*

パタヤヒルにある秘密のハッテン場で貞操の危機に陥った話

公開日: : エッセイ

先日、パタヤヒル(プラタムナック)地区を散策した時のこと。

日中だけ入ることができる公園がある。

ビューポイントへの続くワインディングロードの途中に入り口があって、公園内には車道と遊歩道があり、健康志向のファランがジョギングしていたりする。

公園入口
パタヤサインへの公園内の道

まあ、いたってのどかな公園、というよりただの雑木林みたいなところだ。

車道をバイクで走っていると、遊歩道へ降りる箇所があって、バイクが何台止まっている。
ちょうど男二人乗りのバイクが停車したところだった。
二人は、そのまま遊歩道へ進んでいった。

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (3)

ふむ。なんだろう。

ちょっと興味が湧いたので、わたしもバイクを停車。
二人組の後を追うようにして、遊歩道へ進んでいく。

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (1)

雑木林の中にある遊歩道だ。
パタヤ市内の喧騒を忘れるにはぴったりの雰囲気。うーん、すがすがしい。

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (2)

しばらく進んでいくと、ベンチがあって、さっきの二人組が腰掛けている。
ただの雑木林の中にあるベンチである。
もう少し開いた場所だとパタヤ湾の眺望がのぞめるが、木々が邪魔で景色もへったくりもない。

変なところに座っているものだなあ。

二人組の前を通りすぎて、さらに遊歩道を進む。
妙に二人組の視線が痛い。

まあ、気のせいだろう。

すると前方に、一人の男がふらふらとたたずんでいる。

そのファッションをどう表現すればいいのだろうか。

髪の毛をカラフルに染めて、服も原色に近い色を多用したひらひらしたファッション。

一昔に前にテレビを賑わせた志茂田景樹を思い出していただきたい。
顔の黒さを隠すためか、白い粉を顔に塗っているし、薄く化粧もしているようだ。

参考資料(グーグル画像検索結果キャプチャー)
スクリーンショット_022416_045616_PM

パタヤの志茂田景樹は、本家と同じくなよなよとした歩き方をしており、ちょろちょろとわたしのほうになよなよとした視線を向けてくるではないか。

ここに至り、わたしは悟った。

いや、脊髄反射的に理解したと言ったほうがいい。本能が危機を叫んでいる。

ゲイの集まりだ。

いわゆるハッテン場といわれるところに違いない。

よりによって、なんでこんな公園内に出会いの場を作るんだよ。ややこしいことしやがって。

ここまま直進すると、パタヤの志茂田景樹にぶつかってしまう。
その先にもどんな強敵が待ち構えているかわかったものではない。
まずは引き返すべきだろう。

が、後ろにはさっきの二人組がベンチで待ち構えている。
この二人も間違いなくゲイだ。
真っ昼間から獲物を探しにやってきたのだ。

そうとは知らず、ゲイの穴に迷い込んでしまった子羊一匹のわたし。

ああ、前門の虎ならぬ前門の景樹。そして、後門の狼。

わたしの肛門は狼に食われてしまうのか。

虎穴に入らずんば虎児を得ずというが、ケツの穴だけはずっと守ってきたのに。

悪いのは、のこのこと彼らのテリトリーに入ってきたわたしのほうだ。
知らなかったとはいえ、どうかこの無礼を許して欲しい。

意を決して、踵を返す。
二人組から目をそらしたまま、早足で出口を目指す。

二人組に近づいたその時、ベンチから一人の男(ゲイ)が立ち上がる。
視線の片隅でとらえた彼の顔は、にっこりと微笑んでいた。いや、ゲイ特有のにんまりとしたスマイルだ。

ああ、終わった。

わたしの貞操は、このパタヤヒルの雑木林の中で奪われてしまうのだ。
ずっと守り続けてきたのに、とうとう終わりの時が来たか。

その昔、90年代末期のユーゴスラビアの鉄道駅のトイレを思い出す。
ユーゴ分裂のあとで、とにかく治安の悪い駅だった。雰囲気は最悪である。
隣で立ちションベンしているユーゴの男。
にやけた顔をして、わたしのほうを見ている。
あ、立ちションベンしていると思いきや、自分で自分のナニをしごているではないか。
怖かった。ユーゴ内戦よりも怖かった。

あのときの戦慄がまたよみがえる。

ベンチから立ち上がった男が、わたしの数十センチ近くまで迫ったきた。
狭い遊歩道である。周囲は雑木林。逃げ道はない。

終わった。

が、二人組の片割れが、男を静止した。
「メチャーイ(違うよ)」と声が聞こえる。

そうだ、違うんだ。わたしはノンケなんだよ。

立ち上がった男は残念そうに、またベンチに戻っていった。

危なかった。

二人組の片割れが止めに入ってくれなかったら、そのまま雑木林の中で…

まさに危機一髪のところだった。
心臓がばくばくしている。
何とかバイク置き場までたどりつき、無事にシートに座ることができた。
もし襲われていたら、肛門の痛みでバイクに乗るどころではなかっただろう。

こうしてわたしの貞操は守られた。
白昼の悪夢であった。

 

ここが、秘密のハッテン場への入り口だ。地図を載せておく。

興味がある人は、のぞいてくれ。
でも興味本位はやめてくれ。本当に出会いを求めている人限定でよろしく。

自分のケツは自分でふきましょう。

なお、ゲイのみなさんの名誉のために付け加えておきますが、わたしはそっち方面の趣味がまったくないと同時に理解もしているつもりです。
パタヤは自由な街なんで、自由な出会いを求めに来てください。
お金を払って遊ぶ場所としては、ボーイズタウン(ビーチロードのソイ13/3~5)、トゥッコム裏手のボーイズマッサージ屋やカラオケパブ、ソイVCにあるSUNNY PLAZAなど、遊ぶ場所がたくさんあります。
ジョムティエンにはハッテン場として有名なサウナもあります。
どうか、自由に遊んでください。
でも、たまたま間違って迷い込んでしまったノンケはどうか見逃してくださいね。

また、志茂田景樹さんはゲイでもありませんので、これも付け加えておきます。単にファッションが似ていただけです。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

カマグラ

カマグラ ミーマイ?パタヤの夜の強い味方

パタヤの薬局にて 今年2月頃、友人とパタヤ滞在中の話。 どうしても夜のお薬が欲しいという

記事を読む

ザ・シー閉店

THE SEA(ザ・シー)閉店で思うこと

ダイアモンドアーケード内を歩いていると、電気の消えている店があった。 ザ・シー(THE

記事を読む

Book of Philipin pub (2)

おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入してきた。 軽く

記事を読む

girl

ホテルのフロントレディをナンパせよ指令

友人にナンパを託す 2年ほど前の話。 わたしはパタヤにアパートを借りて長期滞在していた。

記事を読む

ウドンタニーバービア嬢G3

現役女子大生バービア嬢がパッツン姿でホテルから登校するウドンターニー

これは、2013年にビエンチャンへビザランを行った際に立ち寄ったウドンタニーでのお話。

記事を読む

ボーイズタウンの看板

明るく楽しいレディドリンク&ペイバー撃退方法を考える

ゴーゴーで飲んでいると、ほぼ必ずといっていいほど、営業をかけられる。 レディドリンクを奢って欲しい

記事を読む

ソイダイアナバービア群

ファランころがしの熟女バービア嬢

先のパタヤ滞在中の話。 バービア群をうろうろしていると、遠くからわたしの名前が呼ばれた

記事を読む

バービア嬢N

パタヤでアパート暮らしをしていると、夜の嬢が勝手に部屋に来るようになる

徐々にパタヤ滞在が長くなるにつれ、夜の生活も少しずつ様変わりしていくことになる。 元々

記事を読む

pattaya-investigation

パタヤのバーガールの浮気を調査せよ

タイの日本人浮気調査 前回の記事で、タイの私立探偵についての本を取り上げた。 これはバンコクで探

記事を読む

禁酒日コンビニのお知らせ

タイ禁酒日2016年。パタヤの禁酒日の夜の遊び方。

2016年タイの禁酒日(酒類販売禁止日)カレンダー 2月22日(月):マカブーチャ(万仏祭) 5

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

→もっと見る

PAGE TOP ↑