*

2015年5月~6月パタヤ1ヶ月沈没生活終了。当初予算と実際の出費についてのまとめ。

公開日: : 2015年5月~6月パタヤ沈没日記

29泊30日。ほぼ1ヶ月のパタヤ沈没生活。
毎度恒例、滞在費や飲み代に関しての実際の費用についてのまとめです。

1ヶ月の予算は15万円と決めている。
これは基本ラインで、特例をつくって上限突破させるとキリがないため、何とか死守をしたいところだ。

日本とタイの往復航空券は、エアアジアのプロモーションで約2万円。
これは、滞在費予算とは別枠。

15万円で、タイ国内の宿泊費、食事代、飲み代、雑費、夜遊び代などをすべてまかなうつもりだった。

TTカレンシー両替レート

今回のタイ到着時のレートは、1万円=2760バーツ。
その後、少し悪くなったが、概ね2700前後だった。
よって、1B=3.7円で換算する。

15万円なら、40,950バーツとなる。

当初の予算配分は以下のように考えていた。

宿代:11,000バーツ。
食費と生活必需品:5000バーツ。
飲み代:12,000バーツ。
夜遊び代(ペイバー・チップ):12,000
交通費:1000バーツ。
通信費:500バーツ。

合計:41,500バーツ

まあ、こんなものだろうと。
飲み代と夜遊び代で調整すればいいかなと。

バービアでのペイバーがざっと6,7回くらいと想定していた。

で、蓋をあけてみれば、まさかのコヨーテさん一穴主義の結果に。
大きく予定が変わってしまった。

はじめのうちは、バーファインも払わずにすむしチップも最小限でいいから、安上がりですむと思っていた。

が、前回のエントリーでも少し触れたけれども、実は、予算オーバーという結果に終わってしまった。

パタヤ滞在30日の大まかな出費一覧

要所要所でメモは取っていたが、細かい出費明細は残っていません。
以下、かなりアバウトな内訳となりますが、総トータルでは間違いない数字です。

しかも、今回は二人で過ごした時間が長くて、出費の分類が難しい。
ざっくり、一人の時と二人の時で分けています。

宿代:11,000バーツ

いつもの宿をマンスリーで借りた。ハイシーズンは高くなるが、ローシーズンはこんなもの。30日で割れば、一日あたり367バーツ。電気水道Wi-Fi込み。
ちなみに、グレードを下げれば、一ヶ月8000バーツや9000バーツくらいの部屋もあります。ローシーズン真っ盛りなんで、どこの宿も投げ売り状態。

自分一人の時の食費など:3000バーツ

一人で食事した時の食事代と、おやつ、飲み物代など。
朝食が15バーツから20バーツほど。晩飯はほぼ一人だったが、昼食は二人で食べることが多く、別枠に計上。
すべて一人で食べるなら、おやつや牛乳代も合わせて、一日150バーツあれば、充分足りる。
予定通りならば、食費と雑費で5000バーツもあれば、問題なく生活できたはず。

自分一人の時の交通費:1000バーツ

空港パタヤ間のバスや一人で乗るソンテウなど。
実際はもっと少ないと思う。コヨーテさんと乗ったバイタク・ソンテウ代は別枠。

新規スマートフォン代金:1900バーツ

旧スマフォが役立たずになってきたため仕方なく購入。本体1800バーツにカバーが100バーツ。

通信費:600バーツ

データ通信使い放題プランやトップアップなど。

飲み代:12,000バーツ

バービアとゴーゴーバーでの飲み代。たまに奢ったレディドリンク代も含むが、コヨーテさんへのヘルプ以外では、たぶん5杯くらいしか奢っていないような気がする。

コヨーテさんへの現金支給:10,000バーツ

バイタク代、お小遣い、補助金、バーファインなど。現金の形で手渡したもの。

コヨーテさんのちょっとした買い物代など:1500バーツ

洋服、水着、薬、化粧品など、買い物につきあって、わたしが会計を払ったもの。

コヨーテさんとのデート・食費代・交通費:3000バーツ

二人での食事代、映画代、二人で乗ったバイタクやソンテウ代など。

 

以上

計:44,000バーツ

162,500円

 

スマフォは、いわば臨時出費。1年か2年はもたせるつもりなんで、償却期間を考えると、それほどの額ではない。
そのスマフォ代を差っ引いても、42,100バーツと予算オーバー。

最後の別れ際にコヨーテさんに餞別をあげなければ、ぎりぎり予算内に収まった。

が、いくら予算オーバーだからといって、さすがに手ぶらで帰すわけにはいかない。
家族へ仕送りするために田舎から出稼ぎに来ている20歳そこそこの女性に対して、それはできない。女性側からの直接的な請求がなくとも、わたしには無理だ。
おそらく、わたしと一緒に過ごすことで収入はダウンしているはず。内心では、ある程度の経済支援も期待しているに違いない。
最後の最後くらい、せめて気持ちだけでも渡さないと、どうにも落ち着かない。

よって、予算オーバーも致し方なし。

感想と反省

いわゆる夜遊びに限定して、ペイバー+チップという枠内だけでいえば、ものすごく安上がり。
コヨーテ嬢とロングでほぼ毎日過ごしたようなものなので、普通なら数万バーツか、へたすると10万バーツくらいかかったに違いない。
(月単位の超ロングペイバーなら囲ってしまうのが一般的かもしれませんが。)

それが現金支給の形では1万バーツほどだった。
確かに安い。バカラのロング2回分だ。

が、チップとしては安上がりだけど、二人分の食費や交通費やデート代など、とにかく出費がかさむ。

たとえ屋台の食事だとしても、二人分だとけっこうバカにならない。

屋台一品ですむわけではない。
フルーツ、ドリンク、お菓子なども二人分かかる。
他にも生活用具が必要だ。石鹸、シャンプー、など。
シャンプーなんてあっという間になくなる。タイ人、シャンプーの分量多すぎでしょ。

KFCセントラル店 (1)

KFCが食べたいと言われれば、連れて行ってあげる。
ムーガタが食べたいと言う。シャブシが食べたいと言う。
あれやこれやと食費が膨らむ。
それでも、ウォーキングストリートにあるような高いシーフード店などを所望しないだけマシかな。

また、とにかく交通費がバカにならない。

ソンテウでどこかへ出かけるのに、片道二人分で20バーツ、往復なら40バーツ。それが一日2回あれば、80バーツ。
わたし一人なら徒歩で移動できる距離でもソンテウを利用する機会が増えてしまった。
また、ソンテウと徒歩で行ける場所でも、当然のようにバイタク利用なんで、どんどん費用がかさむ。

アパートへ一緒に行くと二人分で片道80バーツとか100バーツ。
さらに職場へ向かうバイタクでさらに80バーツとか100バーツ。
ほんと、バカにならない。

それに加えて、コヨーテさんがわたしの部屋を行き来するバイタク代も支給してあげないといけない。
これが大きい。一日100バーツが20日ほど。2000バーツ。

コヨーテさん関連の交通費だけで、4000バーツ以上かかっているはずだ。

かりにバイクをレンタルすると、一日100バーツで月3000バーツ。ガソリン代がかかるとしても、安上がりだ。
次回、もし同じような滞在スタイルを取るなら、レンタルバイクは必須のような気がする。

飲み代に関しては、予定通り。
だいたい一日400バーツくらい使う計算。ビールが平均70バーツとして5本くらい。
あと、たまにレディドリンクをおごるくらいなんで、1日平均400バーツあれば足りる。
友人に奢ってもらったり、ファランのリンガベル攻撃でほとんど使わない日もあった。

バービア飲み歩きをやめれば、予算的に余裕が出ることは明白。
でも、こればっかりは、どんなに特定の相手がいてもやめられない。

これまでの夜遊びスタイルとの比較

これまでのように、数日に1回、バービアでペイバーする場合のほうが安上がりだ。
少なくとも、予算の配分通りに計算することはできる。

夜12時くらいにペイバーするとしよう。
バーファイン300バーツ。
コンビニで一緒に買い物することもあるが、せいぜい、歯ブラシとドリンクとお菓子くらいのもの。100バーツもしない。
で、チップはロングで1500。たまに2000渡すこともあるけど、1500のケースが多い。
翌日の昼間、食堂で一緒に食事しても100バーツあれば足りる。
それ以上の出費はない。

レディドリンク代を合わせても、レディ一人あたり2000バーツほどの出費。

過去の例でいうと、30日間で7回くらいなんで、14,000バーツ。

仲良くなったバービア嬢は、仕事終わりに直接部屋へ来てもらうケースがあり、バーファイン代がかからないことも多い。こういった子は、ロングで1000バーツでオッケーだったりする。
そうなれば、単価は安くなる。
一ヶ月の夜遊び代を12,000バーツほどで収めるのは充分に可能。
本音はもうちょっと遊びたいけれど、自分で額をコントロールできることは確か。

が、一人の女性とずっと付き合っていると、なかなかコントロールするのが難しいとわかった。

わたし一人だと平気で我慢できたり節約できることが、二人だと厳しい。
100バーツ程度のサンダルや洋服をおねだりされたら、無碍に断れない。
頭が痛いからと薬がほしいと言われたら、買って上げるしかない。
歩いていける距離でもソンテウやバイタクに乗ってしまう。

そうした日々のちょっとした出費の積み重ねが、一ヶ月分となると、バービアでのペイバー数回分に膨れ上がってしまうのだ。

ある程度わかっていたことだけど、ここまでカネがかかるとは、ちょっと意外だった。見通しが甘かった。

ただし、今回はほぼ毎日のように会っていたので、ブンブンの回数は多かった。
総支出から一発あたりの単価を割り出すと、たぶん安くなっているはずだ。

 

まあ、確かに予算はオーバーしてしまった。いい経験になった。

が、金銭的肉体的よりも、精神的に満足できた滞在となった。
それが何よりも大きい収穫だ。

過去のパタヤ滞在費用などはこちらを参考にしてください。

関連記事:パタヤ1ヶ月滞在の生活費と夜遊び代のまとめ。2014年9月から10月編
関連記事:沈没生活まとめ。パタヤ一ヵ月半の滞在費と夜遊び代(2014年5月)
関連記事:2015年1月~3月パタヤ50日夜遊び生活終了。滞在費と夜遊び代のまとめ。


関連記事

センターン映画館

コヨーテ嬢とセンターンで映画デート。結末やいかに。

20日目 起床は昼過ぎ。 酷暑期のパタヤにしては珍しく、しとしとと雨が降っている。 昨

記事を読む

ジョムティエンのバービア (3)

ジョムティエンの巨大バービア群でまったり遊ぶ。イングランドとイサーンの融合を見よ。

18日目 起床後。 コヨーテさんがフルーツを食べたいと言う。 昨晩、マンゴスチンとマンゴー

記事を読む

TTカレンシーレート

バンコクより友人来たる。円安が直撃するタイ生活と夜遊び。

14日目 深夜にやって来たコヨーテ嬢と二人寝。 またしても、昼過ぎまでダラダラと寝てしまう。

記事を読む

ソイチャイヤプーン入り口のカオカームー屋台2

本日の食費は70バーツ。ブッカオ市場のぶっかけ飯と屋台のカオカームー。

10日目 最後までパタヤに残っていた友人も無事に帰国への途についた。 これで、またパ

記事を読む

デスティニー (2)

嬢への家賃補助とLKメトロのデスティニー

16日目 パタヤ沈没後半戦突入。 ベッドでは相変わらずコヨーテさんが熟睡中だ。 後半もこの

記事を読む

しゅうまい屋台

パットプリックゲーンと焼売。浮気心がうずくも、やっぱりコヨーテ嬢と眠る。

23日目 例によって泊まりに来たコヨーテさんの起床は正午をぶっちぎり、午後3時。 もうおやつ

記事を読む

食事

滞在ラスト2日前に最後のブンブン。あとは最後の挨拶まわり。

28日目 一人の朝食 起床。 パタヤ滞在残り2日。 あさっての午前中にはパタヤからドンムアン

記事を読む

ソイ6

ソイ6、ノースパタヤとナックルアのバービア捜索。最後はコヨーテ嬢が部屋へ。

5日目夜の部 ソイ6 パタヤカンでの食事後、ソイ6へ。 一人でソイ6を調査する。 時刻は

記事を読む

から揚げ棒とコーン

ソイボンコットのクィティアオと、屋台の唐揚げ&とうもろこし。

8日目 昼飯ソイボンコットのクィティアオナムトック 炎天下の暑い最中、ソイボンコットへ。 恒例

記事を読む

エアアジア機体ドンムアン空港

さらばパタヤ、さらばコヨーテ嬢。また会う日まで。

30日目最終日 パタヤ最終日の朝 本日がパタヤ滞在30日目。 帰国の日だ。 予定通り、朝

記事を読む

アドステア

Comment

  1. タク より:

    赤字の理由よく分かりました。 ありがとうございます!

    レンタルバイクですが~
    これを借りると制約が発生しますよ
    飲酒運転の危険性から云ってどちらかが
    バービァのゴールデンタイムに酔えなくなります。
    コヨーテさんは仕事の為に飲まざるをえないので・・・・
    pattayan nightさん それこそ一穴主義に徹してバービァ廻り 辞めます? (笑)
    程々で済むのなら それで越したことはないのですが・・・
    でもまぁ彼女の立場から言ってもpattayan nightさんが飲み歩かないっていうのは大きいと思います。
    また何かの原因でコヨーテさんがキレても
    このカードは有効ですよー

    • pattayan night より:

      バービア飲み歩きをやめるつもりはないんで、深夜仕事終わりにバイクで迎えに行くのは無理ですね。
      ただ、バイクを借りると、昼間のバイタク代や移動代がかなり浮くんで、たぶん借りると思いますが。
      まあ、わたしが毎晩飲み歩いているのは、別に問題ないみたいなんで、バービアめぐりは続行です。

  2. タカダース軍曹 より:

    初めまして、何時も有益な情報をありがとうございます。上手く計画的に過ごされていて、感心しています。5年ほど前から月単位でバイク、パタヤ、ラヨーンなどのサービスアパートメントに滞在する。50代のセミリタイアおっさんです。一昨年はリタイヤメントビザを取得して、昨年も3ヶ月滞在しましたが、今年はヤボ用続きで8日間しか行けてません。トホホー宜しくお願いいたします。

    • pattayan night より:

      はじめまして。ご愛読ありがとうございます。
      リタイアメントビザ取得でのセミリタイア、羨ましいです。
      また早くパタヤに長期滞在できるといいですね。

  3. パタヤ15回目です。 より:

    こんばんは。

    毎回、拝見させていただいてます。
    1ヶ月の滞在、とても羨ましい限りです。

    私は毎回短期で長くて3泊4日、大抵は
    2泊3日、最短は1泊3日も経験済みです。

    かなりの節約家で、私も見習いたいと
    思っております。
    私は毎回、散財しまくりですので。

    さて、お聞きしたいことがあり書き込み
    させて頂いております。
    初めての書き込みでクレクレくんで
    申し訳ございませんが、分かる範囲で
    教えて頂ければ幸いです。

    お聞きしたいのは、コヨーテさんの
    生活費は月どれくらいなのでしょうか。

    とあることで知り合った女性に送金を
    考えているのですが、どれぐらいが妥当
    なのかなと思いまして。
    職業はホテルのフロントをしてました。
    現在は無職みたいで。

    5月、6月に会った際に15,000Bづつ
    渡しました。
    今月も同額渡すつもりですが、、、

    お手数ですが、アドバイス頂ければ、幸いです。

    • pattayan night より:

      パタヤ15回目さん、いつもご愛読ありがとうございます。
      わたしは長期滞在なんで仕方なく節約しております。短期滞在の場合は、お金より時間が大切なんで、あまり細かいカネは気にしないほうが楽しいと思いますよ。

      さて、質問の件ですが、ちょっと考えてみました。
      一般的に、パタヤでのタイ人一人の生活費としては、1万バーツくらいでしょうね。家賃や食費や雑費だけならそんなもんです。アパートで共同生活しているなら、もっと安くなります。
      問題は、家族への仕送りや、バイクのローン等の借金です。これらを払うために、夜の仕事に従事しているわけです。

      とある女性さんは、前職がホテルのレセプションということですので、おそらく給料が1万バーツ前後だったでしょう。せいぜい1万2千バーツくらいかな。
      その額で問題なく生活できていたのなら、一ヶ月の生活費としてのお手当は1万5千バーツで充分だと思います。
      ただ、家族への仕送りやローンがあるなら、足りないでしょうね。

      すいません、この辺りはあまり詳しくないんで、軽く参考程度にしておいてください。

      • パタヤ15回目です。 より:

        お世話様でございます。
        アドバイス、ありがとうございます。

        大変参考になりました。
        ご察しの通り、家族への仕送りと
        バイクのローンがあるみたいです。

        いい子なので仕事を見つけるまでの
        ヘルプですが、私がお金を渡してる
        この2ヶ月、働いてないです(笑)。

        今週末に会ったときに話し合うことに
        なってるので、期限を決めてこようと
        思います。
        甘やかす事は、彼女に一番の悪いと
        思うので。

        本当に助かりましたm(_ _)m

        • pattayan night より:

          いえいえ、こちらこそ。
          きちんと話し合ったほうがいいですね。次々から次へと要求がエスカレートする心配もありますんで。
          わたしもちょっと気になりますんで、もしよろしければ、話し合いの結果などを「お問い合わせ」欄からメッセージいただければ幸いです。

  4. ちゃいまい より:

    いつも色々な情報ありがとうございます、自分はこの最後の報告が一番好きです、今回は一穴主義を通した所が凄かったです!過ごさずおえなかったのかな?ちょっと予算オーバーが素敵ですよ\(^_^)(^_^)/ 次回も凄く楽しみにしてます、いつかパタヤで、、、
    パタヤ~パタヤ♪

    • pattayan night より:

      まさかの一穴主義に自分でもびっくりしています。遊ぼうと思えば遊べたんですけどね。不思議なもんです。
      次回は、どうなることやら。自分のことなんですが、他人ごとのように楽しみにしています。

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑