カフェ・コーヒー

ソイエキサイトの新しいカフェ Thai Beauty

投稿日:

ソイエキサイトとサードロードの交差点には以前はファミリーマートがあった。
このファミリーマートは、長引くパンデミックにより、完全に撤退してしまった。
パタヤから完全にファミリーマートがなくなったわけではなけれど、セブンイレブンよりもはるかに少なくなった。
撤退したファミリーマート跡地に新しいカフェレストランバーができた。
ファミリーマートの建物をそのまま利用しており、あっという間にオープン。
さっそく利用してみた。

広告



ソイエキサイトのカフェ Thai Beauty

ファミリーマートの建物はそのままに外観と内装を綺麗にしてある。
店名はどうやらThai Beautyというようだ。

ファミリーマート時代と建物は同じで入り口も同じ。
ファミリーマート前にはおいしいクイティアオ屋があったがこれも撤退済み。
今はカフェのテラス席エリアとなっている。

店内は広々としていて、元々ファミリーマートだとは思えない空間だ。

奥の棚にはハーブ薬が陳列してある。

ソファー席もあれば、普通のテーブル席もあるが、まだスペースに余裕があるし、そのうち席が増えるかも。
エアコンが効いていて快適だ。

ドリンクメニュー

ホットコーヒー55バーツ
アイスコーヒー60バーツ
ラテやカプチーノにしても同じ価格のようだ。

カクテルの種類が豊富。
他にビールも置いてある。
昼でも夜でも酒が飲める。

夜の外観はこんな感じ。

バーっぽい雰囲気となる。

料理メニュー

パッタイが130バーツ
チキンのカシューナッツ炒めが130バーツ
アメリカンフライドライスが130バーツ
カオパットがポークとチキンで90バーツ、シーフードで120バーツ
ガパオは90バーツと120バーツ

まあまあいい値段がする。

ブレックファースト

ブレックファーストメニュー

アメリカンブレックファーストが89バーツ
ブリティッシュブレックファーストが118バーツ
どちらもコーヒーが付いておらず、追加するなら29バーツかかる。
アイスコーヒーに変更するなら、さらにプラス10バーツ。

今回は、アメリカンブレックファーストにアイスカプチーノを追加したので、合計128バーツとなった。
ベーコンからソーセージはどちらか選択する。

まずアイスカプチーノ。水もサービスで出してくれる。

味はいたって普通。
コーヒーの苦味や深みはあまり感じないけれど、ごく普通に飲める味としか言いようがなく、特に感想が浮かばない。

続いて、アメリカンブレックファースト。

目玉焼き2個、ベーコン、サラダ、トースト2枚という内容。
いたってシンプル。
ベーコンはコンビニでも売っているような厚切りタイプの既製品。CP製のちょっと高いやつかな。味はいい。

これでコーヒー付きで89バーツならお得と言えなくもない内容だけど、アイスコーヒー付きで129バーツは高いかな。
リピートは無し。

ただ、涼しい店内でゆっくり食事できるのはいい。
安いブレックファーストのレストランはオープンエアタイプの店が多くて、少々暑いんで。

また、食後は外のテラス席に出てコーヒー飲みながら喫煙可能。

テラスエリアもスペースに余裕があるので、そのうちテーブルが増えるかも。
サードロードを行き交う車が少々うるさいが、まったりできなくもない。

地図と周辺カフェ

地図

営業時間は昼前から午後10時くらいまで。

ソイエキサイトがわかっていれば、歩いて簡単に行ける。

ソイエキサイトには、エキサイトスクエアパタヤという巨大フードセンターができている。

2年以上パタヤに来ていない人は、このあたりの風景の変わりっぷりにびっくりしそう。

コーヒーを飲むだけなら、エキサイトスクエア内のフードコート一角にあるコーヒー屋台のほうがおすすめ。

関連記事:エキサイトフードセンターにコーヒー屋台
関連記事:エキサイトスクエアパタヤにフードコートがオープン

少し値上がりしたが、エキサイトスクエアのフードコートオープンに伴い、座れるスペースが拡大している。
ただ屋外のため暑いのが難点。また喫煙場所もかぎられる。
Thai Beauty カフェのほうは、屋内はエアコンが効いていて快適だし、テラス席では堂々とタバコが吸える。

サードロード沿いのカフェなら、JasmineとPangPondの2店がやはりおすすめだ。
どちらもパンデミックの影響をはねのけ元気に営業を続けている。

広告

-カフェ・コーヒー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.