*

ソイエキサイトの新食堂。ビリヤードに勝ち、ムーカタに負けた夜。

23日目

友人2人はバンコクへ。
エカマイ行きのバスも少し値下げになったようだ。

ソイレンキーにあった食堂が移転

昼食を求めてサードロード付近をうろうろ。
ふと、見覚えのあるおばさんが手を振っているじゃないか。

あ、以前ソイレンキーのパクソイ(ソイの入り口)で食堂を営業していたおばさんだ。
何度か通っているうちに顔なじみになっていた。
けれど、いつの間にか店がなくなっていたのだ。

以前、食堂があった場所
ソイレンキー食堂あと

おばさんと久しぶりの再会となった。
話を聞いてみると、以前の店はテナント料が高くなって、こっちへ移転したらしい。

新しい店は、サードロードとソイ・エキサイトの交差点にある。
ちょうどファミリーマートの目の前。というか、ファミマの敷地内。

ソイエキサイト食堂2

ソイエキサイト食堂1

メニュー表も新調。

食堂メニュー

味は変わらず。

おすすめは、ジョーク。お粥だ。
英語メニューでいうところの「PORK PORRIDGE」
昼間は用意していないことがあるけど、夜なら食べれるはず。
胃もたれ気味の時に食べるジョークは格別である。

「Jub Vietnamese Rice」は、クイジャップのことだと教えてもらったことがある。耳で聞いただけなので正確かどうかは不明。
米の太い麺(ベトナムのフォー)が入ったラーメンというか雑炊みたいな食べ物。
以前のこの食堂で食べたことがあるけど、スープがくどい上に、胡椒が多すぎて、いまいちだった覚えがある。

クイジャップ3

関連記事:ガパオプラームック、クイジャップ、大雨

クィティアオとカオマンガイはいたって普通の味。40バーツ。
クィティアオのスープは、ナムサイとナムトックの二種類。
指定しなければ、普通味のナムサイで提供されるはず。

今回食べたのは、バミーの鶏肉入りで、スープはナムサイ。
いつもどおり合格点の味。

バミーナムガイ

サードロードまで行くのが少々面倒かもしれないけど、一度訪れてみてほしい。
陽気なおばさんと、寡黙ながら礼儀正しいおじさんの2人で切り盛りしているよ。

蛇足ながら、この店のサードロードを挟んだ斜め向かいには、ブリスラウンジ(BLISS LOUNGE)という怪しいバーがある。
お口専門のブロージョブバーとのこと。

ブリスラウンジ
店先に制服を来た女性たちが待機しているので、気が向いたらどうぞ。
たぶん、一抜き700バーツくらい。

夕食はブッカオ市場のぶっかけ飯

友人一行が帰ってしまったので、これからまた節約志向でいかねば。
となれば、貧乏滞在者の味方、ブッカオ市場のぶっかけ飯屋となる。

ブッカオ市場ぶっかけ飯食堂

豚肉と野菜の炒めもの&中華系ゆで卵のぶっかけ飯。
40バーツ。
特筆して美味くも不味くもなし。ありきたりのぶっかけ飯だ。

ぶっかけ飯

同じテーブルにファランとタイ人女性が何人か。
タイ女性たちは堅気の仕事の帰り道のような装い。
別々のグループらしいのだが、ファランがタイ人をナンパしていた。
おれたちバイクを持っているからこのまま遊びに行こうぜ、と誘っている。
屋台の支払いもファランがまとめて払っていた。
ファランが暴走気味に盛り上がっており、うるさい。

早々に完食して、市場を後にした。

ビリヤードとムーカタ

夜。
なんだか、無性にヤリたい気分。
よし、今日は誰かペイバーするぞと意気込む。

一週間ほど前にペイバーしたスレンダーバービア嬢は一向に出勤してこない。
LINEで連絡しても、「I no work」という返事しかないし。
間違いなくファランの太客ができたな。
かなりいい子だから、太客ができてもおかしくない。
残念だ。
他をあたろう。

気になるバービア嬢が二人ほどいる。
その店で飲んだことはなくて、通りがかりに目に入っただけ。

そのうちの一人のバービアへ。
が、ファランと接客中。
タイミングが悪いな。

次のバービアへ。
よし、誰も客がいない。

イサーン出身の24歳。こどもなし。
スレンダーとはいえないけど、体型は問題なし。
顔も合格点。
これはいけそう。
ドリンクを一杯奢って、しばらく会話。
盛り上がりは少し欠けるけど、これから仲良くなれそうな気配。

まだ時間が早いので、一度、撤退。

なじみのバービアに顔だけ出しに行く。

おっと、今回の沈没生活2日目に連れて帰ったOLの、お姉さんが遊びに来ているぞ。
席に呼ばれる。
肝心の妹は、仕事が忙しくて来れないとのこと。
残念。

OL2

関連記事:バービアでパッツン女子大生&OLと飲む。結局、OLをお持ち帰りした夜。

前回も同席していたパッツンとその彼氏も参加。
彼氏のタイ人がタトゥーショップ経営者だと判明した。
全身タトゥーだらけのコワモテだけど、ファンキーでおもしろい奴だ。

お姉さんとその友だちから、明日、一緒にムーガタへ行こうと誘われる。
食事代は割り勘でいいからと。
ムーカタかあ。
最近よく食べに行ってるしなあ。
やんわりとお断りしておく。

お姉さん方は、帰宅。
それにしても、このお姉さん、しょっちゅうバービアに飲みに来ているけど、仕事は何しているんだろうね。

今日のわたしはビリヤード絶好調。
タイ人やファラン相手に連戦連勝。
だいぶ腕が上がったかな。

よし、この調子でペイバーしよう。
24歳のバービア嬢のところへ戻る。
まだペイバーされずに残っている。
いいね。
しばらく会話。

一緒に寝る?
と提案するも、行かないとの返事。

腹が減ったから、ムーカタを食べに行きたいとしつこい。
今日はダメだから、明日以降だったら連れて行ってあげると言うも、今日がいいとのこと。

そんなに好きなのか、ムーガタが。
しつこく迫るのもよくないし、むしろ逆効果だろう。
ま、わたしが好かれなかっただけの話だな。

すごすごと撤収。
あてがハズレてしまった。

ビリヤードに勝ち、ムーカタに負けた夜。
寂しく一人寝。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

バービア嬢Sちゃん

部屋へ泊まりにきたバービア嬢がベッドシーツにシミを作った理由とは?

(36日目夜の部つづき。注意。当記事後半には、人によっては不快に感じるような内容が含まれております。

記事を読む

ドンムアン空港 (8)

さらばパタヤ、さらばタイ女性たち、また会う日まで。日本帰国。

51日目 本日は帰国日。 名残惜しいが、パタヤともお別れだ。 どうせ2,3ヶ月もすれば戻っ

記事を読む

デビルズデン

残り二日のパタヤ滞在。読者さんの夜遊び報告と、宿代の支払い。

49日目 いよいよパタヤ滞在も残り二日となった。 あさってには日本へ帰国する予定だ。 最後

記事を読む

ノーティーガール

パタヤタイの屋台捜索からウォーキングストリートまで。ノーティーガールの20歳と再会。

42日目 昼飯はぶっかけ飯 もうあまりにも定番すぎてまったく新鮮味がないけど、昼食はいつ

記事を読む

ギンザゴーゴー

ヤムガイセッブと連夜のウォーキングストリート。ギンザとリビングドール1。

パタヤ沈没19日目 前日は深夜遅くまでゴーゴーバーを放浪していたため、起床は昼ごろ。 食事を

記事を読む

LKメトロ

ファランと結婚するというバービア嬢と再会。ちょっと涙酒。

46日目 昼飯はガイヤーンとカオニャオ いつものイサーン料理屋台へ。 ラーブでも食べよ

記事を読む

読者投稿サムネイル

【読者情報】ノースパタヤの日本人カラオケ「ガーデン」はパタヤ版テーメー?

読者さんがペイバーしたという日本人カラオケの詳しい情報を教えてもらった。 店名は「ガーデン(G

記事を読む

パレスゴーゴー

ウォーキングストリートのゴーゴーバーめぐり。新規オープンのパレスほか。

(5日目つづき) ホテルの部屋へ戻る友人たちを尻目に、一人でゴーゴーバーめぐりすることに。

記事を読む

パタヤ看板

2015年パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月15万円の予算で毎日夜遊びしながら滞在できるのか、経過報告。

ちょうど1ヶ月が経過したパタヤ沈没生活。 前半戦終了である。 まだ先はあるものの、とりあえず

記事を読む

Mちゃんの寝姿

18歳Mちゃんを部屋へ連れて帰るものの淡白なブンブン

30日目 バレンタインナイトから一夜が明けて、平常運行のパタヤ。 1月はかなり涼しかったけれ

記事を読む

アドステア

アドステア

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

→もっと見る

PAGE TOP ↑