*

ウドンターニーからノンカーイへ行くにはロットゥがおすすめ。50バーツ。

公開日: : イサーン遠征編後半 ,


イサーン遠征編後半5

ウドンタニーをあとにして、ノンカイへ向かうことにする。
隣の県となるが、距離的にはそれほど遠くない。
おすすめの移動方法はロットゥだ。

SPONSOR LINK

ウドンターニーからノンカーイへの行き方

主な方法は3つ

・鉄道
・ローカルバス
・ロットゥ(乗り合いバン)

鉄道

最安の方法は鉄道だろう。

ウドンターニー駅
udonthani-railway-station

タイ国鉄のホームページで調べたところ、ウドンターニーからノンカーイへは1日5本。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111616_022950_am

11時33分発の普通列車なら、3等運賃11バーツ。所要時間47分。

ウドンターニーの駅は中心部の東側にあって、セントラルプラザあたりからは余裕で徒歩移動可能。
だが、到着のノンカーイ駅は中心部からやや外れていて、市街地へ出るにはサムローといったタクシー利用となる模様。

ローカルバス

ウドンタニーのバスターミナルはいくつかに分かれている。

中心部にあるバスターミナルは、バンコクやラヨーン行きなどの南行き長距離路線。

ウドンとビエンチャン 043
ここからノンカーイ行きのローカルバスは出ていない。
ただ、バンコクとノンカーイを結ぶ長距離路線(ナコンチャイエアイとか407バス)がバスターミナルに立ち寄るので、それに便乗する方法はアリかも。

ノンカーイ行きローカルバス乗り場は、ランシット市場バスターミナルもしくは郊外の新バスターミナルとなる。中心部から外れていて不便。ソンテウを使えばランシット市場までは簡単に行けるらしいが、タイ語の不自由な外国人旅行者にはちょっときついかも。

以前、ノンカーイ発ウドンタニー行きのローカルバスに乗った時は、ウドンタニー郊外の新バスターミナルで降ろされた。ウドン中心部までは、サムロー(トゥクトゥク)しか移動手段がなくて100バーツかかった。

バスターミナルまでの移動手段がわかっている人以外、ローカルバスはあまりおすすめできない。
というか、わたしも詳しい乗り方はわかりません。

ロットゥ

そんなわけで、普通の旅行者がもっと気軽にかつ便利に使えるのが、ロットゥとなる。
ロットゥとは、乗り合いバンのこと。タイでは一般的な移動手段だ。

ウドンタニーのロットゥ乗り場は、セントラルプラザ前の敷地内。

udonthani-to-nongkhai-5

小さな建物が切符売り場となっている。

udonthani-to-nongkhai-7

ノンカーイ行きとコンケーン行きがあるみたい。
1番ないし2番窓口へどうぞ。

udonthani-to-nongkhai-6

午前11時に切符売り場へ到着して、11時20分発ノンカーイ行きのチケットが購入できた。
どうやら、昼間は20分から30分に1本くらいの間隔で運行されている模様。

ノンカーイ行きは、50バーツ。

チケット現物
udonthani-to-nongkhai-8

乗り場はチケット売り場の目の前。ベンチで座って待っていればいい。

こんなバンがやってくる。

udonthani-to-nongkhai-1

ノンカーイ行きには、きちんと英語表記あり。
udonthani-to-nongkhai-2

係の人が出発時間を告げてくれるので、自分のチケットの時間を確認しよう。
次の時間の乗客がわらわらと乗り込んできたが、全員追い出された。
車内は自由席。お好きな場所へ。
大きな荷物は置く場所はあまりない。
小さめのスーツケースくらいなら大丈夫だろう。

車内では、運転手から降りる場所を聞かれる。
ノンカーイバスターミナルなら、タイ語で「ボーコーソー」と告げればいい。英語の場合は、バスターミナルでは通じにくいので「バスステーション」とどうぞ。

11時20分に定刻通り出発。

ノンカーイ県に入ってからは、コンケーン大学ノンカーイキャンパスに立ち寄った。

udonthani-to-nongkhai-3

ここでなぜか、他のロットゥに乗り換えさせられた。
どうやら目的地別に振り分けている模様。
おそらくだが、もう一つのロットゥは、ラオスとの国境(友好橋)行きだと思われる。

わたしの目的地はノンカーイ市街地のバスターミナルだ。

udonthani-to-nongkhai-4

無事にノンカーイ到着。
時刻は12時20分。所要時間はちょうど1時間だった。

地図(実際のルートとは異なるかも)

途中の乗り換えが少々余計だったが、ウドンタニー中心部からノンカーイ中心部までスムースに移動できた。
これで50バーツなら、ローカルバスは不要だろう。
鉄道ファンは、のんびり3等列車旅でどうぞ。

なお、ノンカーイのバスターミナルは一つだけ。
メコン川沿いのゲストハウス密集地帯までは徒歩で行ける。

ノンカーイからウドンタニーへの行き方は、逆をたどればいいだけ。
ノンカーイバスターミナルからウドンタニー行きのロットゥが出ている。
簡単ですね。

SPONSOR LINK

関連記事

nongkhai-pork-satey-1

ノンカーイのグルメ。カオピヤックと日本式焼き鳥とサテ。

イサーン遠征編後半8 ノンカーイ滞在2日目は、朝のメコン川沿い散歩からスタート。

記事を読む

udonthani-noodle-ramen-5

ウドンターニー初日はラーメン三昧。ホテルはCV25ゲストハウス。

イサーン遠征編後半2 そんなわけで、第二次イサーン遠征スタートである。 まずは、パタヤか

記事を読む

udonthani-beer-bar-1

地元ウドンタニーのバービア嬢をペイバー。アパートも訪問してみたよ。

イサーン遠征編後半4 ウドンターニー滞在2日目。 CV25ゲストハウスのコテージはおもしろい

記事を読む

udonthani-beer-bar-10

ウドンターニー夜遊びの現状。バービアめぐりで決まり。

イサーン遠征編後半3 さて、ウドンタニーの夜遊び開始である。 前回ウドンを訪れたのは、2

記事を読む

nongkhai-soi-nitapat-beer-bar-17

【ノンカーイ夜遊び情報】ノンカーイのバービアでペイバー。10年前の価格でやってます。

イサーン遠征編後半7 ノンカーイ夜遊び開始。 事前情報は、Gダイアリーの最強マップと、ネット

記事を読む

nongkhai-mekong-riverside-7

ノンカーイ、メコン川沿いのゲストハウス滞在と街歩き。

イサーン遠征編後半6 ウドンタニーからノンカーイに到着した。 アルファベット

記事を読む

khonkaen-bus-termial-1

ノンカーイからコンケーンへの行き方。コンケーンのバスターミナルは3つあって、ややこしい。

イサーン遠征編後半9 ノンカーイには2泊した。 もう充分でしょう。 次はコンケーン

記事を読む

khonkaen-to-pattaya-changtour-bus-18

コンケーンからパタヤへ帰還。チャンツアーのVIPバスで10時間50分の長旅。

イサーン遠征編後半11 ほとんど何もしなかったコンケーン滞在二日間だった。 当初の予定で

記事を読む

utapao-to-udon-airasia-3

パタヤ・ウタパオ空港からウドンターニーまでエアアジアで移動してみた。シティトランスファー利用。

イサーン遠征編後半1 エアアジアの国内線で、パタヤ・ウタパオ空港からウドンタニーまで移動し

記事を読む

アドステア

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑