パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

タイのコンビニ・スーパーでのレジ袋禁止から1週間経過。実態は?

投稿日:

2020年1月1日より、タイの主だった小売店でビニールのレジ袋が提供禁止となった。

ビッグCビニール袋禁止エコバッグ (1)

セブンイレブン、ファミリーマート、ビッグCなど主要小売店が実施しており、影響はかなり大きい。

関連記事:タイの小売店、スーパー、コンビニなどでビニール袋提供禁止へ。2020年1月1日から。

日本人の間ではネットや口コチやSNSで情報共有されていて、面倒くさいなあという声も多いが、エコバッグを持っていけば済む話とわりと柔軟に受け入れられている印象。
長期滞在者っぽい欧米人は母国では当たり前の習慣のようで、普通にエコバッグを持ち歩いている。
わたしも外出時は常に小さなエコバッグないし昔もらったビニール袋をポケットに入れて行動している。
たしかに急な買い物では不便だけど、それはそれ。慣れればどうってことはない。

SPONSOR LINK



ビニール袋提供禁止の実態は?

Plastic Bag Banから一週間。
各店舗の様子を少しだけチェックしてみた。
はたしてビニール袋の提供禁止は守られているのか。

セブンイレブン

複数店舗訪れたが、小さなビニール袋に入れてくれる店がほとんど。
1月1日は、堂々とビニール袋をレジ台の上に置いていることもあったが、現在はレジ台の下に袋を隠しているような感じ。
必要な場合だけ下から取り出してくる。客側が何も言わなければ提供してない。

タイのレジ袋提供禁止 (2)

ただし袋にはセブンイレブンのロゴは入っていない。
おそらく、店側が客とのトラブル防止のため、独自の判断でビニール袋を用意しているように思う。

レコバッグ持参の客が多い。
わたしが訪れているのはローカルや外国人長期滞在者が多いエリア。きちんと情報が行き届いているようだ。

ウォーキングストリートやビーチロードなどの観光客が多いエリアのセブンイレブンは未訪問。
報道によれば、混乱を招いているようだ。(後述)

ファミリーマート

「マイミートゥンカー」と言われる。
袋はありません。

ビッグC mini

ビッグCのコンビニ版であるビッグCミニで買い物すると、ビニール袋は無し。
エコバッグが2.5バーツで売っていた。

タイのレジ袋提供禁止 (1)

ビッグCでは、ビニール袋自体は有料で提供可能な店もあるようだ。
ちなみに、Home Proでは、昨年度よりビニール袋が有料化されている。

フードランド

輸入品メインの老舗スーパーマーケットであるFOODLAND(フードランド)。
レジで「No Plastic Bag」とはっきり言われた。

その他の店は未訪問だが、表立ってはビニール袋提供禁止は行き届いているようだ。
小さなコンビニ店では便宜的に小さなビニール袋を独自に用意している。おそらく大きな袋はないだろうし、規則にのっとり完全に禁止している店も多い。

観光客とのトラブル

事前に懸念されていたとおり、観光客の多いエリアではトラブルが多発しているようだ。
おもに、英語が理解できない中国人とロシア人だ。
客が袋に入れろと主張するが、店員側は規則にのっとり拒否。きちんと理由をタイ語ないし英語で説明するが、客は理解不能。
客は怒って、商品の入ったカゴをレジに置いたまま、店を出てしまう。
残された商品を店員は商品棚に戻す仕事が増える。
そんなケースが頻発して、一日中対応に追われてしまう店員側からクレームが出ているそうだ。
予想通りの展開だ。

で、タイのセブンイレブンを運営するCP社の発表では、プーケットやパタヤといった観光エリアにおいて、レジ袋提供が認められたようだ。ただし、ビニールではなくて紙袋で。

ソース:The Pattaya News

まあ、そうなるよね。
とりわけ、ナイトライフやレジャーを満喫したい観光客がいちいちエコバッグが持ったまま昼間や夜通し行動するのは、あまりに面倒。
飲み歩くのにバッグは持ちたくないものだ。
酔った帰りにコンビニに寄って買い物したらレジ袋に入れてもらえない。しかもタイ語や英語で説明されても理解不能。で、切れる。

ちなみに、タイ人の間でも切れる客はいる。
どうしてもレジ袋をくれないことに怒ったタイ人が、バイクに乗って店内に乗り付け、購入した商品をヘルメットケースに詰め込む様子をビデオ撮影。そのビデオがSNSで拡散して、炎上。本人は謝罪した。

ソース:Pattaya One

まとめ

個人的には、今回のプラティックバッグバンには、賛成している。
そもそものきっかけは、ジュゴンが海洋投棄されたビニール袋のせいで死んでしまったとされることにある。
はたしてそれが本当かどうかは別の話だし、店側がビニール袋の提供をやめたからといって海洋投棄がなくなるわけではない。
が、タイでビニール袋の利用が多すぎるのもまた確か。
ゆっくりと減らしていくしかないが、今回のように思い切った策を打つのも一つの手だ。
大胆な方法ではあるが、大手小売店が足並みを揃えて行動に出たことに意味がある。
そのうちみんな慣れてくる。
わたしは一週間でもう慣れた。

短期観光客にとっては少々面倒は話ではあるが、昼も夜も出かける時は、ポケットに小さなエコバッグか以前もらったビニール袋をしのばせておけばいい。
ドリンクとお菓子くらいなら充分入る。
それで済む話だ。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.