*

残り2泊はNと過ごすことに

公開日: : 最終更新日:2014/11/13 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 , ,

46日目

あと2泊でパタヤ沈没生活も終わり。そろそろ部屋の片付けを始めねば。
まずは買い置きしてある食料やドリンクを処理してしまおう。
コンビニでついついお菓子やカップラーメンやビールを購入してしまうので、無駄にたまってしまうのだ。

というわけで朝食兼昼飯はカップラーメン。
インスタントラーメン

 

美人姉妹のバーへ

バーを切り盛りしている美人姉妹の妹からひさびさに連絡が入る。
しばらく実家に帰っていたが、今パタヤへ戻ってきたとのこと。

今日と明日はNはペイバーするから、妹に会えるのは今がラストチャンスだな。
というわけで、ブラブラとテパシット方面へ向かう。
幸いなことに曇り空。あまり暑くない。
ソンテウと徒歩で姉妹のバーへ突撃訪問。
それにしても辺鄙な場所にあるなあ。

REGIONAL LAND
リージョナルランド

無事に再会。
笑顔で妹が出迎えてくれた。
さすがに喉が渇いたのでコーラ。
姉妹にはビールをおごる。

ちょっと遅めの昼飯をご馳走してもらった。
ソムタムとか魚の干物とか典型的なタイの昼食。
ソムタムはちゃんとカニ抜きを買ってきてくれた。

 

飯を食べていると、Nからメッセージが届く。

早くバーへ迎えにきて~

今忙しい。ちょっと待って。

待てない。バーにいたくない。

忙しい。1時間後に行くから。

なんとか納得してもらった。
難しい女だ。

 

さて、妹は自家用車を持っていて、しきりに出かけようと誘ってくる。
パタヤ郊外にお寺があるからタンブン、タンブンと。
行きたいのはやまやまだが、Nとの約束があるので、それとなく断る。
プーイン(女)でしょ?」と妹はいぶかる。

まがう事なき正解なのだが、これまた適当に言い訳。
今度パタヤに来たときは遊びに行こうと約束して、バイバイ。
とりあえず、次回へは何とかつなげれた、かな。

 

Nをペイバー

いそいで、Nのバービアを目指す。
Nは飄々とした顔で待っていてくれた。

きゃ~来てくれた~イヤッホ~

と黄色い喚声を上げながら飛びついてくるなんて情熱的な部分は一切無し。
ちょっとドライな今時の女の子なのである。

すぐにペイバーして連れ出そうとしたのだが、まだ早いと言う。
どっちなんだ?
バーにいたくないんじゃなかったのか?
相変わらずよくわからんじゃじゃ馬娘だ。

ここでもコーラを飲みながら、だらだら過ごす。
早くも小腹が空いてきたので、軽い食事。

 

パットママームゥ

パットママー

インスタント麺(ママー)を使った焼きそば。豚肉入り。
炒めもの屋台では、たいてい扱っている。
味はいたってシンプル。
名前は知らないが、ケールのような野菜がたっぷり入っている。
40バーツ。

Nは自腹でソムタムとカオニャオを食べていた。

 

近くのバーでF1を観戦していたら、ずるずると9時半になってしまった。
レース終了後、さくっとNをペイバー。
宿への帰り道、Nはまたしてもクイッティアオを所望。
とにかく、毎日毎日クィッティアオだ。
恒例のナムトック。
二人で80バーツ。
今日は一日中麺類ばっかり食べているなあ。

 

部屋に帰ってからも、だらだら過ごす。

12時すぎに、またしてもNが空腹を主張。
おそるべき食欲。
近所のコンビニでママーを買ってきていた。

ようやく満足したのか、Nはシャワーも浴びずにそのまま就寝体勢。
服くらい着替えろと、無理やりTシャツと短パンを着させる。
ぶーぶー言いながらNは着替えると、やっぱりそのまま寝てしまう。
まだ体調が良くないようだが、やはり単純に食べ過ぎのような…

 

あれま、結局、一発もせずに寝てしまった。
まあ、いいか。

 


関連記事

crazy house

ウォーキングストリートの格安屋台群とCRAZY HOUSE

21日目 昼飯はから揚げ(ガイトート)とカオニャオ、それとおかず屋台でラーブ。 これで計45

記事を読む

ウドンセントラル2

ウドンタニーで1泊。もちろんバービアめぐり。

29日目つづき 【再びウドンタニーへ】   無事にタイ再入国を済ませ、ウ

記事を読む

ACTIONSTREET看板

二日酔いの日は、まったりとバービアめぐり

38日目 パーティから一夜明け、すっかり二日酔い。 英語で言うなら、HANG OVER。

記事を読む

BOOM BOOM BAR

ブッカオのバービア群、アクションストリートとブルーラトゥリー

33日目 夜、外出。 ブッカオのパタヤタイ近くにある、いつもの屋台へ(参考記事)。 晩飯は

記事を読む

THE SEA

ウォーキングのゴーゴーバー「THE SEA」と、いつものバービアめぐり

14日目 昼ごろから145センチのバービア嬢Bと懲りずにメッセージのやり取り。 &nbs

記事を読む

バービア姉さんたち

バービア沈没ファランスタイル

20日目 一晩中エアコンを付けっぱなしで寝ていたせいか、喉が荒れ気味だ。少し調子が悪い。 無

記事を読む

クイジャップ3

ガパオプラームック、クイジャップ、大雨

35日目 早朝まで日本代表戦を見ていたので、起床は昼過ぎ。 曇り空であまり暑くない。

記事を読む

パラダイス

屋台、ゴーゴーバー、バービア

7日目 一夜をともにしたSを宿の下まで送っていく。 タイ語で、 「パイ・ソーン・カンラーン

記事を読む

エアアジアパタヤ初日 017

初日はクーデター

1日目 ほぼ3ヶ月ぶりのパタヤ訪問。 今回は2ヶ月弱の滞在予定だ。 貧乏旅行者御用

記事を読む

日本料理屋2

飯、ネット、散歩、バービア。ありふれたパタヤの一日

17日目 【マクドナルドのwifi】 昼過ぎからアヴェニューにあるマックへ行き、昼食

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑