パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ジェントルマンズクラブ

ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、ALIA CLUB(アリアクラブ)訪問レポート

投稿日:2019年3月10日 更新日:

ソイボンコットには有名なジェントルマンズクラブ通りがある。
CLUB4を筆頭にして建物が並んでいるので、勝手にCLUB4長屋と命名している。
最初は店が少なかったが、ここ数年で増えていった。
そして、先日、新たなジェントルマンズクラブが登場した。

ALIA CLUB(アリアクラブ)

アリアクラブ Alia Club (1)

CLUB SINと007の間に新しくできたのが、ALIA CLUB。
看板の文字が非常に読みにくい。
たぶん、発音はアリアクラブ。

オープンして半月ちょっととのこと。

現地へ行けば、店自体はすぐに見つけられるが、なんとなく入りづらい雰囲気がある。

グーグルストリートビュー

玄関先がガラス張りになっていて、その奥にドアがある。
玄関先のたまり場で女性が呼び込みしていれば入りやすい雰囲気。

店内はカウンターがメインの狭い作りとなっている。
壁沿いに丸テーブルが数個並んでいる程度。
クラブ4や007のようなカーテンで仕切ることができるソファー席はないようだ。

女性陣は全部で5,6人しかいかなった。
レベルは、まあ、これからに期待ってことで。

席につけば、誰かしら営業にやってくる。
もちろんこちらから選んで横につけてもいい。

ドリンクはコーラが50バーツ。
レディドリンクが150バーツ。

バーファインという名の部屋代は300バーツ。
ショートのチップはもちろん1000バーツ。

かりに自分はコーラを飲んで相手にレディドリンクを1杯進呈してから、ショートで上階で遊ぶと合計1500バーツとなる。

鉄板中の鉄板価格。
安心して遊べる。

この長屋ではどこもショート代は1000バーツ。
口だけのサービスの場合は、500バーツである。
これは大鉄板価格のため、特に事前確認は必要ない。
たまに高値を言ってくるケースがあるかもしれないが、その時は、黙って指を一本立てればショート1000になる。

そもそもパタヤではショート1000バーツが鉄板価格。
価格高騰が続くゴーゴーが異常なだけで、ショート1000が大原則なのは今も変わらず。
こういう場所ではきっちり明朗会計ですっきりきれいに楽しく遊ぶのが一番。
事後のチップも基本不要。請求されることもないはず。どうしてもあげたくってあげるのはもちろん自由。

営業時間は、昼1時ころから深夜0時まで。

他の店も同じような営業時間と同じような営業形態。

クラブ4長屋

関連記事:クラブ4と007訪問レポート。場所、行き方、遊び方など。
関連記事:【新店レポ】CLUB SINは、ソイボンコットCLUB4隣の新しいジェントルマンズクラブ
関連記事:日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート
関連記事:パイレーツ(Pirates)。ボンコットにある新規オープンのショートタイムバー、ジェントルマンズクラブ。

向かって左側から、カッレブラン、Jクラブ、クラブ4、クラブシン、アリアクラブ、007、パイレーツとならんでいる。
ほとんどの店はチャイムを鳴らして、ドアのロックを解除してもらってから、中に入るシステム。
店先に店員がいればそのまま中に誘導してもらえる。
中をのぞいて、こりゃあだめだと思ったら、外に出ても問題なし。
順番にあたっていけばいい。

ソイブッカオあたりから徒歩で訪れるでは不可能ではないけれど、ちょっとしんどい距離。
バイクがあるなら自力で、なければバイタクを利用しましょう。
ソイボンコットのCLUB4へ行きたいといえば通じるはず。ちなみに、CLUB4の発音は、カブフォーと言ったほうが通じやすいはず。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2019年(8月16日更新)


-ジェントルマンズクラブ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.