パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

カフェ・コーヒー ステーキ・洋食

パタヤアベニューフードコートにPANGPONDカフェ2号店オープン。極厚バーガー89バーツ。

投稿日:

サードロードにあるPangPondカフェは、アラビカ種のコーヒー豆を使ったおいしいコーヒーの飲める店。
カイガタなんかもあったりして、店は小さいけれど、かなり使えるカフェだ。

Pangpondカフェ (1)

関連記事:サードロードのちょいおしゃれカフェ Pangpond Cafeでアラビカ種コーヒーとカイガタ

さて、2018年12月パタヤアベニューに新しくオープンしたフードコード。

関連記事:パタヤアベニューの新フードコートでカオソーイを食べる。2階屋台村は消滅。

当初よりも少しだけ店が増えているが、まだまだ発展途上。
たまに様子を見に行っている。
すると、見慣れた店名ののぼり発見。

パタヤアベニューのPANGPONDカフェ (3)

おっと、PANGPONDじゃないか。

どうやら、2号店をフードコード内にオープンさせたもよう。
さっそく行ってみた。

SPONSOR LINK



PANGPONDパタヤアベニューフードコート店

パタヤアベニュー
Pattaya Avenue

地図

真ん中にあるフードコート Food World入り口。

パタヤアベニューフードコート (3)

この正面入口から入って左手のほうにPANGPONDがある。

パタヤアベニューのPANGPONDカフェ (1)

店員に話を聞くと、たしかにサードロードにある店と同じだと。
2号店と呼んでもいいだろうし、パタヤアベニュー店と呼んでもいいか。

パタヤアベニューのPANGPONDカフェ (2)

フードコート内にあるが、この店での支払いは現金のみ。
まあそっちのほうが手っ取り早い。

コーヒー

パタヤアベニューのPANGPONDカフェ (4)

コーヒーのラインナップは同じ。
アイスアメリカーノが45バーツ、アイスラテが50バーツ。
サードロード店よりも5バーツずつ安いような気がする。

このアイスカプチーノは50バーツ。

パタヤアベニューのPANGPONDカフェ (8)

味は1号店と変わらず。
しっかり苦味も残ししつつ、うまみあり。特に甘さは指定しなかったが、甘すぎることもなく、ちょうどいい。
ここのコーヒーは好きだ。

ちなみにPANGPOND1号店では、現在ハンバーガーやタイ料理も提供するようになっている。

これはガパオムー。69バーツ。

PangPondカフェ (2)

他にも、カイガタもあるし、スイーツもある。

が、2号店のほうは、ブレックファーストとハンバーガーのみ。(1号店にはビールもあるが、2号店にはなし)

ハンバーガーは、1号店ともども、30%割引中。

Pangpondカフェ (2)

和牛ビーフバーガー、269バーツのところ179バーツ。
ポークバーガーとチキンバーガーが、129バーツのところ89バーツ。

和牛バーガーのバンズが黒いのが気になるところだが、ここは無難にポークバーガーにしてみた。

ポークバーガー

1号店とちがい、フードコート店で店員が一人で切り盛りしている。
ハンバーガーを調理しながらも、他の客がやってきてコーヒーをオーダー。
すると調理を一時中断して、コーヒーを作る。その繰り返しで、出てくるまでに15分くらいかかった。

フライドポテト付きで、ハンバーガーの見た目もなかなか立派。

パタヤアベニューのPANGPONDカフェ (5)

先にポテトを揚げていたせいか、ポテトは冷めている。
ハンバーガーはできたてだ。

とにかく分厚い。今にも崩壊しそうだ。

無理やりナイフで切ってみる。

パタヤアベニューのPANGPONDカフェ (10)

パテの分厚いこと。
中の方はうっすらとピンク色。火が通っているのか若干不安なところだが、別に問題なかった。

上のバンズをのけてみると、焼き色はこんな感じ。

パタヤアベニューのPANGPONDカフェ (6)

ソースは、Honey BBQ Sauce(ハニーバーベキューソース)とのことで、ちょっと甘辛いタイプ。
ケチャップやマスタードは別途用意してあり、自分でお好みの味にすればいい。

普通においしいハンバーガーである。
量も多い。

が、パテは、ほぼ間違いなく既成品を利用している。なんかいかにも大量生産品のような味がして、途中で飽きてきてしまった。ハンバーグというよりハムを食べているような感覚だった。
いやまあそれでもおいしいのはおいしいのだが。

このボリュームで89バーツ。
アイスコーヒーとセットにすると、合計139バーツ。

パタヤアベニューのPANGPONDカフェ (9)

コーヒーは間違いなくうまいし、このセット内容で139バーツなら、満足度は高めだと思う。
ただし、もしハンバーガーを食べたいなら、PANGPOND本店のほうがよさそう。奥の厨房に専用の調理人がいるので、調理が中断されることはないだろう。
また本店のほうはテラス席で喫煙可能。
テーブルが確保さえできれば、まったりできるのは本店。
パタヤアベニューフードコート店は、がらがらにつき、好きなだけ座れる。
コーヒーだけを飲みに来てもいい。
ちなみに、ポイントカードあり。コーヒー10杯飲むと次回1杯分無料となる。

SPONSOR LINK

-カフェ・コーヒー, ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.