*

パタヤヒルにある秘密のハッテン場で貞操の危機に陥った話

公開日: : エッセイ

先日、パタヤヒル(プラタムナック)地区を散策した時のこと。

日中だけ入ることができる公園がある。

ビューポイントへの続くワインディングロードの途中に入り口があって、公園内には車道と遊歩道があり、健康志向のファランがジョギングしていたりする。

公園入口
パタヤサインへの公園内の道

まあ、いたってのどかな公園、というよりただの雑木林みたいなところだ。

車道をバイクで走っていると、遊歩道へ降りる箇所があって、バイクが何台止まっている。
ちょうど男二人乗りのバイクが停車したところだった。
二人は、そのまま遊歩道へ進んでいった。

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (3)

ふむ。なんだろう。

ちょっと興味が湧いたので、わたしもバイクを停車。
二人組の後を追うようにして、遊歩道へ進んでいく。

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (1)

雑木林の中にある遊歩道だ。
パタヤ市内の喧騒を忘れるにはぴったりの雰囲気。うーん、すがすがしい。

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (2)

しばらく進んでいくと、ベンチがあって、さっきの二人組が腰掛けている。
ただの雑木林の中にあるベンチである。
もう少し開いた場所だとパタヤ湾の眺望がのぞめるが、木々が邪魔で景色もへったくりもない。

変なところに座っているものだなあ。

二人組の前を通りすぎて、さらに遊歩道を進む。
妙に二人組の視線が痛い。

まあ、気のせいだろう。

すると前方に、一人の男がふらふらとたたずんでいる。

そのファッションをどう表現すればいいのだろうか。

髪の毛をカラフルに染めて、服も原色に近い色を多用したひらひらしたファッション。

一昔に前にテレビを賑わせた志茂田景樹を思い出していただきたい。
顔の黒さを隠すためか、白い粉を顔に塗っているし、薄く化粧もしているようだ。

参考資料(グーグル画像検索結果キャプチャー)
スクリーンショット_022416_045616_PM

パタヤの志茂田景樹は、本家と同じくなよなよとした歩き方をしており、ちょろちょろとわたしのほうになよなよとした視線を向けてくるではないか。

ここに至り、わたしは悟った。

いや、脊髄反射的に理解したと言ったほうがいい。本能が危機を叫んでいる。

ゲイの集まりだ。

いわゆるハッテン場といわれるところに違いない。

よりによって、なんでこんな公園内に出会いの場を作るんだよ。ややこしいことしやがって。

ここまま直進すると、パタヤの志茂田景樹にぶつかってしまう。
その先にもどんな強敵が待ち構えているかわかったものではない。
まずは引き返すべきだろう。

が、後ろにはさっきの二人組がベンチで待ち構えている。
この二人も間違いなくゲイだ。
真っ昼間から獲物を探しにやってきたのだ。

そうとは知らず、ゲイの穴に迷い込んでしまった子羊一匹のわたし。

ああ、前門の虎ならぬ前門の景樹。そして、後門の狼。

わたしの肛門は狼に食われてしまうのか。

虎穴に入らずんば虎児を得ずというが、ケツの穴だけはずっと守ってきたのに。

悪いのは、のこのこと彼らのテリトリーに入ってきたわたしのほうだ。
知らなかったとはいえ、どうかこの無礼を許して欲しい。

意を決して、踵を返す。
二人組から目をそらしたまま、早足で出口を目指す。

二人組に近づいたその時、ベンチから一人の男(ゲイ)が立ち上がる。
視線の片隅でとらえた彼の顔は、にっこりと微笑んでいた。いや、ゲイ特有のにんまりとしたスマイルだ。

ああ、終わった。

わたしの貞操は、このパタヤヒルの雑木林の中で奪われてしまうのだ。
ずっと守り続けてきたのに、とうとう終わりの時が来たか。

その昔、90年代末期のユーゴスラビアの鉄道駅のトイレを思い出す。
ユーゴ分裂のあとで、とにかく治安の悪い駅だった。雰囲気は最悪である。
隣で立ちションベンしているユーゴの男。
にやけた顔をして、わたしのほうを見ている。
あ、立ちションベンしていると思いきや、自分で自分のナニをしごているではないか。
怖かった。ユーゴ内戦よりも怖かった。

あのときの戦慄がまたよみがえる。

ベンチから立ち上がった男が、わたしの数十センチ近くまで迫ったきた。
狭い遊歩道である。周囲は雑木林。逃げ道はない。

終わった。

が、二人組の片割れが、男を静止した。
「メチャーイ(違うよ)」と声が聞こえる。

そうだ、違うんだ。わたしはノンケなんだよ。

立ち上がった男は残念そうに、またベンチに戻っていった。

危なかった。

二人組の片割れが止めに入ってくれなかったら、そのまま雑木林の中で…

まさに危機一髪のところだった。
心臓がばくばくしている。
何とかバイク置き場までたどりつき、無事にシートに座ることができた。
もし襲われていたら、肛門の痛みでバイクに乗るどころではなかっただろう。

こうしてわたしの貞操は守られた。
白昼の悪夢であった。

 

ここが、秘密のハッテン場への入り口だ。地図を載せておく。

興味がある人は、のぞいてくれ。
でも興味本位はやめてくれ。本当に出会いを求めている人限定でよろしく。

自分のケツは自分でふきましょう。

なお、ゲイのみなさんの名誉のために付け加えておきますが、わたしはそっち方面の趣味がまったくないと同時に理解もしているつもりです。
パタヤは自由な街なんで、自由な出会いを求めに来てください。
お金を払って遊ぶ場所としては、ボーイズタウン(ビーチロードのソイ13/3~5)、トゥッコム裏手のボーイズマッサージ屋やカラオケパブ、ソイVCにあるSUNNY PLAZAなど、遊ぶ場所がたくさんあります。
ジョムティエンにはハッテン場として有名なサウナもあります。
どうか、自由に遊んでください。
でも、たまたま間違って迷い込んでしまったノンケはどうか見逃してくださいね。

また、志茂田景樹さんはゲイでもありませんので、これも付け加えておきます。単にファッションが似ていただけです。


関連記事

ケッティシリーハウスセーフティボックス (3)

【盗難・睡眠薬強盗】タイの夜遊びでホテルの部屋に連れて帰る時の注意事項

タイの夜遊びでは、自分のホテルに連れて帰って、一晩楽しむことができる。 これはタイ夜遊びの醍醐味の

記事を読む

チャン島 (12)

パタヤからチャン島へのバカンス旅行はおすすめ

サメット島につづいて、チャン島を紹介したい。 パタヤからの泊まりがけ旅行としては、有力な候補だ

記事を読む

bangkok

バンコク夜遊び最新情報2015年2月。パタヤとバンコクをちょっとだけ比較してみる。

パタヤからバンコクへ向かった友人のバンコク夜遊び情報をいくつか紹介。 この友人は、最初

記事を読む

スーパーベイビーゴーゴーバー

バービアのオーナーママさんから借金を申し込まれた話

去年くらいのこと。 わたしが懇意にしているバービアがあった。 カウンターが10席あるくらいの小さ

記事を読む

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

バービア嬢2

バービア嬢に送金するファラン。その金でお寿司を食べる日本人。

これもアパート滞在時に、とても仲良くなった女性の話。 元々はソイ7のバービアで知り合った。

記事を読む

アパート明細書

月末になると家賃の支払いに追われた女性たちの送金依頼や個人営業が活発になる

タイのアパートの家賃は、月末締めで数日以内に支払う必要がある。 わたしが以前パタヤで借りて

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。 仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

記事を読む

Gダイアリー

Gダイアリー最新号発売。今月号から日本国内は電子版のみの発行。

毎度おなじみ、紳士の雑誌「G-Diary」が発売になった。 が、以前から周知されていた

記事を読む

71L9vGSAY6L._SL1081_

レディボーイが女を捨てて、男に戻り、女を愛する時

知り合いのレディボーイが男になった。 いや、元々男だ。 男に戻ったというべきだろう。

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑