広告

当サイトは広告を利用しています。リンク先を通じて当サイトに収益がもたらされることがあります。

2023年6月~7月イサーン・ラオス南部旅行

はじめてのウボンラチャタニー市街地散策、ウボンに何があるのか?

投稿日:

はじめてのウボンラチャタニー。
ホテルにたどりついたらもう夕暮れ時。
さっそく街に出かけてみる。
ウボンラチャタニー、略してウボンには何があるのか。
まあ、先に結論から言ってしまうと、なんでもあるけれど、なんにもない街だった。

広告



ウボンの中心部ってどこ?

ウボンは昔から気になっていた街だ。
イサーン地方では、ウドンタニー、略してウドンには何度もなく訪れているが、ウボンは未訪問。
『地球の歩き方』やグーグルマップを眺めては、どういう街なんだろうと想像はしていた。
でも、これといって特徴のない街のようなイメージだった。
『地球の歩き方』には、ウボンにはこれといった中心部がないとも書いてある。
どこへ行けばばいいのやら。

とりあえず、ホテルを出て、川のほうへ向かってみようか。
いちおう中心部らしきエリアらしいので。

トゥンシームアン

空港からのエアポートバスで下車したのがトゥンシームアン前だった。

お堀がちょっとムードあり。

中は広い公園になっている。

園内をジョギングする人や運動する人が多い。
スケートボード場もある。
日中は暑すぎて屋外での運動は無理。夕方以降に運動するもの。

巨大な塔があった。

なんでも、ろうそく祭りのろうそくを模しているそうだ。

あと誰かの像も。
像の前には象だ。

トゥンシームアンの隣には、ラックムアン。

社の中に御神柱が建っている。
市や街を守るための柱だ、
タイでは各県や各市の大事な場所にラックムアンがあるものだ。
ということは、やはりウボンの中心部はこのあたりってことか。

ラックムアンナイトマーケット

ラックムアンの駐車場を抜けていくと、大きなナイトマーケットに出くわした。

地図

外から見ると、こんな感じ。

でも、巨大というほどではない。
パタヤでいうなら、テパシットナイトマーケットやジョムティエンの新しいナイトマーケットに比べれば、かわいいものである。

タイ料理、イサーン料理、お菓子類、ケバブ、日本食、ベトナム料理などの屋台が並ぶ。

ケバブは40バーツ。これはちょっと安いな。

日本の天ぷらもあり。

サテ

とりあえず腹が減ったので、軽くサテでも食べておこう。
サテ屋台が3つくらい連なっていた。珍しい。

空いている店でオーダー。
8本で60バーツ。

豚串焼き。
ピーナッツ味のソースがうまい。
漬物のたまねぎもおいしい。
トーストは付いてこず、この一皿では腹は膨らまない。

生春巻き

ウボンは地理的な要因もあって、ベトナムの影響を受けているらしい。
ベトナム料理の店が多い。

生春巻きを食べよう。
60バーツ。

パクチーたっぷり。でもホーチミンで食べた生春巻きほどパクチーは多くない。
もちもちの春巻きの皮がおいしい。

ウボンホテル

ナイトマーケットの向かい側には、セブンイレブンとカフェアマゾン。

このあたりは人通りが多く、それなりににぎやかだ。

そばには大きなホテルがあった。

ウボンラチャタニーの老舗ホテル、その名もウボンホテルだ。

UBOL HOTELと書いてある。
UBONじゃないのね。

ものすごく年季の入ったロビー内には年季の入ったウボンの地図。

UBOLRAJTHANIというスペルだ。
なんだか、ベトナム戦争当時からありそうな地図だよなあ。

ウボンもベトナム戦争当時はアメリカ軍の基地があって、街が発展したそうだ。
そもそもウボンラチャタニー空港はアメリカ軍の前線基地とした開港した。
ベトナム戦争当時はアメリカ軍人が街中に多かったのだろう。
事情はウドンタニーと同じだ。
でも、ウドンはベトナム戦争後も欧米人が集まる街であり続けたが、ウボンには欧米人がいなくなった。
この違いがおもしろい。

ちなみにウボンホテルは1泊500バーツより。
立地はいいけれど、この年季ぶりで500は高いでしょ。

ムーン川沿い散歩

ナイトマーケットからムーン川が近い。
川沿いにレストランやバーが並んでいるという話だ。
ちょっと見に行く。

ナイトマーケットをほんの1ブロック離れると、通りはすっかり暗くなる。
これでも夜8時前なのだが。

川沿いも暗い。

川はよく見えない。

たしかに、川沿いに進んでいくと、ところどころにレストランやバーらしき店が出てくる。
店内ではなく、川のそばのテーブルで飲食できる。

さらには、川の土手にゴザを並べた店もある。

ムーガタが食べられるようだ。
これはちょっと楽しそう。

ルーフトップから川を眺めつつ食事と酒を楽しめる店もある。

いわゆるナイトクラブ的な店は見当たらない。

しばらく歩いたがそろそろ終わりだろう。
これ以上進むと、なんだか野犬に襲われそうな気がする。
そもそも徒歩で移動するような場所ではない。
タイ人はみんな車かバイクで来ている。
特に治安の悪さは感じないけれど、とにかく犬が怖い。
人が集まっているエリアは大丈夫。でもちょっと暗くなった物陰や路地が怖い。どこに野犬が潜んでいるかわかってものではない。
また、外国人が一人でふらふら歩く場所でもない。

退散。
市街地に戻る。
時刻はまだ夜8時だが、街中はすでに暗い。

ナイトマーケットに戻るも一部の屋台はすでに店じまい。
天ぷら食べようかと思ったが、もう終わりと言われた。
どんだけ夜が早いんだよ。

幹線道路沿い

ウボン市街地を南北に走る幹線道路の24号線を北上してみる。
北のほうにも店が多いらしい。

たしかにところどころに屋台や食堂や飲み屋が出てくる。

居酒屋もあった。
ゆじょういざかやと書いてある。おしい。

バス停発見。

空港とバスターミナルを結ぶバスのはず。

ローカル向けのパブらしき店がいくつかあった。

タイ人の若者が集ってきている。

外国人は見かけないなあ。

生乳を売りにしたレストラン、レックノムソッド。

ここは人気店らしい。

ざっと見て回ったが、こんなもの。
うーん、なんだかなあ。
無駄に歩き疲れた気分。

さらに北上していけば、スニーグランドホテルとショッピングモール、ビッグC、さらにはセントラルプラザなどが点在しているようだが、買い物目当でではないし、わざわざ行く必要なさそう。
というか、ウボンではバイクがないと移動がきつい。

まとめ

ウボンは、なんとも捉えがたい街だった。
なんでもあるといえばあるが、なんにもないとも言える。
これぞ中心部といえる場所はなかったし、大きな繁華街もない。
外国人観光客向けのエリアもない。
単なるタイの大きな地方都市としか言いようがないのかも。
なるほど、どうりで外国人観光客の目的地にならないはずだ。
ここに来てもしょうがない。
ウドンでは大量にいる欧米人の姿を、ウボンではほとんど見かけなかった。
本当にウボンはしんどい街だと痛感させられた。
まあ、せっかくなんで、あと少しだけ夜の捜索をしようか。

広告

-2023年6月~7月イサーン・ラオス南部旅行

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.