パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ジェントルマンズクラブ

ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、PURPLE(パープル)訪問レポート

投稿日:

ソイボンコットの通称、クラブ4長屋に新しいジェントルマンズクラブができている。

店名は、Purple(パープル)。

Purple(パープル) (1)

以前は、ALIA CLUB(アリアクラブ)があった場所だ。

関連記事:ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、ALIA CLUB(アリアクラブ)訪問レポート

アリアクラブが閉店して、まったく新しく作り変えられている。

Purple(パープル) (2)

看板にはGentlemen Clubと書いてある。
ブロージョブ系なんだろうけど、そんな細かい区分は不要で、普通にジェントルマンズクラブでいいと思う。

アリアクラブ時代と同じく、玄関前に待機ブースがあって、呼び込みをしている。
この一角でまともに呼び込みをしていたり、玄関の外に女性が待機しているのはここだけ。
厳密にいえば、壁も屋根もあるんで店舗内という扱いなのだろうが。

店内は綺麗に改装してある。
アリアクラブはかなりぼろかったので、もう完全に別物だ。
ちなみにボスはフランス人。
この長屋エリアにはなぜかフランス人ボス多し。

入って右側にカウンター席、左側の壁沿いにソファー席。
長細い作りとなっている。

アリアクラブ時代はビリヤード台が置いてあった奥のスペースも綺麗にしてある。
カーテン付きのソファー席とのこと。
要はCLUB4や007と同じように、カーテンをしめて楽しむスペースとなっている。

上階にちゃんとした部屋もある。

訪問時の女性は全部で7人。
レベルは正直厳しい。
いや、無理があるとすら言える。
まあ、この界隈で上玉を探すのはよほど運に恵まれてないと厳しい。

LEO瓶ビールが80バーツ。
レディドリンクは不明。

遊び方は簡単で、入り口で気に入った女性がいればそのまま入店して一緒に飲めばいい。
一人で入っても、おいおい女性陣が営業にやってくるし、自分から表で待機している女性陣のところへ改めて品定めに行ってもいい。

飲んでいるとがんがんスキンシップを女性側からしてくる。
バービアや塩気の多いゴーゴーとは別世界。
あとは、嫌でもお誘いがくる。
2階へゴーアップステアーズ。
奥のソファーブースでカーテンをしめてプレイしてもいいはずだ。

部屋代(バーファイン):300
ショートタイム代:1000

パタヤのジェントルマンズクラブの鉄板価格を維持。

飲み代含めて総額1500バーツ前後で最後まで遊ぶことができる。
日本円で5000円ほど。

暑いパタヤの昼間に涼しい店内でさくっと遊ぶ。
これがジェントルマンズクラブの正しい過ごし方。

地図

だいたいこのあたり。行けばわかる。

古い映像だが、グーグルストリートビューも貼っておく。

グーグルストリートビュー

営業時間は、午後1時頃から午前0時頃。
この一角にある店はどこも似たようなもの。
昼間や夕方に行くのがいいと思う。

他の店も同じような営業形態。

ソイボンコットクラブ4長屋CLUB4 (1)

ソイボンコットクラブ4長屋CLUB4 (2)

 

関連記事:クラブ4と007訪問レポート。場所、行き方、遊び方など。
関連記事:【新店レポ】CLUB SINは、ソイボンコットCLUB4隣の新しいジェントルマンズクラブ
関連記事:日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート
関連記事:パイレーツ(Pirates)。ボンコットにある新規オープンのショートタイムバー、ジェントルマンズクラブ。

あと、クラブ4のすぐ隣に、新しい店の看板が上がっていた。
以前はクラブ4のヤリ部屋として利用されていた場所だ。
FOOD&DRINKとか書いてあったが、新しいジェントルマンズクラブかもしれない。
電気がついておらず詳細は不明。
単なる偽装の可能性もあるが、おって調査したい。

パタヤのジェントルマンズクラブまとめ情報はこちらから。
パタヤのジェントルマンズクラブ Gentlemen's Club まとめ。遊び方、料金、地図などなど。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2019年(8月16日更新)


-ジェントルマンズクラブ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.