*

「世界一周ホモのたび by 熊田プウ助・ サムソン高橋」がおもしろい

公開日: : エッセイ

バックパッカー系海外旅行ブログやツイッターで話題になっている本がある。

タイトルがいいよね。
「世界一周ホモのたび」

海外風俗女遊び本はそれなりに出版されているし、もちろん、バックパッカー系世界旅行本なんて数えきれないほど出ている。
世界一周ブログなんてのも、ちっとも珍しくない。

が、これは、ずばりホモの旅である。

海外のハッテン場をさがして世界中を旅行するのだ。
うーん、なんてロマンチック。
考えることは、女好きの男性旅行者と同じである。
対象が同姓なだけ。

5月9日現在、Kindle版がわずか5円で販売されている。
最近は、海外旅行系の本をすっかり読まなくなってしまったが、これには思わずポチってしまった。

タイにいるけど、Kindle版なら一瞬で購入可能。
パソコンのKindleリーダーにデータが送信されてきて、ダウンロード完了できしたが、読めるようになる。

スクリーンショット_050916_020340_PM

まあ、便利な時代である。

関連記事:沈没生活の暇つぶし登場。Kindle for PCなら、Windowsマシンやタブレットで電子書籍がサクサク読める。

さっそく読み始める。
少し活字も混じっているが、ほぼ全編漫画。写真も少々。
さくっと読みきれてしまう。

日本のホモ雑誌をクビになり、タイへ渡った著者。
スリン諸島でインド洋沖地震に遭遇し、ツナミの巻き込まれるも、木にしがみついて一命を取り留めたエピソードから始まる。

まあ、あとはアジアとヨーロッパのハッテン場で男を探す旅となる。
ハッテン場とは、ガチの人たちがガチの出会いを求めて集う場所のことだ。
多くはゲイ向けサウナとなる。

バンコクには有名なバビロンというサウナがある。
ここは、テレビ番組の「クレイジージャーニー」で取り上げられていたっけ。

ヨーロッパのサウナがワイルドで、中に入るなり、浴室内で男同士が行為をしているとか何とか。
いやあ、ノンケの知らない世界ってあるもんだなあ。

それにしても、ヨーロッパのサウナ文化っておもしろいなあ。
FKKでは女遊びができて、ゲイ向けサウナではガチ男遊びができて、さらには普通のサウナもたくさんある。
ドイツは2回旅行しているが、一度もサウナに入っていない。お風呂天国のハンガリーでも入らなかった。
入っておけばよかったと後悔。

 

パタヤにも有名なゲイサウナがありますね。ジョムティエン方面に。

あと、サウナではないが、わたしも偶然ハッテン場に迷いこんでしまった経験がある。

パタヤヒルにある秘密のハッテン場で貞操の危機に陥った話

パタヤは、女遊びのイメージが強いが、実は男遊びもできる。

ノンケにも有名なのは、ウォーキングストリート近くのボーイズタウンだろう。

ボーイズタウンの看板

ガチムチ系から、なよなよ系までのボーイズが待ち構えている。まあ、これはガチ向けというより、女性客向けと言える。

よりガチガチのガチには、パタヤタイにあるSUNNY PLAZA(スニープラザもしくはスンニープラザ)がいい。
ゴーゴーボーイとボーイズバービアが所狭しと並んでいる世界屈指のゲイタウンだ。

SUNYY PLAZA (2)
SUNYY PLAZAゴーゴーボーイ

あと、ジョムティエン入り口近くにもボーイズバービアが密集しているエリアがある。
ジョムティエン (14)

ボーイにマッサージでもしてもらいたければ、パタヤタイのトゥッコム裏にあるマッサージ屋へどうぞ。
こう並べてみると、すごい街だな、パタヤは。

 

少々脱線したが、この本はおもしろい。
バックパッカー視線でも楽しめる本。
ホモはケチだという。安い宿と安い飯を求めて、あちこちさまよう姿はまさに正統派バックパッカー。
ビール好きの著者は、アジアで一番おいしいビールはラオスのビアラオだと言う。同意だ。

男漁りを女漁りに変換すれば、このブログの読者にも共感いただけるだろう。

とまあ、ガチの人もノンケの人も、海外旅行好きでちょっとアングラな世界をのぞいてみたい人は、ぜひ読んでほしい一冊。
あっという間に読み終わってしまうのが残念。全部で129ページ。
まあ、5円で読んでいるのだから、文句を言うのは野暮ってもの。
漫画だけど、過激な描写はそれほどないんで、ご心配なく。いや、人によっては過激描写にうつるかもね。
いつまで5円なのかは不明なので、読みたい人はお早めに。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Baccara

昨晩のパタヤバカラにて思うこと

ソンクラーン直前のウォーキングストリート。 日増しに観光客が増えているような印象。

記事を読む

addiction

タイの夜の女性たちの薬物使用について。ヤーバーとヤーアイス

オブセッションの夜 去年、パタヤに沈没していた頃の話。 懇意にしているバービア嬢がいた。 夜中

記事を読む

びっくり

パタヤはやっぱり狭い街。浮気現場の目撃に注意せよ。

先のパタヤ滞在中は、ずっと特定の女性と一緒だった。 昼間は二人で食事に出かけたり、センター

記事を読む

コンビニのペットボトル

セマクテ?シンメチョーダイ?キクアノネ?ミヤビ。タイで耳にするよくわからん日本語。

パタヤに限らず、タイで遊んでいると、変な日本語にでくわす機会が多い。 商品名が奇妙な日本語表記して

記事を読む

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

タイ観光局統計

タイ・パタヤの観光客数。その人数と消費金額など。パタヤだけで数千億円?

先日、2014年度のタイへの旅行者数の統計が発表された。 このニュース記事で知った。 P

記事を読む

ブッカオバービア群

北部タイ語のちょっと危ないスラング

パタヤでチェンマイ語 パタヤのバービアで働く女性の大半はイサーン出身だ。バンコク近郊やペチ

記事を読む

ザ・シー閉店

THE SEA(ザ・シー)閉店で思うこと

ダイアモンドアーケード内を歩いていると、電気の消えている店があった。 ザ・シー(THE

記事を読む

アレカロッジ部屋

ホテルの部屋に居座るタイレディを追い出す方法

あなたは経験がないだろうか、タイ女性名物の居座りを。 はたまた荷物置きを。 居座りは、ペイバ

記事を読む

Gダイアリー

久々にGダイアリーを購入してみたら最強マップが増えていた

タイ好きの紳士の雑誌といえばGダイアリー。 購入したのは、G-DIARY2015年11月号。目下の

記事を読む

アドステア

アドステア

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

Tree town pattaya (15)
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

徐々に開発が進んでいくTREE TOWN PATTAYA。

Airport club
2017年5月今週のウォーキングストリート訪問レポート。Dクラブ、エアポート、ウィンドミル、スカイフォールなどなど。

今週訪れたウォーキングストリートのゴーゴーバーの様子をまとめてレポート

→もっと見る

PAGE TOP ↑