*

2015年パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月15万円の予算で毎日夜遊びしながら滞在できるのか、経過報告。

公開日: : 最終更新日:2015/03/21 2015年1月~3月パタヤ沈没日記

ちょうど1ヶ月が経過したパタヤ沈没生活。
前半戦終了である。

まだ先はあるものの、とりあえずこの1ヶ月の滞在費と夜遊び代などを算出してみたい。

以前から、わたしの1ヶ月の予算は15万円と決めている。
本来なら5万バーツを目安ににしているのだが、あいにくの円安情勢。

TTカレンシー両替所レート
この滞在中のレートに変動はあまりなくて、おおむね2730バーツくらい。
15万円をバーツに換金すると、40,950バーツとなる。

この4万バーツで1ヶ月パタヤで遊べるのか。
もちろん、宿代、食事代、雑費、飲み代、ペイバー代、夜遊びチップなどすべて込みだ。
(飛行機代は含めない。エアアジアで3万円代だった。)

さて、結果やいかに?

出費一覧

(細かい額は記録しておらず、すべて概算値。)

生活費、食費関連

宿代:13,000バーツ

バス代・ソンテウ代などの交通費:500バーツ

食事代:4000バーツ

通信費:600バーツ

たばこ代:1000バーツ

シャンプーなど日用雑貨:500バーツ

飲み代:10,000バーツ

滞在延長申請代など:2,370バーツ

合計:31,970バーツ

夜遊び(ブンブン)代

1 OL ロング1000バーツ。

2 イサーンから呼び寄せた元バービア嬢 1泊2日 2000バーツ。

3 20歳バービア嬢 BF300 ロング1500バーツ。

4 スレンダーバービア嬢 BF300 ロング2000バーツ。

5 ソイハニーのスペシャルマッサージ 1200バーツ。

6 新人Mちゃん18歳 BF300 ロング1500バーツ。

7 Mちゃんふたたび ショート1000バーツ。

バーファイン代合計:900バーツ
チップ合計:10200バーツ
夜遊び代トータル:11100バーツ

 

生活費と夜遊び代を合わせて、
総合計:43,070バーツ(15万9千円くらい)

 

実際に日本円を16万円両替して、ほぼ使いきった。
つまり、43,680バーツかかったことになる。
ほぼ上記計算通りの結果だ。

5万バーツという目標は達成できたが、15万円以内とはならなかった。

滞在期間延長申請代をのぞけば、ほぼ15万円となる。
そう考えると、1ヶ月15万円以内でのパタヤ滞在が達成できたとも言える。

今回の滞在の前半は、日本から立て続けに友人たちがやって来たので、何度も食事をおごってもらった。
そのぶんの食事代は浮いている。
さらに一人で食事するときは、屋台と食堂中心にして、食費を節約している。
それでも15万円かかってしまう。

まあ、毎日バービアへ飲みにいかなければ、もう少し安く上がったかもしれないけど、バービアなくしてパタヤ生活なしと思っているから、これは無理。
バーファイン代を3回しか払っていないのは、まずまず上出来。
意外とバカにならないもので。

ああ、レートが良ければなあ。
2012年の4000バーツ時代があまりにも懐かしい。
4000バーツのレートなら、同じ生活をしても11万円でいけたのに。
約5万円の差だ。
まあ、もちろんその差額で、もっとペイバーするだろうから、トータルは同じくらいになりそうだけど。

でもいいんだ。
これくらいがわたしにはちょうどいい。
飲み過ぎと食べ過ぎとやり過ぎは体に悪い。
ほどほどが一番だ。

結論

2015年現在のタイ、パタヤの物価水準でも15万円あれば、1ヶ月間、ホテル暮らしをしながら、毎晩飲み歩いて、屋台でおいしいタイ料理食べて、OLから18歳までブンブンできる!

かなりの節制が求められることはたしかだけど、何とかなるもんだ。
ローシーズンならホテル代も安くなるし、もう1回くらいペイバーの回数を増やせるかもね。

でも、正直なところ、これ以上、生活の質や夜遊びの頻度を落とすのはツライ。

もちろん、3ヶ月以上とか年単位の長期滞在となれば、アパートを借りて自炊して節約したり、夜遊びの頻度も減らせるかもしれない。

でも1ヶ月か2ヶ月程度のスパンだと、これくらいが限界。
遊びに来ている感覚が強いものだから、どうしても毎晩のように飲みに出てしまうのだ。もちろん、できるだけペイバーもしたい。
しかもパタヤだ。宿泊しているブッカオ界隈でも、ゴーゴーバーやバービアが徒歩圏内にいくつもある。
この環境で夜遊びするなというほうが無理だ。

サードロード以東に宿泊して、バイクレンタルもしなければ、面倒になって外出しなくなるかも。
でも、それだと何のためにパタヤに来ているのかわからなくなってしまう。

体力と気力のあるうちは、今のスタイルでやっていこうと思う。

そんなわけで、現在のブッカオを根城にしたパタヤ夜遊び生活でも、1ヶ月15万円あれば、それなりに楽しめるということがわかった。

万人におすすめできるスタイルではありませんが、タイやパタヤで1ヶ月遊んで暮らしたいと思っている人の参考になれば幸いです。
けっこう楽しいもんですよ。

なお、過去の滞在費用については以下を参照に。

パタヤ1ヶ月滞在の生活費と夜遊び代のまとめ。2014年9月から10月編
沈没生活まとめ。パタヤ一ヵ月半の滞在費と夜遊び代

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

マリブゴーゴー

LKメトロのマリブとソイダイアナのバービア群。あと、パタヤの出張マッサージサービスについて。

37日目 おもらし嬢を見送ってから、一人でソイブッカオの市場へ。 昼食はぶっかけご飯

記事を読む

タンブンワットチャイモンコン (10)

バービア嬢とワットチャイモンコンでタンブン

47日目 本日は、マーカブチャ。仏教の祝日だ。 禁酒日であり、多くのバーが休業する。

記事を読む

ハピネスコーナーバー

旧正月のパタヤはいつもどおりのバービア沈没。ドラゴン飛翔せず。

34日目 幸いにも下痢は大したことがなかった。 軽い食あたりだったのだろう。 薬を飲む必要

記事を読む

パタヤビーチ看板バレンタイン

ゴーゴーバー好き友人帰国。7泊で計5発。でもパタヤの魅力はそれだけじゃないよね。

22日目 ソイ6コーナーバーとソイ7のハピネスゴーゴーが取り壊し 本日が最終日となるゴーゴーバー

記事を読む

カノムチン

カノムチンと、部屋へ遊びに来たバービア嬢

41日目 昼飯はカノムチン そうめんのような米麺をカノムチンという。カノムジンとも表記できるかな

記事を読む

ガパオプラームック

イカとステーキとビールと美人。でも愛想の悪いバービア嬢にレディドリンクは奢りたくないよね。

31日目 ガパオプラームック 昼飯は、炒めもの料理屋台からお持ち帰り。 ガパオはガパオでも、た

記事を読む

マンダリン

深夜のゴーゴーバー放浪。TIM BAR、スパイシーガールズ、マンダリン。

(18日目つづき) バービアでのビリヤード大会を終えて、お開き。 各々、別行動へ。 わ

記事を読む

ムーカタとチムチュム

ムーガタとチムチュムで大宴会atハリウッド前。男女6人鍋物語の結末やいかに。

13日目 ムーカタとチムチュムで大宴会 夜。 友人2人とその連れ女性たちと食事へ行くことになっ

記事を読む

NETARESORT

パタヤ昼散歩。ソイ15からベイウォーク、ソイポストオフィスまで。

昼間。 昼飯を求めて、ブッカオをぶらぶら。 そのまま、ふらふらとセカンドロードのソイ15に入って

記事を読む

テキーラローズ

元バービア嬢姉さんに飲まされた夜。性格とスタイルの良いバービア嬢にフェーンができていた。

パタヤ沈没生活も2ヶ月目に突入した。 あと一ヶ月弱あるが、特にやることに変わりなし。 いつもどお

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ヨッシータルン より:

    1ヶ月15万円生活の達成、おめでとうございます! 
    いやあ、やりましたね~!素晴らしい!
    夜遊びしての1日5000円以内というのは、スゴいと思います。確かに、これ以下のパタヤ千夜一夜は滞在している意味が無いので、限界生活でしょうね!
    貴殿の節約出来る要素は、やはり現地タイの食事に順応出来ている点が大きいでしょうね。
    私は屋台飯を三回続けると必ず下痢をすると言う法則があるので、無理ですね(笑) …ていうか、この正月10日間のパタヤ滞在で35万円使いましたから論外ですわね。
    とにかく、貴殿のパタヤ情報は詳細に書かれているので、毎回本当に参考になります。ギャグも交えておられるので、飽きませんしね!
    今後とも楽しいブログを期待しています。

    • pattayan night より:

      短期滞在ですと一週間で10万や20万は普通でしょう。わたしも昔は使ってましたよ。
      滞在期間が延びるにつれ、カネを使わなくなってしまいました。
      毎回屋台メシというのも、なかなか大変です。下痢は大丈夫ですが、同じようなメニューの繰り返しになってしまいます。

      ギャグというか、単なるダジャレと語呂合わせです。
      だらだらと書いていても、書き手も読み手も飽きるんで。
      これからも当ブログをよろしくお願いします。

  2. 高原です より:

    こんばんわ
    15万ですか
    結構かかりますね
    ところで27日から
    パタヤ入りです
    もしお暇でしたら飲みたいですね
    したの息子を大きくして楽しみにしています。
    パタヤカン、スクンビット海側の少し北にメーボンシーあります。そこもモツ系で美味しい
    警官とかジモピー多いです
    朝から夕方4時まで40~50b
    オススメです

    • pattayan night より:

      毎日飲み歩いての15万円ですから、そんなものでしょうね。

      お教え頂いた店、407バス乗り場があるガソリンスタンドや孤児院の近くでしょうか。機会があれば、のぞいてきます。

  3. 紅純一郎 より:

    こうして実際の費用を出していただけるととても参考になります。
    実際、楽しそうですな。
    今まではバンコクにしか興味がありませんでしたが、パタヤにも俄然興味が出てきました。

    • pattayan night より:

      のんびりするにはパタヤのほうがおすすめです。
      ぜひ、パタヤへ。

  4. Air-G より:

    前の沈没生活に対比して夜遊び代が半減しているのが気にかかります。やはり円安の影響なんでしょうかね~。

    • pattayan night より:

      これは意図して半減させています。
      まさに円安の影響でして、15万円の予算枠で、夜遊びに充当できる額をあらかじめ計算していました。
      すると、ペイバーは5,6日に1回しかできないだろうという結果に。
      その計算通りに実践しました。
      決して、精力減退の影響ではないはずです(笑

  5. ちゃいまい より:

    素晴らしいですね、確かに今のレートだと厳しいですよね、これからも日々のアップ楽しみにしております、使おうと思えばいくらでも使える片方と違うパタヤ生活は凄く参考になっております、これからも楽しみながら頑張って下さい。

    • pattayan night より:

      ほんと、レートが悪いときついです。
      ちょっとでも楽しめるように頑張ってみます。

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑