フライト情報

関空組に朗報、LCCのピーチが関空-バンコク線を12月に新規就航へ

投稿日:2022年10月5日 更新日:

各報道によれば、LCCのピーチが12月に関西-バンコク線を新規就航するとのことだ。
ピーチは、ANA系列のLCCだ。拠点は関空に置いている。

12月に新規就航の関空-バンコク線は週6便を予定とのこと。
使用機材はエアバスのA321LRで、6時間以上の中距離フライトが可能。
これまでのA321では中距離フライトができなかったが、A321LRの導入により、ピーチ初の中距離フライトが実現する。

ピーチはパンデミック前までは沖縄-バンコク線を運航していたが、ずっと運休が続いている。この沖縄-バンコク線の再開時期は未定だという。

ピーチの国際線は、8月に関西-ソウル、9月に成田-台北の運航を再開済みだ。

広告



ピーチ国際線

ピーチは以前には関西-香港線など国際線も多かった。

香港行きのフライトは実際に利用したことがある。

関連記事:新たな旅の始まり。香港へ。

関空の第2ターミナル利用で、いかにもLCCらしいコスト削減仕様だった。
乗り心地やサービスは至って普通のLCCといったところ。
3-4時間程度のフライトは特に問題なし。

バンコク行きは、フライト時間が6時間ほどかかる。
新しい機材ということで、シートピッチも少し広くなるかもしれない。
他社LCCのエアアジアと同程度の座席であれば、LCC慣れしている人は平気だろう。

どういう機材になるのか今からちょっと楽しみ。
あと、具体的なスケジュールはまだ発表されていない。
関空発が朝便となるのか、深夜便となるのかで、他社との差別化がはかれるかもしれない。

選択肢が広がりつつある関空-バンコク路線

2022年10月上旬時点で、関空とバンコクを結ぶ路線は3つ。

タイ国際航空が毎日1便
JALが週1便
タイ・エアアジアXが週2便

タイ航空の冬期計画では、現行の1日1便を継続。
またJALも週1便のまま。
タイ・エアアジアX 10月2日にようやく運航開始となったばかり。10月は週2便(日・水)で、11月からは週4便(日・月・水・金)に増やす予定。

12月にピーチが週6便で就航するならば、選択肢がかなり増えることになる。

タイ航空が週7便、JALが週1便、エアアジアが週4便、ピーチが週6便。合計週18便となる。

10月1日にタイは完全開国済み。パンデミック前の状態に戻っている。
10月11日にようやく日本は観光開国する。タイからはビザなしで日本への観光旅行が可能となる。
日本とタイの往来が自由可することで利用者増は確実だ。
さらにフライトが増えていくことも考えられる。
あとは高止まりしている航空運賃が安くなればいうことなし。

広告

-フライト情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.