*

ソイエキサイトの新食堂。ビリヤードに勝ち、ムーカタに負けた夜。

23日目

友人2人はバンコクへ。
エカマイ行きのバスも少し値下げになったようだ。

ソイレンキーにあった食堂が移転

昼食を求めてサードロード付近をうろうろ。
ふと、見覚えのあるおばさんが手を振っているじゃないか。

あ、以前ソイレンキーのパクソイ(ソイの入り口)で食堂を営業していたおばさんだ。
何度か通っているうちに顔なじみになっていた。
けれど、いつの間にか店がなくなっていたのだ。

以前、食堂があった場所
ソイレンキー食堂あと

おばさんと久しぶりの再会となった。
話を聞いてみると、以前の店はテナント料が高くなって、こっちへ移転したらしい。

新しい店は、サードロードとソイ・エキサイトの交差点にある。
ちょうどファミリーマートの目の前。というか、ファミマの敷地内。

ソイエキサイト食堂2

ソイエキサイト食堂1

メニュー表も新調。

食堂メニュー

味は変わらず。

おすすめは、ジョーク。お粥だ。
英語メニューでいうところの「PORK PORRIDGE」
昼間は用意していないことがあるけど、夜なら食べれるはず。
胃もたれ気味の時に食べるジョークは格別である。

「Jub Vietnamese Rice」は、クイジャップのことだと教えてもらったことがある。耳で聞いただけなので正確かどうかは不明。
米の太い麺(ベトナムのフォー)が入ったラーメンというか雑炊みたいな食べ物。
以前のこの食堂で食べたことがあるけど、スープがくどい上に、胡椒が多すぎて、いまいちだった覚えがある。

クイジャップ3

関連記事:ガパオプラームック、クイジャップ、大雨

クィティアオとカオマンガイはいたって普通の味。40バーツ。
クィティアオのスープは、ナムサイとナムトックの二種類。
指定しなければ、普通味のナムサイで提供されるはず。

今回食べたのは、バミーの鶏肉入りで、スープはナムサイ。
いつもどおり合格点の味。

バミーナムガイ

サードロードまで行くのが少々面倒かもしれないけど、一度訪れてみてほしい。
陽気なおばさんと、寡黙ながら礼儀正しいおじさんの2人で切り盛りしているよ。

蛇足ながら、この店のサードロードを挟んだ斜め向かいには、ブリスラウンジ(BLISS LOUNGE)という怪しいバーがある。
お口専門のブロージョブバーとのこと。

ブリスラウンジ
店先に制服を来た女性たちが待機しているので、気が向いたらどうぞ。
たぶん、一抜き700バーツくらい。

夕食はブッカオ市場のぶっかけ飯

友人一行が帰ってしまったので、これからまた節約志向でいかねば。
となれば、貧乏滞在者の味方、ブッカオ市場のぶっかけ飯屋となる。

ブッカオ市場ぶっかけ飯食堂

豚肉と野菜の炒めもの&中華系ゆで卵のぶっかけ飯。
40バーツ。
特筆して美味くも不味くもなし。ありきたりのぶっかけ飯だ。

ぶっかけ飯

同じテーブルにファランとタイ人女性が何人か。
タイ女性たちは堅気の仕事の帰り道のような装い。
別々のグループらしいのだが、ファランがタイ人をナンパしていた。
おれたちバイクを持っているからこのまま遊びに行こうぜ、と誘っている。
屋台の支払いもファランがまとめて払っていた。
ファランが暴走気味に盛り上がっており、うるさい。

早々に完食して、市場を後にした。

ビリヤードとムーカタ

夜。
なんだか、無性にヤリたい気分。
よし、今日は誰かペイバーするぞと意気込む。

一週間ほど前にペイバーしたスレンダーバービア嬢は一向に出勤してこない。
LINEで連絡しても、「I no work」という返事しかないし。
間違いなくファランの太客ができたな。
かなりいい子だから、太客ができてもおかしくない。
残念だ。
他をあたろう。

気になるバービア嬢が二人ほどいる。
その店で飲んだことはなくて、通りがかりに目に入っただけ。

そのうちの一人のバービアへ。
が、ファランと接客中。
タイミングが悪いな。

次のバービアへ。
よし、誰も客がいない。

イサーン出身の24歳。こどもなし。
スレンダーとはいえないけど、体型は問題なし。
顔も合格点。
これはいけそう。
ドリンクを一杯奢って、しばらく会話。
盛り上がりは少し欠けるけど、これから仲良くなれそうな気配。

まだ時間が早いので、一度、撤退。

なじみのバービアに顔だけ出しに行く。

おっと、今回の沈没生活2日目に連れて帰ったOLの、お姉さんが遊びに来ているぞ。
席に呼ばれる。
肝心の妹は、仕事が忙しくて来れないとのこと。
残念。

OL2

関連記事:バービアでパッツン女子大生&OLと飲む。結局、OLをお持ち帰りした夜。

前回も同席していたパッツンとその彼氏も参加。
彼氏のタイ人がタトゥーショップ経営者だと判明した。
全身タトゥーだらけのコワモテだけど、ファンキーでおもしろい奴だ。

お姉さんとその友だちから、明日、一緒にムーガタへ行こうと誘われる。
食事代は割り勘でいいからと。
ムーカタかあ。
最近よく食べに行ってるしなあ。
やんわりとお断りしておく。

お姉さん方は、帰宅。
それにしても、このお姉さん、しょっちゅうバービアに飲みに来ているけど、仕事は何しているんだろうね。

今日のわたしはビリヤード絶好調。
タイ人やファラン相手に連戦連勝。
だいぶ腕が上がったかな。

よし、この調子でペイバーしよう。
24歳のバービア嬢のところへ戻る。
まだペイバーされずに残っている。
いいね。
しばらく会話。

一緒に寝る?
と提案するも、行かないとの返事。

腹が減ったから、ムーカタを食べに行きたいとしつこい。
今日はダメだから、明日以降だったら連れて行ってあげると言うも、今日がいいとのこと。

そんなに好きなのか、ムーガタが。
しつこく迫るのもよくないし、むしろ逆効果だろう。
ま、わたしが好かれなかっただけの話だな。

すごすごと撤収。
あてがハズレてしまった。

ビリヤードに勝ち、ムーカタに負けた夜。
寂しく一人寝。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

カオムーデーン

カオムーデーンと、ディスコで男を探すフリーランサーたち

28日目 昼食はソイボンコットにあるクィティアオ屋。 ナムトックのスープが絶品だった。

記事を読む

ギンザゴーゴー

ヤムガイセッブと連夜のウォーキングストリート。ギンザとリビングドール1。

パタヤ沈没19日目 前日は深夜遅くまでゴーゴーバーを放浪していたため、起床は昼ごろ。 食事を

記事を読む

デビルズデン

残り二日のパタヤ滞在。読者さんの夜遊び報告と、宿代の支払い。

49日目 いよいよパタヤ滞在も残り二日となった。 あさってには日本へ帰国する予定だ。 最後

記事を読む

AISショップ

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

沈没生活4日目 目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。 LINEでメッセージが入る。

記事を読む

コヨーテバービア

ソイ6からドリンキングストリートまで、ノースパタヤの夜遊びスポットめぐり

パタヤ沈没10日目 本日の昼飯 なんとなくコンビニ弁当を選択。 魚のチリソース炒めご飯

記事を読む

セントラルフェスティバル

セントラルフェスティバルパタヤ。AISとマックガパオとダイソーとユニクロと本屋。

36日目 セントラルフェスティバル セントラルフェスティバルパタヤ。 タイ人の間での呼

記事を読む

ドンムアン空港 (8)

さらばパタヤ、さらばタイ女性たち、また会う日まで。日本帰国。

51日目 本日は帰国日。 名残惜しいが、パタヤともお別れだ。 どうせ2,3ヶ月もすれば戻っ

記事を読む

バービア嬢

久々のペイバーでようやく当たりを引く

15日目 本日の昼飯 面倒になりコンビニ弁当で済ます。 オムレツ付き豚のレッドカレー炒

記事を読む

ハピネスコーナーバー

旧正月のパタヤはいつもどおりのバービア沈没。ドラゴン飛翔せず。

34日目 幸いにも下痢は大したことがなかった。 軽い食あたりだったのだろう。 薬を飲む必要

記事を読む

ウォーキングストリート2015

屋台のガパオムーとFUJIのトンカツ定食。タイ彼女つきの友人とゲイの友人、来たり。

沈没生活5日目 本日の昼食 屋台のガパオライス。 ガパオムーサップカイダーオドゥアイ。 ムー

記事を読む

アドステア

アドステア

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

D CLUB (3)
WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑