*

パタヤのアパートへ帰還。タイ・ラオス周遊夜遊び旅行終わり

コラートからパタヤへ

コラートには2泊した。
とりあえず満足だ。

そろそろパタヤが恋しくなってきた。
帰ろう、我が家へ。

コラートの新バスターミナルでパタヤ行きのバスに乗る。
ナコンチャイエアーのラヨーン行きバスだ。ちなみに始発はルーイ。
バスの座席に空きがあれば、コラートからでも乗れる。

チェンマイ行きのナコンチャイエアーで始まったこの旅の最後も、やはりナコンチャイエアー。
タイのバス会社ではナンバーワンと言われるだけあって、運用はきっちりしていて、バスの整備も行き届いている。すばらしい。

ナコンチャイエアー
出典:http://www.nca.co.th/gold_class.html

でも、コラートからパタヤまではきっちり6時間かかった。
遠いよなあ。

コラートからパタヤへは、他にも407バスやSMKバスなどが運行している。
単純にパタヤとコラートを往復しているのはSMK。あとは区間乗車となる。

パタヤ帰還。
出発地と同じスクンビットのバスターミナルへ戻ってきた。

ナコンチャイエアー乗り場

ここからちょっと歩いて、パタヤクラン(セントラルパタヤロード)のソンテウに乗れば、安上がりでアパートまで帰れる。
が、少しでも早くアパートへたどり着きたかった。
バイタクを利用。60バーツ。

あっという間にアパートへ。
15日間留守にしていたけど、空き巣に入られることもなく、部屋は無事だった。
一階にある洗濯屋さんに頼んでおいたベッドシーツ類を回収。
これで今晩は快適に眠れそうだ。

コヨーテ嬢と再会

この頃、仲の良かったコヨーテ嬢がいた。
パタヤのゴーゴーバーで働き出したばかりの19歳。
タイ・ラオス周遊旅行に出かける少し前に知り合い、それからはずっと一緒に過ごしていた。
そのコヨーテ嬢に会いたかった。

コヨーテ嬢1

関連記事:今でも忘れられないコヨーテ嬢

普段はペイバーせずに、彼女が仕事が終わればわたしの部屋に来るような関係。
でも、今日は特別だ。
高いペイバー代を払ってもいいと思っていた。

夜8時頃。
バーがオープン。
さっそく会いに行く。

再会を祝して乾杯。
わたしが不在の間、言い寄ってくる客からのペイバーはすべて断っていたそうだ。
本当かどうか知らないいけど、ウソでもうれしい。
ま、こっちはラオスやイサーンの置屋で何人もお相手してきたけど。

よし、さくっと連れ出そう。
が、なぜか、拒否された。
仕事終わりにもう一度迎えに来てほしいと頼まれた。
ちょっと肩透かし。

うーん、これまでずっと誰からもペイバーされてないのに、いきなりペイバーを受け入れるのは、ママさんに対してあまり心証が良くないと判断したのか。

一度、部屋に戻り時間つぶし。
深夜2時。
バーの閉店を見計らい、眠い目をこすりながら、迎えに行った。

深夜、ようやく一発。
15日分の気合の入った一発となった。
ひたすら眠たかったけど。

これにて15日間にわたるタイ・ラオス周遊夜遊び旅行終了。

まとめ

パタヤを出発して、ぐるりと円を描くようにまたパタヤへ戻ってきた。
まさに周遊旅行。

ルート地図
パタヤ発タイ・ラオス周遊旅行ルート

(画像クリックでグーグルマップへ)

 

長かったような短かったような、終わってみれば楽しい旅行だった。
反省材料としては、もっと夜遊びすればよかったかな。

タイ北部、タチレクでは、一回もやらず。バーと置屋めぐりをしただけ。
ラオスに入ってからは、ルアンパバーンとラオスで一発ずつ。
で、ウドンタニーとコラートで一発ずつ。
計4回。

がっつり夜遊びするぞと意気込んで出発したわりには、意外と少ない結果となってしまった。
そのぶん安上がりの旅行になったけど。

まあ、半分はオトナの社会見学みたいなものなので、よしとしよう。
若かりし頃に行ったバックパッカー旅行に夜遊びを加えるという当初のプランは、それなりに達成できたかな。

なかなかいいもんですよ、こういう夜遊びパッカー旅行も。
時間がある人は、ぜひどうぞ。

時間が無い人は、バスやスローボートではなくて、飛行機を使えばオッケー。
自分のスタイルに合わせて好きなように楽しめばいいだけです。
10日あれば、今回の滞在都市は充分楽しめるのではないかと。

 


関連記事

phimai

ピマーイの観光と夜遊び情報(地図付き)

ピマーイ観光 ピマーイの朝。 ピマーイ・イン・ホテルのレストランでカオトム(おかゆ)を注文して朝

記事を読む

singapore1

シンガポールの風俗地区ゲイランに宿泊

バタム島からシンガポールへ バタム島を離れ、フェリーはシンガポール港へ到着。 近い。ほん

記事を読む

MP嬢 (1)

コラート2日目。MPバビロンで入浴

コラート滞在も2日目となった。 それにしても、昼間にすることがない、この町は。 クランプラザ

記事を読む

バービア嬢実家4

イサーンへ。バービア嬢の実家へ遊びに行く

パタヤからバスでコラートへ さて、友人K氏の彼女である元バービア嬢の実家へ遊びに行くことになった。

記事を読む

vang-vieng1

バンビエンは若いリア充ファランの溜まり場だった。でも置屋もあるよ。

ルアンパバーンで2泊してから、バンビエンに向かった。 ルアンパバーンからバスに揺られること6時間。

記事を読む

スワンナプーム空港

アパートを解約して帰国。アジア夜遊び旅行の終わり。

半年以上にわたったパタヤ沈没生活とアジア夜遊び旅行も、終わりの時が近づいてきた。 そろそろ本格

記事を読む

ウドンタニータンブン1

ウドンターニー郊外の寺でバービア姉さんとタンブン

混乱の一夜が明けた。 隣に寝ているバービア姉さんは、きっちり朝6時に起床した。 わたしも起こされ

記事を読む

チェンコン・フエサイ国境1

ラオス上陸。チェンコンからフエサイ、そしてスローボートでルアンパバーンを目指す。

メコン川を渡ってラオスへ チェンセーンから一気にラオスまで移動することにした。 まずは、ソンテウ

記事を読む

サメット島アオパイビーチ3

サメット島二日目。早くもパタヤへ戻る。バンペー埠頭からパタヤへソンテウとバスで帰る方法。

サメット島二日目の朝 南の島の朝は早い。 7時頃には起床した。 レストランに6人が集合して朝食

記事を読む

MP嬢 (1)

コラートふたたび。怪しいマッサージ屋はやはりブンブン付きだった。

いよいよ、タイ・ラオス周遊旅行も終わりが近づいてきた。 この旅最後の滞在地はイサーンの中心都市

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Air-G より:

    あけましておめでとうございます。
    今年も楽しい記事沢山書いてくださいね。

    • pattayan night より:

      あけましておめでとうございます。
      今年もご愛読のほどよろしくお願いします。

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑