*

21歳の元バービア嬢と再会。ちょっと淡白なブンブン。

沈没生活3日目

現在のパタヤは夜間とても涼しい。
寝るときはエアコン要らず。
しかも布団をかけてちょうどいいくらい。
ぐっすりと眠れる。

ガイトートとカオニャオ

少し遅目に起床。
昼食は、近所の屋台で唐揚げ(ガイトート)とカオニャオ。

ガイトート屋台

鳥の唐揚げは種類と大きさによって値段が違う。
15バーツのもも肉と20バーツの胸肉を購入。
カオニャオが5バーツなので計40バーツだ。

ガイトートとカオニャオ

冷めていても唐揚げはそこそこうまい。もちろん熱々なら申し分なし。

元バービア嬢と再会

部屋で夕方までごろごろ。
5時半頃、イサーンから元バービアの21歳Fちゃんがパタヤへ到着したとの電話が入る。
6時の予定と言っていたが、意外と早かった。いつもは1時間くらい遅刻するものなのに。

バンコク経由のロットゥーでパタヤまではるばるやって来てくれた。
あわてて、トゥッコム前で落ち合う。

元バービア嬢F2

21歳のFちゃん。
パタヤで知り合ったのはもう何年も前。
場末のバービアで働いているところを偶然発見。
すぐに仕事をやめたみたいだけど、それ以降もちょこちょこと会う間柄。
今回は、約4ヶ月ぶりの再会。
あら、ちょっと色黒になっている。イサーンで焼けたか。

前回のおねだりは金の指輪。
今回は、AISのスマートフォンだ。
2300バーツで新機種が買えるらしい。

まあ、とりあえず、その件は保留にしておいて、部屋に連れて帰る。

元々Fちゃんが働いていたバービアで食事することに。

屋台のクィッティアオをバーに持ち込み。

クィッティアオ屋台

クィッティアオ

一杯30バーツ。
安い。
豚の肝臓入りスープ。
濃厚なスープでかなりおいしい。
精力がつきそうだ。

しばらくバーでまったりする。
ここでもスマートフォンのおねだりに余念がないFちゃん。
知り合いのバービア嬢の所有しているスマフォを見せてもらい、ひたすらほしがる。
そんなに新しいスマフォが欲しいかね。

すでに持っているじゃないかと指摘すると、
これはメモリーが少なくて、アプリやゲームがちょっとしかできない。
みたいなことを言っている。

まあ、わからないでもない。
わたしが2年ほど前にタイで購入したアンドロイドなんて、ゲームやアプリを10個ほど入れると、動作がもっさりしすぎて、すぐにフリーズしてしまう。すでにカメラまで使えなくなってしまっている。
新しいスマフォが欲しいのはこっちのほうだ。
それでも、まだ使えるからと我慢しているのだ。
まあ、単にカネがないだけの話なんだけど。
たとえ2300バーツで買えるとしても、それはすなわちバービアでのロング連れ出し1回分に相当するではないか。
もったいない。

ちょっと淡白なブンブン

テキトウに話をはぐらかしつつ、部屋に戻る。
Fちゃんは早速シャワーへ。

ん、そんなに早くブンブンしたいのか。

別々にシャワーを浴び終わると、Fちゃんはすでに寝間着に着替えていた。
どうせ、すぐ脱がすのに。

とりあえず一発。
なんだか淡白な印象。
オムも拒否されたし、体位チェンジも嫌がった。
元々濃厚なサービスをする子ではないけど、これではちょっと盛り上がりに欠ける。

イサーンから長駆してパタヤへやって来た彼女はお疲れの様子。
しかも体が頑丈なほうではない。
体重は40キロほどしかない。ガリガリの体型だ。
すぐに疲れてしまうようだ。

で、まだ夜9時前だけど、早々に眠ってしまっていた。
ブンブンより、早く寝たかったのね。

元バービアF

さすがにこの時間には、わたしは眠れない。
一人、PCでインターネットやらブログを書いたりして時間を過ごす。
深夜12時過ぎ、彼女の横にもぐりこみ、就寝。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

パタヤ看板

2015年パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月15万円の予算で毎日夜遊びしながら滞在できるのか、経過報告。

ちょうど1ヶ月が経過したパタヤ沈没生活。 前半戦終了である。 まだ先はあるものの、とりあえず

記事を読む

ドンムアン空港 (8)

さらばパタヤ、さらばタイ女性たち、また会う日まで。日本帰国。

51日目 本日は帰国日。 名残惜しいが、パタヤともお別れだ。 どうせ2,3ヶ月もすれば戻っ

記事を読む

パレスゴーゴー

ウォーキングストリートのゴーゴーバーめぐり。新規オープンのパレスほか。

(5日目つづき) ホテルの部屋へ戻る友人たちを尻目に、一人でゴーゴーバーめぐりすることに。

記事を読む

ドンムアンからパタヤバス (27)

両替、送金、散髪、買い物など、パタヤ到着の昼間は用事がたくさん。

無事にイミグレーションを通過して、バスを乗り継ぎパタヤへ向かう。 が、エアポートバスの始発が7時半

記事を読む

コヨーテバービア

ソイ6からドリンキングストリートまで、ノースパタヤの夜遊びスポットめぐり

パタヤ沈没10日目 本日の昼飯 なんとなくコンビニ弁当を選択。 魚のチリソース炒めご飯

記事を読む

ノーティーガール

パタヤタイの屋台捜索からウォーキングストリートまで。ノーティーガールの20歳と再会。

42日目 昼飯はぶっかけ飯 もうあまりにも定番すぎてまったく新鮮味がないけど、昼食はいつ

記事を読む

ジョーク1

ジョークとジョーク。タダでいいから連れて帰ってと言うバービア嬢。

35日目 暑い。 日中の日差しがきつくなってきた。 1月は歩いていても軽く汗ばむ程度だった

記事を読む

カノムチン

カノムチンと、部屋へ遊びに来たバービア嬢

41日目 昼飯はカノムチン そうめんのような米麺をカノムチンという。カノムジンとも表記できるかな

記事を読む

バービア嬢Sちゃん

部屋へ泊まりにきたバービア嬢がベッドシーツにシミを作った理由とは?

(36日目夜の部つづき。注意。当記事後半には、人によっては不快に感じるような内容が含まれております。

記事を読む

ソイエキサイト食堂2

ソイエキサイトの新食堂。ビリヤードに勝ち、ムーカタに負けた夜。

23日目 友人2人はバンコクへ。 エカマイ行きのバスも少し値下げになったようだ。 ソイレン

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑