パタヤ近況

快晴の6月のパタヤ:クローズする店、新規オープンする店

投稿日:

6月に入った。
タイは雨季だが、パタヤは快晴。
晴れなのはいいが、とにかく暑い。
規制緩和は実施されず、街中はこれといって変化はない。
クローズする店がある一方、新規オープンを目指す店もある。
青い空を眺めつつ、6月のパタヤの様子を流していく。

広告



パタヤビーチ

どこまでも快晴のパタヤビーチである。
空には雲ひとつない。
見た目はこれ以上ないほど最高の天気である。

が、暑い。暑すぎる。
そして、ビーチには誰もいない。
いまだにビーチとその周辺では運動のみが許される。

遊歩道でジョギングしている人もいない。

これだけ暑いと運動なんて無理だ。

なお、6月1日にビーチ利用に関する規制変更が発表された。
ひょっとして2日以降はビーチチェアやパラソルの営業が再開になるかもしれない。追って調査する。

セントラルフェスティバル

ショッピングモールはほぼ通常どおりの営業が可能。映画館やゲームコーナーのみ営業不可となっている。

センタンでは、新規オープンの中国火鍋の店を大々的に宣伝していた。
5階にオープンしたばかりだ。
この時期に新規オープンとはなかなか挑戦的。

セカンドロード

センタンの向かい側にあるコンドミニアムがだいぶ出来上がってきた。

また、ソイダイアナ入り口にあるコンドも完成が近い雰囲気。

どちらも完成すれば、セカンドロード沿いの高層コンドが増える。

ソイダイアナもいい天気だなあ。

ソイ7

誰も歩いていないし、店はただの一つもオープンしていない。

ソイニュープラザ

屋台群は歯抜けがあるものの、カオマンガイ屋やカオカームー屋などは通常営業。

129バーツの鍋の店が1ヶ月か2ヶ月ほど前にオープンした。
でも、その後に店内飲食禁止となり、今はもう営業をやめてしまったかも。

ソイブッカオ

快晴のソイブッカオ。これだけ暑いと歩く人も少ない。少なくともタイ人は歩きたがらない。歩くのはファランだけ。

名無し食堂はやっぱり営業していない。
休業の貼り紙も見当たらないし、当分は休むつもりかもしれない。

LKメトロ前のPook Plazaは、買い手がついたのか、なにやら改修工事をはじめている。

LKメトロ内では、元ニンジャのDove Clubに大きな看板がつけられた。

ソイブーメランでも新店舗が開店に向けて準備中。

PLEASURE Loungeという店名で、以前はBaby Boomがあった場所。ほぼ間違いなくジェントルマンズクラブになるだろう。いつオープンできるかはまったくわからないが。

規制緩和は実施されず、マッサージ屋の営業再開は叶わなかった。

ソイブッカオ北端のマッサージ屋はむろんすべてクローズ。

なお、ソイハニーのマッサージ屋は店舗前に多くのマッサージ師が椅子に座っており、近づくと手招きされる。

ソイブッカオ南側には、新しいコインランドリーがある。

少し前にできて、このあたりに住むタイ人やファランから人気だ。
ローカルエリアには綺麗なコインランドリー店が増殖しているが、ソイブッカオでこれだけちゃんとしたコインランドリーはここだけ。
ナイトライフは壊滅状態だが、日常生活は送らないといけない。こういった施設だけは元気だ。

ブッカオ常設市場向かい側にあるセブンイレブンがもぬけの殻となっている。

完全撤退してFor Rentとなっている。
まあ、斜め向かいにもセブンイレブンがあるんで、ほとんど影響はないと思うが。

ソイエキサイトのフードコート

ソイエキサイトの空き地で建設中の新しい巨大フードコート。
かなり出来上がってきた。

これはソイエキサイト内から見たところ。

メインの入り口はサードロード沿いとなりそうだが、ソイエキサイト側からも入場できそうだ。ソイブッカオからは徒歩数分の距離。

場内には販売ブースとなるであろう小屋も出来上がっている。

テナントさえ入ればすぐにでも営業できそうな雰囲気だが、現状では誰もオープンなんてしないだろう。
今は我慢の時だ。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.