フライト情報

6月1日より燃油サーチャージが大幅値上げ、フライト購入は5月中に

投稿日:

各航空会社では6月1日発券分より燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)の値上げを発表している。
国際線フライト航空券は実質値上げとなる。
ANAとJALは早々に発表済みだったが、タイ国際航空は先週になって、ようやく発表。
各社でばらつきはあるが、日本発タイ行き往復でおおよそ2万円程度の値上げだ。
情報をまとめておく。

広告



ANA

全日空では5月10日に、2022年6月1日から7月31日購入分までの燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の改定を発表した。


https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/charge/fuelsurcharge/

日本-タイは、片道20,400円

5月31日購入分までの日本-タイの燃油サーチャージは、9,700円となっている。
実に値上げ幅は2倍以上。

往復にすると、5月31日まで発券分が19,400円だったところ、40,800円となる。2万円以上の値上げだ。
5月31日までに発券すれば往復7万円のチケットが、6月1日からは91,400円となる計算だ。

JAL

日本航空では4月19日付けで以下のように燃油特別付加運賃を設定。

2022年6月1日から7月31日発券分まで


https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/fare/fuel/detail.html

日本-タイは、片道19,600円。

4月1日から5月31日発券分までは、片道9,800円だ。
2倍に値上げ。
5月31日までに発券すれば往復7万円の航空券が、6月1日からは89,600円となる。

タイ国際航空

タイ国際航空では2ヶ月に1度、燃油サーチャージの見直しを実施。
6月1日からの新たな燃油特別不可運賃が5月16日に発表なった。


https://www.thaiairways.com/ja_JP/news/news_announcement/news_detail/2022MAY_fuel.page

東京/名古屋/大阪―バンコク間
2022年6月1日発券分より
ファーストクラス:140ドル
ビジネスクラス:140ドル
エコノミークラス:125ドル

2022年5月31日発券分までは、エコノミークラスだと65ドルだ。
日本発バンコク行きでは、エコノミークラスで60ドル値上げされることになる。
これは片道の価格。
為替レートは日々変わるが、おおよそ7,620円の値上げだ。
たとえばこれまで片道3万円だったチケットが37,620円となる。
往復6万円のチケットは、75,240円(あくまで目安。実際の価格とは異なる)

LCCは?

LCCでは燃油サーチャージ込みの価格を表示することが多い。
燃油サーチャージ代は運賃に含まれていると考えればいい。
(空港使用料や手数料は別表示とするLCCもある)

6月1日に運賃が値上げされる可能性もなくはないが、今のところ特に値上げの発表はない。
もともとLCCは基本運賃という設定もなく、空席状況などによって頻繁に価格が変動するもの。
プロモーションも多い。
狙ったタイミングで安いチケットを購入するのがいい。

とはいえ、現在日本からタイへのLCCはZIPAIRのみ。
7月にタイベトジェットエアが福岡・スワンナプーム路線を運航予定。
タイ・エアアジアXも7月運航開始予定だが、本当に飛ぶかは不明。

関連記事:タイ行きLCC最新状況まとめ(2022年5月22日時点)

まとめ:チケット購入は5月中に

各社の燃油サーチャージをまとめる。
日本発タイ行きの往復での価格だ。
5月31日までの発券分と6月1日からの発券分を比較。
必ずしもこの通りにきっちり値上げになるとはかぎらないが、おおよその目安になる。

ANA:19,400円⇒40,800円 値上21,400円
JAL:19,600円⇒39,200円 値上19,600円
タイ航空:130ドル(16,510円)⇒250ドル(31,750円) 値上15,240円

各社ともけっこうな値上幅だ。

現在の燃油サーチャージ価格で購入できるのは5月31日まで。
あくまで発券日ベースで計算されるため、たとえ8月のお盆のフライトであっても、5月31日までに予約と支払いを済ませて、チケットを発券してしまうのであれば、現行の燃油サーチャージ価格での購入が可能だ。
同じ日程のフライトでも、6月1日に購入すると大幅値上げなってしまう。

6月以降に海外旅行を考えている人は、5月中に航空券を購入しておくのがベター。
日本-タイ往復で2万円前後価格が変わってしまう。

次回の燃油サーチャージ見直しが2ヶ月後だ。8月1日購入分となる。
各社違いはあるが、日系が6月下旬、タイ航空が7月中旬に発表になると思われる。その際、値下げになる可能性もあるし、ロシア情勢によってはさらに値上りするかもしれない。

広告

-フライト情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.