*

ソイハニー。想定外のスペシャルマッサージで一発抜かれてしまう。

(21日目つづき)

下痢気味だし、ビールもそこそこに、もう今日はいいかと、大人しく帰るつもりだった。
でも、せっかく外出しているんだし、軽く散歩がてら店先でものぞいてみよう。
と、気づけば、某ソイをふらふら歩いていた。

ソイハニー

すると、某スペシャル系ありのマッサージ店にかわいい巨乳娘を発見。
背が低くて、顔も好み。
胸が明らかにシリコンなのが残念だけど、まあ許せる。
年齢は19歳。
しきりにオイルマッサージに誘われる。

オイルマッサージ代200バーツ。
ためしにスペシャル代をたずねてみると、1000バーツとの返事。

ふーん、やっぱり相場の提示なのね。

大してその気もなかったけど、気付いたら2階でシャワーを浴びていた。
あれま。

まあ、別にオイルマッサージだけでもいいか。
と思いきや、わたしがシャワーを浴び終わり、マッサージするスペースの間仕切りカーテンを閉めるやいなや、するりと衣装を脱ぎ捨てるマッサージ嬢。
すぐにわたしの上にまたがってくるではないか。

いやいや、オイルマッサージはどうなった?

オイルマッサーするの?
みたいな顔をするんじゃない。
って、オイルをつけた手でわたしの股間をマッサージするだけかい。

19歳のマッサージ嬢は、スレンダーのシリコン巨乳。
下からの眺めは最高なのである。
揉んだら硬いけど。

スペシャルする気はなかったはずなのに、気付いたら挿入させられていた。
あれま。

まあ、入ってしまったものはしょうがない。
出すもの出してから、出て行くしかない。
最近元気のなかったわたしの下半身も、なぜか絶好調。
体調が悪いときほど、下半身の調子は上向くらしい。
このシチュエーションにも反応したのかな。
あれよあれよという間に、快調なフィニッシュとなった。

マッサージ代と称して200バーツ、スペシャル代が1000バーツの計1200バーツ。
なんか、もったいような気もするなあ。

これならソイ6の個室でヤるほうがマシのような。
ソイ6なら、部屋代300にチップ1000の合計1300バーツで、それほど差がないし。
(交渉次第ではトータル1000バーツでいけるかも。)

バービアでショートでペイバーすると、バーファイン300にチップ1000バーツで1300バーツ。
あとはバービアでの飲み代がプラスされる。
でも、ホテルの自分の部屋で周囲の雑音を気にせずに集中できる。

いや、スペシャルマッサージに突入するかどうか、はたまたカーテンで仕切られただけの空間で声を殺しながらヤる、そんなシチュエーションに燃えるのだという人もいるかな。
実際に、わたしも結構反応してしまったし。

ちょっと想定外のブンブンとなったけど、まあ、気持よかったから良しとするか。

気づけばスペシャルマッサージ。
ソイハニーソイチャイヤプーンのオイルマッサージには気をつけろ。


関連記事

マリブゴーゴー

LKメトロのマリブとソイダイアナのバービア群。あと、パタヤの出張マッサージサービスについて。

37日目 おもらし嬢を見送ってから、一人でソイブッカオの市場へ。 昼食はぶっかけご飯

記事を読む

カオムーデーン

カオムーデーンと、ディスコで男を探すフリーランサーたち

28日目 昼食はソイボンコットにあるクィティアオ屋。 ナムトックのスープが絶品だった。

記事を読む

リンガベル1

バービアでリンガベル。あの鐘を鳴らすのは誰だ?

18日目 サンドイッチとムーカタ 起床は昼前。 前夜の深酒が残っており、ちょっと気分が悪い。

記事を読む

AISショップ

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

沈没生活4日目 目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。 LINEでメッセージが入る。

記事を読む

コヨーテバービア

ソイ6からドリンキングストリートまで、ノースパタヤの夜遊びスポットめぐり

パタヤ沈没10日目 本日の昼飯 なんとなくコンビニ弁当を選択。 魚のチリソース炒めご飯

記事を読む

バービア嬢Sちゃん

部屋へ泊まりにきたバービア嬢がベッドシーツにシミを作った理由とは?

(36日目夜の部つづき。注意。当記事後半には、人によっては不快に感じるような内容が含まれております。

記事を読む

ハピネスコーナーバー

旧正月のパタヤはいつもどおりのバービア沈没。ドラゴン飛翔せず。

34日目 幸いにも下痢は大したことがなかった。 軽い食あたりだったのだろう。 薬を飲む必要

記事を読む

パレスゴーゴー

ウォーキングストリートのゴーゴーバーめぐり。新規オープンのパレスほか。

(5日目つづき) ホテルの部屋へ戻る友人たちを尻目に、一人でゴーゴーバーめぐりすることに。

記事を読む

ソイ7シルバースター

読者さんとパタヤ夜遊びめぐり。LKメトロからウォーキングストリートまで。

(40日目つづき。夜の部) 以前より連絡を取り合っていた読者さんと、ようやく時間の都合が合った

記事を読む

名無し食堂のガパオ

やっぱり味の落ちたブッカオの名無し食堂

友人らとブッカオの名無し食堂で昼食を取ることにした。 ソイブッカオ沿い、ちょうどソ

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑