パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

エッセイ

2016年、当ブログを通じて売れたAmazon商品ランキング

投稿日:

え~、当ブログにはAmazonアソシエイトを利用したアフィリエイトリンクを張っております。
売上げは、ブログ運営資金に充てさせてもらってます。ポチってくれた読者の皆様に感謝。

さて、昨年2016年の当ブログ経由で購入された商品一覧からランキングを作ってみた。
まあ、ほぼ順当な結果ですが、軽く見ていきましょう。

第1位 Gダイアリー各号

当たり前のようにタイ紳士御用達の雑誌が1位となりました。
各号によってばらつきがあって合計するのは面倒なんで割愛。

特に休刊号となった2016年10月号がすごい。
この号だけで90冊も売れてます。単体商品でもぶっちぎり1位。
目下のところGダイアリーの最終号だけあって、みなさんこぞって買われたようです。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

第2位 バンコク 3500円以下で楽しめる夜遊びスポットを徹底的に探してきました

Gダイアリー編集長さんの本が34冊売れました。

どれだけGダイの売上に貢献していることやら。
Gダイさん、なんかください。

第3位 インドネシア夜遊びMAX 2015-2016 (OAK MOOK-582)

33冊売れてます。インドネシア系の情報はようやくネット上に充実してきたけど、まだまだわかりづらい。そういった面で需要がある模様。

同シリーズの香港夜遊びMAXは15冊。
フィリピン夜遊びMAXは14冊。
タイランド夜遊びMAXは12冊、パタヤプーケットチェンマイ編は4冊でした。
(同じシリーズなんで、順位には反映させてません)

このシリーズを合算すると、70冊以上売れてます。
ブル奥さん、なんかください。

第4位 世界一周ホモのたび

まさかのホモ漫画が、32冊も売れました。

まあ、これはKindle版のフェアで激安だった影響が大ですが。

関連記事:「世界一周ホモのたび by 熊田プウ助・ サムソン高橋」がおもしろい

それにしても、みなさん、そっちの世界に興味があるようで。
パタヤは、そっちの世界でも一大スポットですからねえ。

サムソンさん、パタヤのサウナでお会いした際は、お手柔らかに(嘘)

第5位 タイ語の本音 (双葉文庫)

下川裕治さんの「タイ語の本音」が29冊売れました。

「ミートゥラ」というタイ語の表現が大ヒットですね。

関連記事:パイナイ?と聞かれたら、こう答えろ。とにかく便利なタイ語、ミートゥラ。

この記事と本を読んだ友人が、つい先日ウォーキングストリートの客引きに「ミートゥラ」を使って、その場を切り抜けている現場に遭遇した。
ミートゥラさえ覚えておけば、しつこい客引きも意外とあっさり引いてくれる。
いや、それだけじゃなくて、「タイ語の本音」は本当におもしろい本です。タイ語というより、タイ文化やタイ人気質の勉強になります。
タイ好きなら必読本。

第6位 iBUFFALO 盗難防止用巻き取り式セキュリティワイヤーケーブル BSQ04A

28個売れました。
これは便利です。個人旅行者やバックパッカー必須のアイテムです。

この財布のシリーズも9個売れてます。

セキュリティーベルト(通称腹巻き)もそこそこ売れてます。

旅のセキュリティは万全に。

第7位 タイに渡った鑑識捜査官

15冊売れました。

テレビで紹介されて知名度がアップ。
まだ現役でタイ警察にお勤めのようですね。頭が下がります。
おもしろい本ですよ。

第8位 食べる指さし会話帳1タイ(タイ料理) (旅の指さし会話帳シリーズ)

11冊売れました。

これは、タイのローカル料理をタイ語とイラスト・写真付きで紹介したもの。
ローカル飯情報を知りたい時には欠かせない本。
実際にこの本を使って指さし注文したことはないですが、予備知識を得るとか、後から料理名などを確認したい時に重宝しています。

通常のタイ語の指さし会話帳より売れています。
みなさん、食い物のほうがお好きなようで。

第8位 Thai Phrasebook 8 (Lonely Planet)

同率8位。単体で11冊売れてます。

ロンリープラネットが発行しているタイ語本。英語とタイ語の本だけど、かなり便利です。
ポケットサイズの日本の類書とは情報量が桁違い。さすがロンプラ。
英語がある程度わかる人は持っておいて損なし。

関連記事:ロンリープラネットのタイ語会話本。英語だけど、使い勝手がよくて便利。

第10位 CD BOOK はじめてのタイ語 (アスカカルチャー)

日本語によるタイ語学習本では、これが1位。10冊ほど売れてます。

まあ、単にわたしが最初に利用した本ってだけで紹介したんですが、今でもたまにCDは聞いてます。
単語を覚えるのにけっこう使えます。耳で聞いて、そのまま復唱。ひたすらこの繰り返しですね、日本にいながら外国語を覚えるには。

関連記事:タイへ夜遊び旅行するなら覚える言葉は英語、それともタイ語?

第10位 Angels of Pattaya

同率10位で洋書がランクイン。10冊売れてます。

パタヤを中心とした現役の夜の女性たちへのインタビュー集ですね。

関連記事:ファランによるタイ風俗嬢へのインタビュー集「パタヤの天使たち」

意外と需要があるみたい。
現役夜嬢へのインタビューに興味津津の人が多いようだ。

そういえば、こんな記事も人気だったし。

関連記事:日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。彼女の秘密を知るべきか知らざるべきか。

こういうタイプの読み物が好きな人はきっと多いはず。
本格的に自力でやってみようかなあ。

洋書では、名作中の名作「Private Dancer」が7冊売れてます。ペイバーバック版もあり。

これこそ翻訳して日本語で出版してほしいよなあ。
そこそこ売れると思うんだが、出版社の方、御検討のほどを。
これまた自力でなんとかしようかねえ。

関連記事:ファランによるタイ夜遊び小説の決定版「プライベート・ダンサー」

番外編

あとは、一桁代の売上ばかりです。雀の涙です。でもありがとうございます。

紳士のたしなみのゴム製品ですが、好みがわかれている模様。

僅差ですが、なぜかこいつが一番人気。0.01mmじゃなくて、0.1mm。ザッツストロングでロングプレイ可らしいっす。
他のゴムさんは、0.01mmが多いですね。ソーロー派もチロー派もお好きなように、がんばってください。

 

紹介したわけではないですが、少し売れてます。
毎晩飲み歩くことの多いパタヤ。二日酔い対策は必要かも。
ちなみに、この酒豪伝説は、ハーバーパタヤのマックスバリュで売ってます。日本で買うほうが安いだろうけど。

 

これも紹介した商品ではないですが、虫よけスプレーも多少は売れています。
タイや東南アジア旅行では、蚊の心配する人が多いんでしょうね。
体に塗る虫よけスプレーなら現地で買うのが一番ですが、部屋に散布するタイプの虫除けスプレーは日本で買ったほうが良いかも。
これ、便利そう。買ってみようかな。30mlなら機内持ち込み可能だろうし。
たまに、ホテルの部屋に1匹だけ蚊が紛れ込むがあって、安眠のさまたげになるんだよなあ。

最後に

主に紹介するのは書籍が多く、やはり売上件数も本が一番多いですね。

洋書の紹介もまだ残っているし、日本語の本も大量に持っているんで、おいおい紹介していこうかなと。
学術系の真面目な本もアングラ・サブカル系も両方得意分野なんで。

旅行中はなるべく持ち物は減らしたいタイプにつき旅行グッズやガジェット類はあまり多く持っていないけれど、気になる商品があれば紹介していきます。

ともあれ、当ブログを通じて商品を購入していただいた方に感謝します。
記事執筆やブログ更新の励みになります。

2017年もよろしく。
休刊したGダイアリーの牙城を崩してほしいですねえ。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-エッセイ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.