パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ステーキ・洋食

ソイエキサイトのタイ・イタリアン青空レストランでチキンシュニッツェル

投稿日:

ソイエキサイトのPプラスホテル脇の狭い空き地に小さな屋台村ができたのは1年ほど前だったか。
最初は数軒のテナントが入ったが、大して流行ることもなく、撤退していったと思う。
現在は、タイ料理とイタリアン料理を扱う店とコーヒー屋台が営業している。

広告

タイ・イタリアン青空レストラン

ソイエキサイトのタイイタリアン青空レストランのチキンシュニッツェル (6)

店名などは不明。
てきとうに青空レストランとしておく。

店先ののぼりには、タイ料理の日本語表記あり。

ソイエキサイトのタイイタリアン青空レストランのチキンシュニッツェル (1)

気になったのが、スペシャルメニュー。

ソイエキサイトのタイイタリアン青空レストランのチキンシュニッツェル (2)

フィッシュアンドチップス129バーツ、チキンシュニッツェル129バーツなど。

シュニッツェル好きとしては試してみたくなった。

夜7時過ぎに訪問。

テーブルが並べられ、ファランが料理とビールを楽しんでいた。
屋根はないが、一部パラソル付きの席もあり。
なかなかいい雰囲気。

厨房
ソイエキサイトのタイイタリアン青空レストランのチキンシュニッツェル (3)

さらにパスタを扱うコーナーもあり。

最初にタイ料理のメニューを渡されたが、オーダーはむろんチキンシュニッツェルで。129バーツ。
タイ料理を見ていると、なんでも揃っているような印象。価格は食堂より高めで、一般的な屋外レストランと同じくらいか。

ちょっと雨が降りそうな雰囲気もあったので、テイクアウトすることに。
きっちりと調理しているようで出来上がりには15分くらい要した。

部屋に持ち帰る。

チキンシュニッツェル

ソイエキサイトのタイイタリアン青空レストランのチキンシュニッツェル (4)

チキンシュニッツェルが1個、フライドポテトたっぷり、サラダも意外と入っている。
マヨネーズとケチャップ付き。

見た目はそれほど大きくないシュニッツェルだが、しっかりと分厚さがある。

ソイエキサイトのタイイタリアン青空レストランのチキンシュニッツェル (5)

叩いて肉を広げるタイプではないようだ。
いや、薄い肉が層になっているようにも見える。
ミルフィーユカツというやつだろうか。

胸肉を使っているのだろうけど、柔らかくてジューシー。
衣にしっかりバターを使っているようでなんだか芳醇な味わい。
衣自体は薄めだが、さくさく感あり。

おお、これはなかなかいけるシュニッツェルだ。

ドイツ料理専門店で食べるようなシュニッツェルとはちょっと違うし、日本式のチキンカツともまた違う。
その中間くらいだろうか。
イタリアンスタイルのカツレツかも。
よくわからんが、とにかくうまかった。

ソースはマヨネーズで十分だった。むしろマヨネーズがよく合う。
逆に日本のとんかつソースには合わないだろう。

ポテトも野菜もそれなりに量があって、満足度は高い。
この内容で129バーツならオッケー。

同じ揚げ物のフィッシュアンドチップスも食べてみたい。
あとはホームメイドだというパスタも。

地図

すでに閉店したが、日本語メニュー付き食堂のヌアンの目の前といったほうがわかりやすい。
また、斜め向かいにはエキサイトクラブがある。

ソイブッカオから徒歩1分、LKメトロからも近い。
便利な場所だ。

詳しい営業時間は不明。
正午過ぎではまだ営業していない。夕方から夜遅くまでだと思われる。

ビールを飲みながら宴会しているタイ人とファラングループもいて、なかなか楽しそう。
タイ料理とイタリアン料理をつまみながら青空宴会できるのは魅力的かも。
屋外だけに喫煙も可能。
日中は直射日光がもろにあたるので、夕方以降がいいだろう。

立地は悪くないし、味もいいんで、できれば長続きしてほしい店。
せめて国境が開くであろう来年まで持ちこたえてほしい。

広告

-ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.