*

日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

公開日: : 最終更新日:2017/02/24 夜遊び情報

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。

J club

店舗は完成していても、実際にオープンするまでには少し時間がかかったみたい。

先日の昼間に通りかかると、ちょうど開店準備中のようで、入り口のドアが開いていて、中が見えた。
なにやらけばけばしい着物っぽい衣裳を着た女性が座っていた。
この時は素通りしただけ。

でも、きちんと確かめてみねばと、ようやくの訪問となった。

J CLUB

場所はソイボンコットからソイアルノタイへ抜ける道にある、「CLUB4長屋通り」の一角。

J Club (1)

隣はまさにクラブ4。
この日は、残念ながら、CLUB 4は手入れか何かで閉店中。

Club 4 close (2)

Club 4 close (1)
並びにある007やパイレーツからも明かりが消えていた。

J CLUBは煌々と明かりをつけて営業している。

J Club (3)

お約束の呼び鈴押してドア解錠スタイル。
が、中から監視カメラで見られているんで、近づいたら開けてくれる。

横幅の狭い作り。
まず手前のカウンター席。その奥にソファーが少々。クラブ4のようなカーテン付き座敷スタイルではない。ここではプレイ不可でしょう。丸見えです。
新装開店だけあって、とても綺麗。
で、もろに日本を意識したインテリアとなっている。
オーナーはそうとうな日本びいきなのだろう。提灯やら、アニメ絵やらが混在している。微妙にずれているような気もするが、当たっているような気もする。

残念ながら、女性陣は誰一人着物は身につけていなかった。毎日じゃないみたい。二日後と言われた。

入店したのは、午後9時過ぎ。客はゼロ。
レディーは全部で7人いた。ちょっと厳しいレベルかなあ。
年齢層は20代半ばがメインっぽい印象。特に目を引くレディーは見当たらず。

瓶ビール80バーツ。
ドリンク棚には、日本酒、緑茶のほか、味噌汁まで置いてある。注文できるかは聞いてないが、たぶん飲めるでしょう。ジェントルマンクラブで味噌汁を飲みたいかは別問題だが。

レディドリンクは120バーツ。
つまり、自分はビールを飲んで、横に女性をつけていちゃいちゃしてもトータル200バーツですな。

部屋代350B。ショート代1000B。
パタヤのショートタイムバーの鉄板プライス系です。

わたしのあとに、ファランが続々と入店してきた。
あっという間にカウンター席が埋まる。
さっそく狼藉遊びを開始する老ファラン。横につけたレディのブラジャーをはぎとり、なまちちを揉んでいた。
こいつら、慣れてやがる。

さらにファランが入ってきたが、カウンターの満席状態を見て、すぐに出ていった。

この時は、CLUB4のみならず、007やパイレーツも閉店していたので、J CLUBへ流れてきた客が多いのかもしれない。

店内は綺麗だし、雰囲気も悪くない。
けっこう楽しく飲めた。
日本びいきのインテリアは、逆に日本人としては、もぞもぞとした違和感があるけれど、気にしないでおこう。

ま、内装がどうであれ、結局は、やることは同じ。
また、在籍嬢が多かろうが少なかろうが、自分の好みの一人が見つかりさえすれば、そこは優良店となる。これはゴーゴーバーでもバービアでもジェントルマンクラブでも同じこと。

あとは、飲むだけでも楽しめるかどうかがポイントかな。

いろんな店をのぞきつつ、自分好みの店を探していきましょう。

J Club地図

営業時間は、午後1時くらいから深夜0時まで。時間はおおよそです。

CLUB 4(クラブ4)の現状

なお、CLUB4は、2月23日昼過ぎの時点で閉店継続中。

Club 4 close (3)

シャッターが降りたまま。

J CLUB、CLUB SIN、パイレーツ、007は営業していた。
パタヤ当局の取り締まりが厳しくなっており、状況は不透明。
遊べるうちに遊んでおくのが吉。

関連記事:クラブ4と007訪問レポート。場所、行き方、遊び方など。
関連記事:【新店レポ】CLUB SINは、ソイボンコットCLUB4隣の新しいジェントルマンズクラブ
関連記事:パイレーツ(Pirates)。ボンコットにある新規オープンのショートタイムバー、ジェントルマンズクラブ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

walking-street

クリスマス直前のウォーキングストリートとLKメトロの様子。バーファイン値上げ。

すっかりクリスマスモードとなったパタヤ。 あちこちでクリスマスツリーが飾られ、バーではサンタ帽やト

記事を読む

Walking street20170510 (1)

2017年5月禁酒日夜のパタヤ、ウォーキングストリートの開店状況

昨日5月10日は、ヴィサカブーチャ(仏誕節)と呼ばれる休日で、禁酒日にあたる。 アルコール販売は禁

記事を読む

ソイチャイヤプーンマッサージ屋シャワー

ソイチャイヤプーン、スペシャルマッサージ攻防戦

腰が痛いのである。 いや、決して、腰を振りすぎているわけではない。 たぶん、宿のベッドが固い

記事を読む

windmill

昨晩のウォーキングストリート。Pachaはオープンせず、ウィンドドミル2階で遊ぶ。

2月5日夜のウォーキングストリートの様子をレポート。 時刻は夜9時。 この時間なら、すべての

記事を読む

ペナン島夜のオリエンタルホテル周辺

マレーシア・ペナン島の風俗夜遊び情報2016年最新版。ホテル置屋、ロシアアパート、SOHO、カラオケなど。

2016年のペナン島の夜遊びスポットをご紹介。 前回、ペナン島を訪れたのは2010年だったか。

記事を読む

ウドンターニーバービア (10)

ウドンターニー夜遊び風俗最新情報2016年1月。バービアとバンガロー置屋。おすすめホテルも。

タイ・イサーン地方の主要都市の一つ、ウドンターニーの夜遊びやナイトスポットについてまとめておいた。

記事を読む

Walking street 2017GW (2)

ゴールデンウィーク真っ只中の深夜ウォーキングストリートは狩場のあとか?

GW真っ最中ですね。 パタヤは今日もいい天気です。GW前は雨が多かったけれど、ここ数日

記事を読む

ワッツアップ

クリスマス本番のパタヤ。昼間のウォーキングストリートの様子。夜のパーティはいずこへ。

昨晩がクリスマスイブ。 日本ではイブが一番盛り上がり、クリスマス当日は抜け殻みたいなものだが、本来

記事を読む

walking-street-midnight-4

深夜のWS。ブリス、マンダリン、グラスハウス、エレクリックブルー、ビーチクラブ、閉店間際のファーレンハイト

クリスマス直前のウォーキングストリート、ゴーゴーバー訪問レポートです。 前回のWS集中レポート

記事を読む

ラムー (1)

ラムー訪問記後編。ペイバー可能、でもバーファインは3000バーツ。

前回のラムー訪問記はこちらから。 ⇒高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。1

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑