パタヤ近況

パタヤでロシアルーブルの両替が再開、いまだにタイにやって来るロシア人たち

投稿日:

ウクライナ情勢は、タイに滞在しているロシア人やウクライナ人に大きな影響を与えている。
ロシア航空会社の国際線停止により帰国できなくなり、クレジットカードは停止され、国際送金もストップした。
パタヤの有名両替所であるTTカレンシーでロシアルーブルのレートがゼロになったとお伝えしたのは3月1日のこと。
レート表示は0.000となり、両替不可の告知だ。

関連記事:パタヤの両替所でロシアルーブルの価値が0に

数日前には日本のテレビ局がパタヤを訪れて、パタヤでのルーブル両替不可問題をようやく取材していた。情報が2週間も遅い。
すでに事態は変わっている。

広告



TTカレンシーでロシアルーブル両替再開

本日3月16日、パタヤビーチロードはいい天気だ。暑い。

TTカレンシーの両替レートをのぞいてみる。

おっと、RUBのレート表示が復活している。1ルーブル=0.300だ。

ついにロシアルーブルの両替を再開した。

グーグル検索によるロシアルーブル両替レートは、1ルーブル=031バーツ。
ウクライナ侵攻前日のレートは0.4だった。

パタヤのTTカレンシーはわりと良心的なレートでルーブルの両替を再開したといえる。

ちなみに、日本円は、1円=0.2800
1万円を両替すると、2,800バーツちょうどとなる。

現在パタヤにどれだけのロシア人観光客が滞在しているかは不明だ。
タイ全体では5,000人以上いるとのこと。
プーケットに3,100人、サムイ島に2,000人、その他にクラビ、パンガー、バンコクにもいる。
パタヤビーチ周辺にはもともとロシア人観光客はそれほど多くない。大半のロシア人観光客はジョムティエンやプラタムナック方面に滞在する。
観光協会の話では、パタヤに残っているロシア人の多くはこっちで仕事をしていたり、家族がいる在住者とのこと。
当然タイで銀行口座を持っているだろうし、ルーブル以外の外貨での資産を有しているはず。
たとえルーブル両替不可であっても、在住者にはそこまで大きな影響はないのかもしれない。
少数ながらもパタヤにはロシア人観光客も残っているはずで、彼らにとってはルーブルの両替再開は大きなメリット。
タイバーツの現金が手に入る。
暴落前から30%下落しているとはいえ、ルーブルは紙くずではなくなった。
この先、本当に紙くずになる可能性も大いにあるわけで、両替所としても大きな賭けといえそう。

タイに足止めされたロシア人とウクライナ人

帰国できなくなり、タイに足止めされたロシア人とウクライナ人のためのコールセンターがプーケットに設置された。先週水曜日のことだ。
TAT(タイ国政府観光庁)の話では、実際に電話をかけたきたのは15人だけだったそうだ。
航空会社、クレジットカード、ビザに関する情報を求めていたが、ほとんどは問題なかった。
ビザについては、ロシア人とウクライナ人には無料で30日間の延長措置を実施している。
タイからロシアへの直行便は停止となったが、中東経由では今も帰国可能だ。
一部のロシア人観光客はすでにロシア大使館に連絡を取り、ロシアへの帰国便の手配を待っていた。十分な資金があるため、支払いには問題がなかったという。

ただ、ウクライナ人観光客についての情報は不明となっている。

2019年にタイを訪れたロシア人観光客は150万人。シェアでは7番目だった。
プーケットのビーチでの外国人観光客はロシアとウクライナからの旅行者が70-80%を占めていたが、ウクライナ侵攻が始まってからは約5%に減少。
今はドイツ人、イタリア人、デンマーク人、スウェーデン人観光客だけが残った。

参照:https://www.bangkokpost.com/business/2279043/few-callers-to-russian-ukrainian-tourist-help-centre

パタヤでもツーリストオフィスが足止めされたロシア人、ウクライナ人に対して、問題があればコールセンターに電話するよう呼びかけている。

それでもタイにやって来るロシア人

3月14日にタイへの旅行者数をタイ政府が発表している。

3月1日から13日にタイに到着した旅行者は累計で110,276人。
Test&Go利用者が95,551人
サンドボックス12,810人
隔離1,915人

出発国トップ10も合わせて発表。

1位がドイツで7,904人
2月まではトップを独走していたロシアは8位に転落し、3,835人だった。
3月9日までのデータでは2,972人だったので、それでもこの4日間で863人がロシアからタイに来ていることになる。
1日あたり215人。思ったよりも多い数字だ。

トップ10には日本が入っていない。
戦争当事国よりも少ない旅行者というのはなんとも。

この状況下にあっても、ロシアからタイに入国する人たちは、純粋なバカンス旅行者ではなくて、十分な外貨資産があるような富裕層なのだと思われる。いわば本国から逃避していると。
2月に入国したロシア人の中には本当にのほほんとビーチに遊びに来ただけの旅行者も多いだろうが、じつは大半は準備周到にタイへ逃げてきただけかもしれない。
コールセンターへの問い合わせの少なさは、それを物語っている。
ロシア人、実はそんなに困ってないんじゃないか説が浮上する。
むろん、本当に現金がなく決済手段が奪われ帰国便の手配もできず困窮しているロシア人は少なくないだろう。
また、実情はよくわからないが、ウクライナ人旅行者はもっと深刻な事態となっている。母国が存亡の危機に立たされているのだから。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.