パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ブレックファースト

Triple J Restaurantのイングリッシュブレックファースト99バーツ。揚げパン付き。

投稿日:

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム裏手に新しいレストランができている。
Triple J Restaurantという店名。
洋食がメイン。
店頭のブレックファーストののぼりに惹かれた。

Triple J restaurantのブレックファースト (17)

さっそく食べてみよう。

SPONSOR LINK



Triple J Restaurant

Triple J restaurantのブレックファースト (1)

こざっぱりとした店構え。
まだオープンして間がないようだ。

Triple J restaurantのブレックファースト (3)

店内は改築済みのようで綺麗。
店内禁煙だが、表の席では喫煙可能。

メニューは洋食メインに、タイ料理も揃っている。

洋食系
Triple J restaurantのブレックファースト (6)

Triple J restaurantのブレックファースト (7)

Triple J restaurantのブレックファースト (8)

Triple J restaurantのブレックファースト (9)

179バーツの料理が多い。
ハンバーガーがおいしそう。

タイ料理
Triple J restaurantのブレックファースト (10)

Triple J restaurantのブレックファースト (11)

タイ料理は一皿99バーツとそこそこするが、この手の洋食レストランではそんなもの。

ドリンク
Triple J restaurantのブレックファースト (12)

水が25バーツ、コーラが35バーツ。
瓶ビールがどれでも69バーツ。

また、お得な日替わりメニューもある。

Triple J restaurantのブレックファースト (16)

通常199バーツのフィッシュアンドチップスが、159バーツ。

Boom breakfast

99バーツのブームブレックファーストをオーダー。

Triple J restaurantのブレックファースト (4)

見本写真にはブラックプディングらしきものがあるが、実際には含まれていない。メニューの説明にも記載なし。

コーヒーor紅茶、オレンジジュース付き。

Triple J restaurantのブレックファースト (5)

コーヒーはインスタントっぽい味。オレンジジュースも味薄め。

遅れて本体の到着。

Triple J restaurantのブレックファースト (13)

ソーセージ2本、ベーコン2枚、卵2個、焼きトマト、ポテト、豆、トーストに揚げパン。
なかなかの迫力だ。

ソーセージはヨーロッパ風味のもので少しだけ臭みがあるがおいしい。
ベーコンは脂身の少ない部位だけど、ちょっと焼きすぎ。

Triple J restaurantのブレックファースト (15)

目玉焼きと豆とトマトは論評不要。
フライドポテトの焼き加減が上出来。

トーストは山切りカットのものが1枚分。バターは塗ってくれてある。

そして何より揚げパン付きである。
油で食パンを揚げたもの。Fried Breadである。
一口噛めば、口の中に油がじゅわっと流れて出てくる。
これぞイングリッシュブレックファーストの醍醐味。
うーん、体に悪そう。

あとはブラックプディングがあれば完璧だった。
まあ、別にブラックプディングはいらないんだけど、あったらあったで嬉しいじゃないか。

Triple J restaurantのブレックファースト (14)

ブラックプディング有る無しをのぞけば、Retoxやi-roversのブレックファーストとほぼ同じ内容。

retox-breakfast

関連記事:RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり
(Retoxは一部業態が変わったためブレックファーストをまだやっているかは定かではない)

i-rovers-breakfast-3

関連記事:ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

イングリッシュブレックファーストの王道だ。
味も似たようなもの。

通常トーストの量が少なめだが、このワンプレートでしっかりお腹は膨れる。
というか満腹必至。
そして、揚げパンに胸焼け必至。

SPONSOR LINK

地図と営業時間

地図

IT MALLのTUKCOM(トゥッコム)の裏手あたり。
隣は、マッサージ屋。

営業時間は、午前8時から午後9時。

この並びには、コース料理を出すようなヨーロッパ料理の店が多い。
フランス料理コースが格安で食べられたりもする。

Triple J restaurantのブレックファースト (2)

以前、サンデーローストで紹介したDeli Dinerもすぐ近く。

関連記事:Deli Diner レストランのサンデーローストチキン 99バーツ

このDeli Dinerでもコース料理をやっている。

また、このあたりのマッサージは男性マッサージ師がほとんど。
いろいろと香ばしい部分もあるが、興味がある人はどうぞ。

まとめ

100バーツ以下で食べられるパタヤのブレックファーストとしては上位ランクに入るだろう。
味もボリュームもそこそこあって、この価格。さすがパタヤだと思わせてくれる。
店は混んでおらず、のんびりもできる。

ただ、ソイブッカオ界隈に滞在しているなら、わざわざパタヤタイまで出向く必要はないかと。
先に紹介したRetoxやi-roverと中身はほぼ同じ。

Hungry Hippoのプロモーションブレックファーストも満腹になれる。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (16)

関連記事:ソイブッカオの新ファラン飯屋、HUNGRY HIPPO(ハングリーヒポ)

もしくは、Cheap Charleyのブレックファーストでもいい。

cheap charly's チープチャーリー (11)

関連記事:新規オープンのCHEAP CHARLY'Sのブレックファーストが安くてボリューム満点

いずれも揚げパン付き。

トリプルJは、パタヤタイ方面に滞在してたり、トゥッコムに用事があるなら、寄ってみてもいいかも。
食べても損はまったくしないレベルなんで。
ブレックファーストは一日中提供。
昼過ぎに訪れてもブレックファーストが食べられる。

SPONSOR LINK

-ブレックファースト

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.