パタヤ近況

チョンブリ県状況6月24日:新規感染者254人、市場閉鎖命令、パタヤ市はシノファームワクチン独自接種へ

投稿日:

6月24日発表のチョンブリ県の感染状況。
クラスター発生により新規感染者の増減が激しい。
クラスター源である工場と市場への閉鎖命令が発出された。
パタヤではシノファームワクチンの独自接種が開始へ。

広告



チョンブリ県感染状況

6月24日、チョンブリ県発表による新規感染者は254人(前日142人)。

死者累計39人(+2)

新規感染者内訳
ムアンチョンブリ地区68人
シラチャー地区32人
バンラムン地区(パタヤ)21人
サタヒップ地区115人

累計
4月新波での累計は県全体で7,024人(回復済み5,108人、治療中1,877人)。
ムアンチョンブリ地区が2,239人、シラチャーが1,271人、バンラムン(パタヤ)が2,027人となっている。

6月1日以降の各地区別感染者推移

上から、バンラムン(パタヤ)、シラチャー、ムアンチョンブリ。
シラチャーとムアンチョンブリではクラスターよる増減が激しい。バンラムンは比較的落ち着いている。

6月24日発表のタイ全国での新規感染者は4,108人。国内新規感染にかぎると3,865人。

タイ各県の新規感染者上位10県

チョンブリ県は4番目の多さとなった。

新規感染者の感染経路内訳

・サタヒップの朝市場のクラスターでの積極調査 111人
・ムアンチョンブリ地区の新市場クラスターでの積極調査 15人
・ムアンチョンブリ地区のラーチャプラシットクラスターでの積極調査 4人
・シラチャーにあるJWS社の建設現場労働者キャンプ 2人
・シラチャーにあるSPC社の建設現場労働者キャンプ 14人
・バンサイ地区コミュニティ 1人
・宗教行事参加の感染者と接触 1人

・家庭で感染者と接触 34人
・職場で感染者と接触 20人
・感染者(調査中)と接触 27人
・調査中 25人

他に、260人の接触者と2,044人の積極調査による検査の結果を待っている。

チョンブリでは検査件数を発表している。
6月23日の検査件数は3,871件で、うち陽性確認が142件。単純計算による陽性率は3.6%。

閉鎖命令

6月23日の夜、チョンブリ県が命令第39号を発出した。

・チョンブリ新市場を6月24日午前8時から7月7日まですべて閉鎖とする
・サタヒップ朝市場を6月24日から7月4日まで閉鎖とする

どちらの市場でも大型クラスターが発生している。
本日発表ではサタヒップ朝市場では115人の新規感染者を確認した。

チョンブリ県リスクスポット

チョンブリ保健局では、感染者タイムラインを元にした感染リスクスポットを発表。

・アマタナコンのテスコロータス内のShabushi

あとはシラチャーのローカル市場など
パタヤは掲載なし。

パタヤ市でシノファームワクチン接種予約登録開始へ

パタヤ市では10万回分のシノファームワクチンを独自購入して、パタヤ住人に対して接種する予定となっている。
6月24日にパタヤ市長が、記者会見を開いた。
シノファームワクチンはパタヤ市住人5万人に提供する。2回接種が必要なので10万回分となる。対象は18歳以上。

予約は、Google Formでオンライン登録できる。受け付けは6月28日開始、午前9時から午後3時の間。
IDカードとタビアンバーンの画像ファイルをアップロードする必要がありGoogleメールアカウントも必要となる。
また、ウォークインでの登録も可能。パタヤビーチやソイ6でも受け付ける。IDカードとタビアンバーンのコピーが必要。6月28日より、午前9時から午後3時の間。
これはパタヤに居住登録している人のためのもの。すでに政府のワクチン接種計画で接種予約をしている人でも再度登録は可能としている。
パタヤ住人のワクチン接種を進め、街の開放の準備を整え、観光経済を回復促進していくとパタヤ市長。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.