パタヤ近況

パタヤで海が目の前のサウナ、Sands Sauna Beach Club

投稿日:

パタヤでサウナシリーズ。
今回は、プラタムナックにある真新しいサウナへ行ってきた。
パンデミック中に新規オープンしており、まだ真新しい状態だ。
ビーチが目の前で、サウナ場から海へ移動することもできる。
一躍パタヤのおすすめサウナとなった。

広告



Sands Sauna Beach Club

プラタムナックの丘からソイ5をひたすら下っていくと、海が見えてくる。

一時期SNSで話題になったカラフルなペイントの交差点を左折。
すると新しいサウナの入口がある。

Sands Sauna Beach Clubという。
店名どおり、ビーチは目の前だ。

屋内駐輪場あり。
駐輪場があるかは不明。

受付へ。

利用料は1人300バーツ。
時間制限なし。開店から閉店までいても大丈夫。

2022年11月時点ではプロモーション中だ。どうやら2021年12月からずっとやっているらしい。
2人で訪れると1人250バーツとなる。

タイのローカルサウナではサウナ着や水着を貸してもらえることが多いが、ここでは貸し出し無し。
水着は持参のこと。
もし持っていない場合は、近所に海水浴グッズ屋やミニビッグCがあるので購入可能。

料金を払うと、リストバンド式のロッカーの鍵を渡される。
受付を進むと、男女別の更衣室。

あまり広くはないものの、まだオープンしたてなのでとても清潔。

バスタオルやフェイスタオルは備え付けあり。自由に利用できる。

シャワー室は別にあり。

ホットシャワーで、シャンプーやボディソープも置いてあって、最後はきれいさっぱり。
受付と更衣室の建物を抜けると、オープンエリアへ。

まず、スイミングプールがあり、奥にテーブルエリアとサウナ。
席は空いているところに座ればいい。

ソファー席もある。

ローカルサウナに比べる、設備は豪華。

席が決まると、フルーツと水を持ってきてくれる。これは無料。

どうやらおかわりはできないようだ。氷はおかわりできる。

客層は、ファランが6割から7割、あとはタイ人と東アジア人がぱらぱらと。
席に座れないなんてことはなさそうだ。

サウナとプール

サウナは、通常のサウナとスチームサウナの2種類。

まずまずの広さで圧迫感はない。
サウナの温度は高め。
サウナの知識がないためよくわからないが、ヒマラヤンソルトを使用しているとか。

サウナを出ると、冷水プールと温水ジャグジーあり。

冷水プールの冷たさがやばい。
首までつかるには、なかなかの勇気が必要だ。
つかる時間は10秒か15秒が限界。冷たすぎる。

温水ジャグジーは心地よい温度。日本人なら温泉に入っている気分で心地よいはず。

サウナ⇒冷水⇒温水の流れがたまらない。
整うか、整わないかはあなた次第。

さほど広くはないものの、スイミングプールは利用者があまりおらず、常に独り占め。

サウナと水泳の組み合わせも最高だ。

料理

ドリンクや料理は別途オーダー可能。

この雰囲気だけあって、価格は高め。
メニューに書かれた料金のほか、10%のサービスチャージがかかる。
支払いは、サービス担当者にロッカー番号を伝えて、最後に受付で精算する。

LEOビールは小瓶で110バーツ。これにサービスチャージがついて121バーツとなる。

でもサウナで飲むビールはうまい。
そういえば、ローカルサウナではビールは売っていなかった気がする。

料理を3品オーダー。

ソムタムタイ、90バーツ
フレンチフライ、150バーツ
カオパット、110バーツ

どれも味はいい。
特にソムタムがうまい。これまで食べた中でも、この味付けは最高レベルかも。
まあ外国人利用者が多いので、外国人にも親しみやすい味付けにしているのかもしれないが。

ビーチが目の前

ここの売りは、ビーチが目の前ということ。

サウナの敷地の外は、狭い道路を挟んで海岸となっている。

正確なビーチ名は知らないが、ドンタンビーチから延々とつながっている。
パタヤビーチとは違って、かなり静かで落ち着いた雰囲気だ。

サウナには海岸沿いにベッドが並ぶ。
サウナに入り、海を眺め、潮の香りを感じながらベッドに横になれる。

喫煙所はビーチ側最前列のテーブルのみ。

この喫煙所の横にビーチへ降りる出入り口がある。

自由に敷地を出て、海に行き、またサウナに戻ってくることができる。
リストバンドは忘れずに。

地図

地図

プラタムナックのソイ5をひたすら下った先にある。

このあたりは長期滞在やリタイア移住組のファランが多く住んでいる。
落ち着いたエリアだ。
近くにはファラン向けの飲食店多数あり。

Sands Saunaのすぐ横には、系列のSands Cafe。

ここは昔から営業している。

バーやいわゆるジェントルマンズクラブも多い。キンナリーも近くにある。

また、丘の頂上にはパタヤ展望台あり。
サウナに入る前か後に展望台からパタヤを一望するのもいいだろう。

パタヤ中心部からは、乗り合いソンテウでの訪問不可。
レンタルバイクで自力移動するか、タクシー利用となる。
おすすめはBoltを使うこと。

サウナの営業時間は午前10時から午後9時までとのこと。

まとめ

友人と一緒に訪問したが、こんな場所があったのかとかなり気に入った様子だった。
以前は、ソイ6前にあるi-spaや、ソイサイアムカントリーのTARAサウナなどに通っていた。
TARAサウナも悪くないけれど、設備が古すぎる。しかも場所がちょっと不便。
Sands Saunaは、パタヤ中心部からもほど近いし、設備は綺麗で、なにより海が目の前。
こんなサウナはなかなかない。
一人で行くと300バーツで、1200円弱。海のそばで時間無制限サウナ1本勝負だ。
タイ人女性も一緒に連れて行ってあげても大変喜ばられるかと。2人で行くと、一人あたり250バーツ、1000円ぽっきりで楽しめます、

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.