパタヤタイの交差点にある10バーツ唐揚げ屋を紹介した。 唐揚げ好きにはお

記事を読む

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Ratchada3 より:

    またかなりマニアな料理を食べましたねー。
    これだは、多分、
    ヤム ネーム クルック カーオ
    かなと思います。
    クルック カーオでご飯と混ぜ混ぜする、みたいな意味だと思います。

    • pattayan night より:

      なるほど、クルックカーオという呼び名もありますか。
      その後、タイ人にも聞いたんですが、やっぱり「ヤムネーム」としか答えてくれませんでした。
      ちょうど隣り合わせに、別々のヤムネーム屋台が出てまして、片方は焼きおにぎり、片方はヤムウンセンタイプ。それでも、どっちも「ヤムネーム」だと言ってました。「セームセーム」って笑ってました。もう区別するのはあきらめました。屋台を見れば、一目瞭然なんで。

  2. けんたろー より:

    どーも!

    本当に料理の名称っていい加減なんすよね
    多分一番ポピュラーな言い方はネームクルックだと思いますよ
    あの揚げお握りだけで食べてもメッチャ美味いっすw

    • pattayan night より:

      やはりクルックですか。
      料理名は、基本的に「材料名」と「調理方法」で構成されているんで、似たような名前ばっかりになってしまいます。

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑