パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

オークパンサー禁酒日夜のパタヤ、LKメトロとウォーキングストリート

投稿日:

昨日10月13日は、オークパンサーと呼ばれる仏教の日。
禁酒日に指定されていた。
よって、バーは13日0時から23時59分までアルコール提供禁止のためクローズとなる。
日付が変われば営業可能。
オープンさせるかは店次第。

実際の流れはここ数年変わっていないが、なにせタイ・パタヤのこと。
直前にならないとはっきりしない。
そもそもオークパンサーが禁酒日となり、バーのクローズが決定したのもわりと直前になってからのことだ。バーの経営者たちは当局からの通達をずっと待っている状態だった。

さて、今回の禁酒日はどうだったか?

SPONSOR LINK



LKメトロ

禁酒日前夜は、ドールズ、オフィス、シャンペーンがクローズ。二日連続の休みにするようだ。
他の店は営業していた。

禁酒日当日の夜は、すべてのゴーゴーがクローズ。

禁酒日のパタヤの夜 (1)

LKメトロ内では、一部のバービアのみ営業していた。

禁酒日のパタヤの夜 (2)

禁酒日のLKメトロはほぼ毎回全滅状態なので期待はできない。

ウォーキングストリート

禁酒日前夜は訪れていないため不明。
おそらくは午前0時から1時のあいだに順次閉店となったはず

禁酒日当日は、深夜1時頃に訪れてみたが、人通りはいつもより少なめ。

禁酒日のパタヤの夜 ウォーキングストリート

それでも、ネオンサインは煌々とひかり、ミュージックライブバーからは生バンドの演奏が聞こえてくる。

事前の予想どおり、ハッピーグループとシャークグループはすべて営業。
ハッピー、バカラ、ペパーミント、シャーク、ブリス、ライトハウス、ファーレンハイト、パレス。
おそらく午後11時頃にソフトドリンクの提供のみでオープンしたことと思う。
0時をもってアルコール解禁となる。

ソイ15ではワッツアップとミスティーズのみオープン。ほかはクローズ。

ソイダイアモンドは、全滅状態。

禁酒日のパタヤの夜 (6)

エンジェルもニューバットもクローズ。

禁酒日のパタヤの夜 (5)

意外なことにウィンドミルも営業していなかった。

ピンナップ、タントラなどは営業。
スカイフォールも営業。

ソイBJのワイルドキャットも営業。

ちなみに、ソイBJの屋台はいつの間にか復活していた。

禁酒日のパタヤの夜 (4)

パッタイ屋も出ている。

ハッピーグループとシャークグループに加えて、ピンナップあたりが営業していれば、ウォーキングストリートとしては格好がつく。
普通に遊べるはずだ。

ちなみにバービアは、各バービア群によって多少ばらつきがあるものの、半分から3分の1ほどの店が営業していたと思う。
こちらも普段に比べると寂しいが、なんとか遊ぶことができたはずだ。

まとめ

というわけで、普段どおりの禁酒日のパタヤとなった。
選択肢は大きく狭まるし、遊べる時間も大幅に短縮されるが、なんとか遊ぶことはできるというレベル。
でも、事前に禁酒日とわかっているなら、なるべく避けるのがいい。
ちなみに、今年2019年の禁酒日はこれで終了。
来年2020年の最初の禁酒日は、2月9日の予定。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.