タイ国内情勢

タイ規制緩和即時開始!マスク着用義務は解除済み、娯楽施設営業時間延長に。タイ開国7月1日も正式決定。

投稿日:

先日のCCSA本会議にて、タイ入国規制の緩和と国内規制措置緩和が承認された。
タイランドパス廃止は7月1日開始と明言されていたが、マスク着用義務などの措置の開始日は明らかにされなかった。官報掲載後に開始となるという話だった。7月1日開始という報道も多かったが、正式には決まっていない状態だった。
が、その官報入りが6月23日夜にいきなり発表された。
有効となるのは現在より。即時有効だ。
なんと、タイ国内の規制緩和はすでに開始されている。

広告



タイ国内規制緩和

6月23日付けで規制緩和が官報掲載となった。

1ブルーゾーンの廃止(タイ全県がグリーンゾーンに)
2感染対策規制の延長
3マスク着用義務の緩和
ー脆弱グループはマスク着用
ー他人と一緒の時や混雑している場所ではマスク着用を推奨
ー高齢者や基礎疾患のある人は他人といるときはマスク着用すべき
ー感染者や濃厚接触者は他人といるときは常時マスクを着用しなくてはいけない
4移民労働者の移動制限緩和
5テレビや映画の撮影ガイドライン
6グリーンゾーンでの規制緩和
ー飲食店でのアルコール提供ならびに消費可能
ー娯楽施設再開可能
ー営業時間はそれぞれの法令や規則に従うこと(つまり政府による強制24時閉店は削除)
7グリーンゾーンでの規制措置
ー大規模な集会は政府が定めた感染防止対措置に厳格に従い開催可能
ー2000人以上が集まる活動は各都県に通知すること

現在より有効

以上のような内容となっている(NNT報道)。

現在より有効となっており、つまりは即時施行だ。
ちょっとびっくりするが、今現在すでに規制緩和は開始されていることになる。
たしかにCCSA会見では官報掲載後に有効となると言っていたが、このタイミングで、しかも夜に官報掲載して、いきなりの即時有効とは。

もはやマスク着用義務はなくなった。推奨はされるが強制はない。
今この時点でマスク着用義務を命じる命令は無効となっており、マスクを外しても法令に反しない。
が、夜遅くにいきなり官報入りしており、現場には全然行き届いていないだろうが。
混雑していない場所ではマスクを外して自由に出歩いたってかまわない。

ブルーゾーンの廃止で、タイ全土はグリーンゾーンとなった。
タイ全県で同じルールが適用される。
店内飲酒も可能だし、娯楽施設もタイ全県で営業可能だ。

娯楽施設の営業時間については、これまで政府により一律に24時閉店となっていたが、この命令は削除された。
これからは各種法令や各県各エリアの規制に従い、営業時間の延長が認められることになる。
各県知事の命令が発出されれば、深夜0時以降も営業できるようになるだろう。
おそらく、バンコクやパタヤ(チョンブリ)やプーケットでは、午前2時まで営業できるようになる。
(もうすでにパタヤもバンコクも普通に午前2時まで営業している実態があるけれど、これからは堂々と午前2時まで営業できる。)

入国規制緩和

タイ入国制限緩和についても官報入りしている。
これはCCSAからの事前発表どおり、現在より有効ではなく、7月1日に開始される。

入国制限の緩和はCCSA発表通りだ。
外国人のタイランドパスの廃止と医療保険加入義務の廃止。
ワクチン接種証明書があれば入国できるとしている。ワクチン接種証明書がない場合は陰性証明書の提示を求める。
タイ入国時の有効な陰性証明書が確認できない場合は専門家によるATK検査を実施する。

(注:出発空港での搭乗チェックイン時にワクチン接種証明書あるいは陰性証明書のチェックが行われるため、なんの証明書もなしに搭乗することはで原則不可。証明書がないと搭乗を拒否される。またタイの到着空港での書類チェックはランダムで実施されるという話だ。)

関連記事:6月30日までと7月1日からのタイ入国方法の違い

タイ全面再開

これで7月1日のタイ全面開国は正式決定となった。
それに先立ち、マスク着用は解除され、娯楽施設の営業時間制限も撤廃された。
娯楽施設の営業時間延長については各県の通達待ちだが、政府による強制閉店措置はなくなった。
近いうちに各県で娯楽施設の営業時間延長が正式に決定するだろう。

タイは全面開国、全面再開となる。

ワクチン接種証明書だけで自由に入国し、マスクをするかしないかは自分で決めて、娯楽施設は深夜2時まで営業できる。
自由なタイが帰ってきた。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.