*

ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

公開日: : グルメレポート


テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6)に入ると、何やら赤提灯と竹の暖簾を発見。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (1)

見るからに日本料理屋だな。

店頭では、サーモンなどの刺し身が並んでいる。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (2)

でも、その横では普通のタイ料理の厨房もあるなあ。

とりあえず入店してみた。

SPONSOR LINK

エビ天ぷらカレー

うむ。どこか怪しいながらも懐かしい赤提灯たち。こんなに乱立させるものじゃないよ。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (4)
だらけた雰囲気が漂う。店内にビーチベッドを置くんじゃない。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (5)

メニューは一枚もの。表と裏がある。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (9)

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (3)

寿司、ラーメン、餃子、カレー、とんかつ、天ぷら、などなど。うなぎまであるなあ。

サードロードにある日本食屋台のラーメンチャンピオンによく似ている。暖簾分けかな。

メニューはタイ語表記のみ。注文はテーブル上に紙に自分で書くスタイルだが、店員を呼んで口頭で伝えても大丈夫。

やっぱりカレーだろうと、エビフライっぽいやつがのったカレーライスを注文してみた。79バーツ。
店員が復唱すると、はっきりと「テンプラ」と発音していたが、まあどっちでもいいか。

ほい、完成。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)

ちゃんとカレーですな。見た目はなかなか豪華。

カレールーに埋もれてしまいわかりづらいけど、たしかに天ぷらだ。

向きを変えてもう一枚。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (7)

カレーには、じゃがいもと鶏肉がごろごろ。

予想はしていたが、カレーは甘い。ひたすら甘口である。どうやったらここまで甘くできるのか。日本のカレーを甘く舐めているのか。いや、まあ、甘口であることをのぞけば、普通に日本のカレーの味なんだけど。そういえば、サードロードのラーメンチャンピオンのカレーも似たような甘口だよなあ。作り方やインスタントルーが同じなのか。
辛口スパイスを持ってきてふりかければ、そこそこの味になりそうなのだが。

エビてんぷらは、衣が多いものの、きちんとしたエビてんぷらとなっている。
が、尻尾ごと衣をつけるのはやめてほしい。そこは別にしてほしい。尻尾は別に食べたくない。

これまた予想していたが、この甘口カレールーとエビ天ぷらは明らかにミスマッチである。まったく合わない。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (8)

テーブルの上に置いてあった醤油を天ぷらにかけてみると、おお、一気に天ぷら味が復活したぞ。
が、醤油と甘口カレーはやっぱり合わない。

少々文句もあるが、79バーツならこんなもんでしょう。ボリュームはけっこうあります。
ソイコーパイなんていうローカルエリアでは善戦しているとさえ言えます。
次回食べることがあれば、天ぷらカレーはやめてカツカレーにしようと思う。

地図と行き方と湯の森温泉

場所はだいだいです。このあたりに行けばすぐ見つかります。
この地図だけで、どこだかすぐに分かる人には説明不要。
ごく一般的なパタヤ短期旅行者のほとんどの人はわからないはず。
わたしもこのエリアまでたどり着くのに初パタヤから5年以上かかってますんで。

行き方はバイクがあれば簡単。パタヤタイからソイコーパイに入ってひたすら直進、もしくは、テパシット通りを走ってソイコーパイで左折するだけ。

ソンテウを乗り継いでも行ける。
ウォーキングストリート近くから出るジョムティエンビーチ行きソンテウをテパシット通りの交差点で下車。そこからテパシット通りに入って、スクンビット方面行き乗り合いソンテウに乗り換えて、ソイコーパイ入り口で下車すればいい。
(ソンテウの新ルートが軍によって定められたが、現状ではみんな無視している。つい先日も、テパシット入り口で従来通りスクンビット方面行きソンテウが客待ちしていた。10バーツ。)

まあ、この説明だけで行き方が分かる人は、かなりパタヤの地理に詳しいだろうから、やっぱり説明不要。

看板によれば、営業時間は午後5時から午前4時まで。宵っ張りすぎでしょう。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (10)

なお、近くのテパシット通りには、湯の森温泉ができてますね。

わかりづらいけど、夜の湯の森温泉
Yunohana onsen Pattaya

湯の森温泉内にも日本料理レストランがあるみたい。でも、あえて、このローカル日本料理屋で食べるカレーも乙なもんです。ひとっ風呂浴びてから、超甘口カレーをどうぞ。

関連記事:ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

SPONSOR LINK

関連記事

デンダムバミー (2)

パタヤ・デンダムレストランのすっきりスープ海鮮バミーナムはおすすめ

パタヤの庶民的なレストランとして有名なのがデンダム(デーンダム)。 パタヤ在住のタイ人なら、ほ

記事を読む

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (2)

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

以前、ソイボンコットとパタヤタイの交差点にある10バーツ唐揚げ屋を紹介した。 唐揚げ好きにはお

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

Tee laab zeb Tom zab

サードロードの安くてうまいイサーンレストラン、ティーラーブセーブ。おすすめはトムセーブ。

サードロードのおいしいイサーン料理専門店をご紹介。 店名は、ティーラーブセーブ。 看板

記事を読む

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

JOY'S CORNER BREAKFAST (4)

具だくさんチーズのせオムレツブレックファーストセット100バーツ@キャッスル近く

ソイボンコットからサードロードへの抜け道を通っていると小さなレストランを見つけた。

記事を読む

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。 わたしも過去何度も訪れている。 おおよそ200バー

記事を読む

Silom khao man gai (4)

シーロム・サラデーン地区は、意外なローカルグルメスポット。バミーナム、カオマンガイうまし。

シーロムは、バンコクを代表するビジネス街。 高層ビルが立ち並んでいて、上を見上げているだけなら

記事を読む

フライデイFRYDEY最新 (1)

FRYDAYのフィッシュアンドチップスが値上げ。110バーツへ。でもうまい。

当ブログで何度か登場しているフィッシュアンドチップスの名店「FRYDAY フライデイ」

記事を読む

アドステア

アドステア

丸亀製麺パタヤ店 (6)
パタヤの丸亀製麺Express実食レポート、ぶっかけうどんとカツ丼とカレーライス

パタヤに誕生した丸亀製麺。 7月7日にオープンしたばかり

Image
TG・タイ国際航空がバンコク行き往復33,000円のタイムセール中

タイ国際航空(TG)がタイムセール中です。 TGア

Chonburi Department Of Land Transportation Banglamung (1)
パタヤでタイの運転免許証を取得してきた。2017年最新情報。

昨日のこと、パタヤの陸運局でタイの運転免許証を無事に取得してきた。

Pattaya immigration (4)
【2017年7月最新情報】タイの居住証明書の取得方法。パタヤイミグレーション。

タイの居住証明書をパタヤのイミグレーションで無事に取得してきた。

Jasmine coffee and restaurant (12)
サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE

→もっと見る


PAGE TOP ↑