*

ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。


ウドンでうどんは以前ご紹介した。
今回はウドンでラーメンである。
それも、タイスタイルのラーメン(バミー)や、日本資本のラーメンチェーン店ではない。

赤のれんと赤ちょうちんの、正調日本式ラーメン屋台なのだ。

ウドンターニーのラーメン屋台 (1)

タイ東北部イサーンの街中に突如として現れる日本式ラーメン屋台。

何の予備知識もなく一番最初に遭遇した時はびっくりしたものだ。
たぶん、2012年か2013年ころの話。

2016年1月現在も絶賛営業中だった。
これはうれしいねえ。

SPONSOR LINK

ウドンタニーのラーメン屋台

ウドンターニーのラーメン屋台 (8)

訪問したのは夕方6時過ぎ。
けっこう繁盛している。
以前は2人態勢だったような気がするが、若い従業員が増えているぞ。

何とか空いている席にすわって、注文。

メニューは2種類のみ
しょうゆ:59バーツ
とんこつ:69バーツ

わたしは、いつもしょうゆにしている。
ちなみに、従業員には軽く日本語が通じます。特に、ボスと思しきおばさんは、かなり日本語がうまい。
今回は忙しくて、おかみさんと話をする余裕がなかったが、以前にお話させてもらった。
昔、横浜(だったような)に住んでいて、日本のラーメンの味を覚えたそうだ。

麺はきっちりと粉を落として、ほぐす
ウドンターニーのラーメン屋台 (4)

個別に湯がく
ウドンターニーのラーメン屋台 (2)

おかみさんが、具を盛り付け、特製スープを注ぐ
ウドンターニーのラーメン屋台 (3)

出来上がり
ウドンターニーのラーメン屋台 (5)

うむ、出来映えは上々。

チャーシューは、やや細切れ状態ながら、日本の味に近い。タイの焼き豚といえばムーデーンで、バミーにはムーデーンが入っているもの。ここはきちんと日本式のチャーシューを入れてくれるのがうれしい。

メンマは、それほどきつい味がついておらず、シンプルな風味。

ウドンターニーのラーメン屋台 (6)

麺は、太麺タイプ。しっかり歯ごたえがあって、なおかつ食べやすい。どこで作ってるんだろうかね。
タイのバミーだと、茹で加減が甘かったり、茹で過ぎたていたり、麺が固まっていたりするものだが、ここは大丈夫。最適な状態で茹でてある。

スープもきちんとしている。決してくどくなく、ややあっさり目のしょうゆ味だ。

堂々と日本式ラーメンを名乗っていい。文句なし。

が、決して特上の逸品というわけではない。
が、ここはウドンターニー、タイのイサーン地方なのだ。
このレベルの日本ラーメンが食べられるだけでも大したものだ。

店は、ローカルタイ人たちで大繁盛している。いつ行っても、座る場所が少ししか空いていない。
このクオリティで59バーツなら、タイ人でもリピートするだろう。
納得の味である。

ウドンターニーのラーメン屋台 (7)

でも、タイ人はテーブルの上に置いてある七味をこれでもかと山盛りにかけていた。一瓶使い果たしてしまいかねないほどの勢いだった。
いや、さすがにそれはあかんやろ。

 

わたしは、海外で日本の味を求めようとは思わないタイプ。
なるべく地元のものを食べる主義。
でも、ウドンターニーに来たら、ここのラーメンは欠かせない。
ついつい赤のれんに引き寄せられてしまうんだよねえ。
これは、もうしょうがないよ、日本人としては。
偏狭な主義主張にとらわれて、このウドンラーメンを逃す手はない。

まあ、バンコクで赤のれんのラーメン屋を見かけても、食べようとは思いませんがね。パタヤでも微妙。ここがイサーン、ウドンターニーだからこそ、望郷の念をかき立てられるわけで。

 

ボリュームがそれほどあるわけではない。一杯でお腹いっぱいになるのは無理っぽい。
でも、ここにはナイトマーケットがある。

屋台式のフードコートも目の前。
鉄道駅前まで範囲を広げれば、買い食い屋台が無数に出てている。

ウドンターニーナイトマーケット

地図と場所

地図

ウドンターニーバスターミナルから鉄道駅へ向かう途中にある。すぐに目に留まるはずだ。
ナイトマーケット至近。
また、目の前が、NUTTY PARKというバービア群になっている。

ウドンターニーナッティーパークバービア群

ラーメン屋台の営業時間は不明。
おそらく夕方から深夜近くまで。あまり遅くまではやっていないと思われる。

ラーメンのあとは、ナイトマーケットで屋台で買い食いすればよし。
ビールを飲んだあとのシメでラーメンを食べるもよし。

とにかく、ウドンターニーではラーメンなのである。
この赤のれんから放たれる誘惑に抗う術を、わたしは持っていない。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

今回紹介するカオマンガイは、2年か3年ほど前に一度食べたことがある。 味はそこそこ良か

記事を読む

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)

DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。 DOMICILは、オースト

記事を読む

アンヘレスSMデパートフードコート (12)

【アンヘレスの食事処】SMデパートのフードコードは使い勝手良し

今回のアンヘレス滞在で2回通ったのが、SMと呼ばれる大型ショッピングモールのフードコードだ。

記事を読む

フランドリア (1)

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。 サードロードやパタヤタイま

記事を読む

jumbo-sushi-7

JUMBO SUSHIは、定食50バーツの日本料理食堂@サードロードソイ15

晩飯を求めて、サードロードをふらふら歩いていると、小さな食堂を見つけた。 近づいて

記事を読む

スパイシーチキンステーキ

サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

サードロードのノースパタヤ側には、郊外型の広めの店が多いが、パタヤカン寄りにはちょこちょこと小さ

記事を読む

ドリーステーキフィッシュステーキ (1)

ソイユメの新しいステーキ屋でドリーフィッシュステーキを食べる。79バーツ。

ここしばらくマイブームとなっているパタヤのローカルステーキ屋探し。 いやあ、60バーツほどでス

記事を読む

BITESバイツのイングリッシュブレックファスト (1)

ここはおすすめ。BITESの満腹イングリッシュブレックファースト100バーツ@ソイエキサイト

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回紹介するのは、ソイエキサイトにあるBITES RES

記事を読む

クールハウスのアメリカンブレックファースト (8)

COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

COOL HOUSEは、パタヤカンのビーチそば、先日紹介したPSボーリングプラザ(旧トッ

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑