*

バービアでパッツン女子大生&OLと飲む。結局、OLをお持ち帰りした夜。

沈没生活2日目

ジョークと名無し食堂のガパオムー

二日酔いだ。
少々頭が痛い。
胃もたれもする。
こんな時は、お粥がいい。

食堂まで移動するのが億劫になり、コンビニでカップ粥を購入。
18バーツ。
お湯を注げば出来上がりの簡単仕様。

カップジョーク

お粥のことをタイ語でジョークという。
このカップ粥には、「JOK」と表記してある。

ジョークを食べ、部屋でだらだらしているうちに体調も回復。
遅い昼食は、ブッカオの名無し食堂。

これが食べたかったぜ、ガパオムーカイダーオ。
タイ料理といえば、ガパオなのである。
ミンチ肉がごろごろ。

名無し食堂のガパオ

ん?
味が落ちたぞ。
何というか、風味と旨味が明らかに不足している。

単にコックが変わったからか。
元々、この食堂は抜群にうまいわけではない。
値段が手頃で利用しやすいのがウリだった。
味のほうは平均レベルをクリアーしている程度。
ハズレがないので、愛用している。

ブッカオの名無し食堂

関連記事:ホイトートとソイブッカオのおすすめ名無し食堂
関連記事:友人最後の晩餐は、ブッカオ名無し食堂でガイパッポンカリー

今回のガパオも決してまずくはない。
が、あえて熱心にリピートしたいほどの味ではない。
どうしたもんだろう。
まあ、でも、貧乏旅行者の味方のような食堂には違いないので、たぶん、これからも通うとは思うけど。

ソイ7バービアめぐり

ソイ72015年

さくっと夜の部へ。
イサーンの元バービア嬢が明日、パタヤへやって来る予定。
遊ぶなら今夜のうちだ。

まずは、ソイ7、8のバービアめぐりから始める。
パタヤのバービア群の大定番。一度はチェックしておかないと。

まずは一周目。
うーん、もうひと息ってところか。

腹が減ったので、いつものケバブ屋へ。
ソイ7に来ると、ついついここでケバブを頬張ってしまう。
60バーツ。

ソイ7のケバブ屋

ネコが物欲しそうにしていた。

ソイ7のネコ

ソイ7、8をさらにまわる。これで二周目。
ソイ7で、体が小さくて童顔のバービア嬢を発見。
なかなかいい。
周りのおばさんバービア嬢に薦められて、一緒に座ることにした。

パタヤ近郊出身の22歳。
バービアで働き出して3週間。
英語ダメ、タイ語オンリー。
なかなかいい感じ。こういう子が狙い目である。

いろいろ話してみると、恋人(フェーン)と別れたばかりだと。
で、そのフェーン、タイ男と思いきや、ファランだという。
じゃあ、なんで英語話せないかな。

どうにも、ノリがいまいち。
わたしのハズレセンサーが発動した。
やめておこう。
顔もスタイルもわたし好みなのだが、たぶん、ハズレのような気がする。

チェックビン。ビール80バーツ、レディドリンク150バーツ、計230バーツ。けっこう高いね。

結局、いつものバービアへ。

パッツンとOL

おっと、タイ人グループが飲みに来ている。
女性3人と男性1人。
しかも女性の一人は、パッツン制服を着ているではないか。
なぜ、パッツンがこんなバービアなんかに。

しばらくしていると、そのグループからお呼ばれ。
タイ人4人に混じって一緒に飲むことになった。

パッツンはチョンブリーの大学生。
男はその彼氏のようだ。
ちっ、パッツンに手を出すのは無理か。
あとの二人は姉妹。
姉の正体はよくわからないけど、たぶんこのバービアのママさんの知り合いかなにか。
で、妹は、病院勤務の事務職。まあ、OLといったところか。
20代半ばくらいで、まずまずかわいい。
背中には大きなタトゥーがあって、バービアに飲みにきているくらいだから、OLとはいえ、完全な素人とは考えにくいけど。

OL2

タイ人4人は、ひたすらタイウィスキー(BLEND)のソーダ割りをがぶ飲み。
すでにOLはかなり酔っ払っている様子。
隣に座ったわたしの肩に寄りかかってくる。
ん、これはかなり脈がありそう。

深夜2時ころ、お開き。
姉妹のお姉さんが、妹を連れて帰って世話しなさいと命令してくるではないか。
どういう姉妹なんだ。
妹はすっかりその気になっているし。
据え膳食わぬは男の恥ではないけれど、ここまでされたらお持ち帰りするしかない。

タイ人男とパッツン女子大生カップルは、男の車で帰宅。男のほうは、かなり泥酔しているけど、余裕の飲酒運転。こわい。
お姉さんはバービアの従業員のバイクで送ってもらっていた。
わたしとOLはソンテウでホテルへ。

ああ、本当にお持ち帰りするんだ、と我ながら驚く。
こんな展開は初めてである。
まあ、よくよく考えてみれば、ディスコで知り合ってお持ち帰りするのと大差ないか。
バービアってのが珍しいだけ。

もちろん、部屋で一発。
泥酔している彼女は、かなり乱れておりました。
久しぶりのブンブンとなったわたしも興奮しましたとさ。

 

翌朝。
化粧を落とした彼女のすっぴんを冷静に見てみると、ありふれたイサーン顔だった。
ブサイクじゃないけど、たぶん、バービアで普通に知り合っていたらペイバーしないだろうなってレベル。

でも、それはそれ。
彼女が帰宅する前に、もう一発。
なにせ、ひさしぶりなもので。

OL1

よし、このままタダマン2発成功かと思いきや、やっぱりそうはならず。
帰り際、ドアの前で手を差し出す彼女。

コータンノイ(お金ちょうだい)」

そうだよね。
そうなるよね。

いや、ちょっとは小遣いを上げるつもりだったので別にいいんだけどね。
1000バーツだけ進呈。
ディスコからのお持ち帰りの相場が2000から3000バーツらしいので、かなり少なめの金額。
ディスコ価格ではなく、バービア価格ということで。
でも、彼女は特に不平を言うわけでもなく受け取ってくれた。

レディドリンク代もペイバー代もかからず安上がりの遊び方だな、これは。
一発あたり500バーツ。すばらしいコストパフォーマンス。
円安の今、さらには低予算の沈没生活者にとって、実に助かる。

電話番号を交換して彼女を見送る。
次回誘われたらどうしたもんだろ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

カツカレー屋台

パタヤ、幻の日本式カツカレー屋台を探せ。バービアで大暴れするアラブ人。

カツカレー屋台よ、いずこへ? 昨日、ソイブッカオでたまたま見つけた日本式カツカレー屋台が気になって

記事を読む

ジョーク1

ジョークとジョーク。タダでいいから連れて帰ってと言うバービア嬢。

35日目 暑い。 日中の日差しがきつくなってきた。 1月は歩いていても軽く汗ばむ程度だった

記事を読む

ビラボンで宴会2

タイ女性5人と日本人1人で宴会するLKメトロの夜

(45日目つづき。夜遊び編) バービアで少々飲む サードロード散策を終えて、なじみのバービアへ。

記事を読む

ドンムアンからパタヤバス (27)

両替、送金、散髪、買い物など、パタヤ到着の昼間は用事がたくさん。

無事にイミグレーションを通過して、バスを乗り継ぎパタヤへ向かう。 が、エアポートバスの始発が7時半

記事を読む

バービア嬢Sちゃん

部屋へ泊まりにきたバービア嬢がベッドシーツにシミを作った理由とは?

(36日目夜の部つづき。注意。当記事後半には、人によっては不快に感じるような内容が含まれております。

記事を読む

ドンムアン空港 (8)

さらばパタヤ、さらばタイ女性たち、また会う日まで。日本帰国。

51日目 本日は帰国日。 名残惜しいが、パタヤともお別れだ。 どうせ2,3ヶ月もすれば戻っ

記事を読む

カオムーデーン

カオムーデーンと、ディスコで男を探すフリーランサーたち

28日目 昼食はソイボンコットにあるクィティアオ屋。 ナムトックのスープが絶品だった。

記事を読む

読者投稿サムネイル

【読者情報】ノースパタヤの日本人カラオケ「ガーデン」はパタヤ版テーメー?

読者さんがペイバーしたという日本人カラオケの詳しい情報を教えてもらった。 店名は「ガーデン(G

記事を読む

リンガベル1

バービアでリンガベル。あの鐘を鳴らすのは誰だ?

18日目 サンドイッチとムーカタ 起床は昼前。 前夜の深酒が残っており、ちょっと気分が悪い。

記事を読む

エアアジアドンムアン 004

旅立ち。エアアジアでバンコクへ。イミグレーションで少し揉める。

寒すぎる日本にうんざりしてきた。 こたつでみかんもいいけど、バービアでソムタムが恋しくなった。

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑