パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

イサーン遠征編後半

ウドンターニー初日はラーメン三昧。ホテルはCV25ゲストハウス。

投稿日:


イサーン遠征編後半2

そんなわけで、第二次イサーン遠征スタートである。
まずは、パタヤからウドンターニーへひとっ飛び。
エアアジアを使うと楽でいい。たった1時間のフライトだ。これまでの11時間夜行バス利用は何だったんだろうか。

CV25ゲストハウス

ホテルへ。
わたしのウドンターニーでのここ最近の定宿は、トップマンションだった。
他のホテルもいくつか泊まったが、コスパと立地条件からトップマンションを選択していた。
たまには、他の新規ホテルも使ってみようと、ホテル予約サイトをチェック。

見知らぬホテル名を発見。こんなのあったかなあ。

CV25 リゾート (CV25 Resort)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111516_030941_am
これは、アゴダでの名称。

ブッキングドットコムやエクスペディアでは、CV25ゲストハウスという名称。
もちろん、同じホテルだ。

現地での表記は、CV25 Guesthouse
udonthani-cv25-guuest-house-2

少なくともリゾートホテルではないです。ゲストハウスです。

場所は、バスターミナルから鉄道駅へ向かう道路の左側。

レストラン兼マッサージ屋の入り口から中に入って、チェックイン。
udonthani-cv25-guuest-house-3

レストランを抜けると、ホテルになっている。

udonthani-cv25-guuest-house-4

まあ、コテージです。バンガローやヴィラとも言えるかな。いや、小屋だな、単なる小屋。

安いグレードの部屋は狭い。

udonthani-cv25-guuest-house-5

udonthani-cv25-guuest-house-6

udonthani-cv25-guuest-house-7

エアコン、冷蔵庫、クローゼット、ホットシャワーなど、必要な設備は揃っている。

室内が木で作られているのは味があるなあ。
隙間があるのはご愛嬌。
蚊は入ってこなかった。

デラックスキングベッドという部屋は広くて快適そうだ。

udonthani-cv25-guuest-house-1

街中にバンガローがあるのはおもしろい。
バスターミナルも鉄道駅も近い。ナイトマーケットは至近距離。
バーも多数あり。
立地条件はいい。
ちょっと変わったホテルに泊まってみたい人はどうぞ。

デラックスルームで税込み1泊700バーツくらい。

ウドンタニー市街地地図

朝飯はセンタン向かいのクイティアオ屋

チェックインを済ませても、時刻は午前10時過ぎ。
まだ朝飯も食べていなかった。

ウドンの朝飯といえば、うどんでしょう。

ウドンのクイジャップ
関連記事:ウドンターニーの朝食なら、うどんでしょ。ウドンバスターミナルで食べるクイジャップがうまい。

この月見うどん、もといクイジャップユアンが食べたかった。
バスターミナルへ行ってみると、クイジャップ&ジョーク屋台が見当たらない。
やはり、もっと早い時間帯じゃないとダメなのか。

しかたなく、周囲をうろうろ。
結局、セントラルプラザ向かい側のクイティアオ屋台へ。

udonthani-noodle-ramen-4

ここは、ナムトックスープがうまい。

udonthani-noodle-ramen-3

バミーにしたが、ちょっと麺が粉っぽくて、今いちかなあ。やはり、センレックのほうがいいみたい。
40バーツ。

この日は、午前4時半起床。昨晩寝たのが午前2時過ぎで、2時間あまりしか睡眠と取っていなかった。
食後、ホテルに戻って仮眠。

ウドンターニーのセンタン

udonthani-central-plaza-5

ホテルから徒歩5分ほどのところに、巨大ショッピングモールのセントラルプラザがある。
タイ人は、ここもセンタンと呼ぶ。
センタンが中心部にあるような街は、イサーンの中にあっても一応都会です。コンケーンとかね。

旅行者がウドンターニーを訪れたなら、日中は特にすることがないので、このセンタンを利用する機会がどうしても増えてくるはずだ。

中は広い。やたらとでかい。

udonthani-central-plaza-2

上階のレストランフロアは、日本食もしくは日本食もどきだらけ。
FUJI、やよい軒、8番ラーメン、OISHIラーメン、SHABUSHI、MKなどなど。
有名チェーン店ばかりだけど、レストランの数ではパタヤのセンタンより充実している。

udonthani-central-plaza-1

大戸屋があるのがパタヤとは決定的な違い。
まあ、高いんで、そうそう食べられるものではないが。

センタン1階には、マクドナルドとKFCがある。

udonthani-central-plaza-3

マックのチーズバーガーセットは109バーツ。ああ、前回来た時は99バーツだったのに、ここも値上げかあ。
KFCのバーガーセットは、90バーツ。これはローカルプライスのままだ。ありがたい。

フードコートでカオソーイ

地下1階にフードコードがある。
FOOD PARK
udonthani-central-plaza-4

パタヤのセンタンのフードコードと似たようなテナントが並ぶ。
でも、料金は2割くらい安いかな。

迷った挙句に、カオソーイにした。

udonthani-central-plaza-6

55B。パタヤのセンタンのカオソーイは70バーツ。

関連記事:パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

味は似たり寄ったり。
特にうまくもなく、まずくもなく。特に感想はありません。

ソイサンパンタミット

ウドンターニーの外国人向け通りといえば、ソイサンパンタミット(SAMPAN THAMIT)である。
地元民は、ソイサンパンと略している。

udonthani-soi-sampan-2

センタンからソイサンパンタミットへ向かう途中に、両替屋がある。

udonthani-soi-sampan-3

関連記事:ウドンターニーにある、使い勝手の良い高レート両替所

長続きしないだろうと思っていたが、まだ健在だった。
レートは、センタン内にあるカシコーン銀行よりはいいはずだ。

ソイサンパンをざっと散歩。一往復してみたが、特に変化なし。

udonthani-soi-sampan-1

昼間から沈没系ファランたちがバーで酒を飲んでいる。
相変わらずのソイサンパンだ。
微笑ましい光景で安心した。

ウドンの日本式ラーメン屋台

夜までホテルで休憩。
腹も減ってきたことだし、日が暮れてから外出。

ウドンターニーに来たら、必ず立ち寄る屋台がある。
赤のれんの日本式ラーメン屋だ。

関連記事:ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。

宿泊しているVCゲストハウスからは、目と鼻の先の距離に屋台がある。
徒歩30秒くらいかも。

udonthani-noodle-ramen-2

今日も元気に赤ちょうちんが光っている。

カウンターにすわる。

udonthani-noodle-ramen-1

おばちゃんも、若い男の店員も元気そうだ。
ここは、簡単な日本語が通じる。
「しょうゆラーメン」もしくは「とんこつラーメン」と日本語でオーダーすればオッケー。

わたしは、いつもしょうゆラーメン。

udonthani-noodle-ramen-5

味はまったく落ちていない。
安定して、うまい。
スープが熱々なのが嬉しいじゃないの。
59バーツであった。これも変わらず。ありがたい。

隣に座ったのは、若そうなタイ人のお母さんとその娘。
娘さんはまだ小学生低学年くらい。
熱いスープと格闘しながら一生懸命とんこつラーメンを啜ってました。
このラーメン屋台は、地元タイ人からも人気ですな。

 

意識はしていなかったが、朝昼晩と、ウドンターニーでラーメン3連発となった。
タイ式ラーメンとも言うべきクイティアオ、チェンマイ式カレーラーメンのカオソーイ、そして日本式のしょうゆラーメン。
一番おいしかったのは、しょうゆラーメン。
これで、クイジャップユアン(うどん)があれば、完璧だったのだが。

さて、ラーメン三昧のあとは、夜のウドンでも食べに行きましょうかね。
もちろんバーめぐりだ。

SPONSOR LINK

-イサーン遠征編後半
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.